『明日ママ』ボンビはジブリ『かぐや姫の物語』的虐待PTSD二次被害

ボンビは
天災で
 ―嵐
両親を失ったので
遺体に対面しておらず
 ―お葬式で棺桶を検めるのは
  大切なPTSD予防行動です。
死を受け入れることができないから
妄想で
辛さを緩和していましたが
「魔王」が
 ―施設長
 PTSD未治療だから
 自分の幸福論を
 暴力的に
 子どもたちに押し付ける。
 現実の殆どの専門家も
 発達障害妄想を
 PTSD児やその親に
 押し付けています。
幻想の1つである
海外スター夫妻の写真を
 ―そこに里子として行けたらと
 思うことで自分を保っていた。
剥がし
「いい加減に現実を見ろ!」と
言います。
ボンビは
突然
「現実的になります!」と
 ―アホノミクス調
夢から覚まされます。
 ―帝王切開級の虐待です。
 パラケルススはこれで
 放浪するようになった。
『かぐや姫の物語』でも
かぐや姫は
反発していた当時の常識を受け入れさせられ
 ―2013の日本から見れば
 変な常識です。
眉を抜かれ
鉄漿(おはぐろ)
人格変容させられた。
哀しみを深めます。
PTSD児は
二次被害に遭いやすいのです。

3 thoughts on “『明日ママ』ボンビはジブリ『かぐや姫の物語』的虐待PTSD二次被害

  1. きの

    SECRET: 0
    PASS:
    ぺタのかわりにコメントさせていただきますね!僕はWEB制作していて思ったことなどを記事にしています。内容は独り言みたいなものですが、、、また読みに来ますね。失礼します

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です