和歌山市内の介護老人保健施設でPTSD解離薬物投与による集団低血糖事件

昨年12月~今月
入所中の
認知症の80代男女計4人が
低血糖の症状になり
相次いで同市内の病院に
入院しました。
糖尿病でもなく
食事もきちんととっていたようなので
何者かが
故意に薬物を投与した疑いがあるので
傷害容疑で
施設は
家宅捜索されています。

児童養護施設についても
いつまでも治らない
PTSDについて
 ―退所後数年してるのに
 
 「ポスト」と聞いただけで
 赤ちゃんポストにいたわけでもないのに
 リスカ
 未治療の証
捜査してほしいものです。

2 thoughts on “和歌山市内の介護老人保健施設でPTSD解離薬物投与による集団低血糖事件

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    薬物うんぬんじゃなく単にちゃんと食事とらせてないとかの管理が悪かったんじゃない?。
    あーゆー施設関係のバイトしたことあるけど1週間に1回医者がくれば良い方だし。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬さん
    医者は来ない方が、健康維持にはいいと思うんです( ´艸`)
    食事はきちんとさせてたと書いてあるし、ああいう施設は胃瘻つけてでも無理に食べさせるのが問題になっているわけで、ウソをついている可能性は低いと思いますよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です