イラク人質PTSD克服しNPO活動の今井紀明さん

10年前
18歳で
劣化ウラン弾による
子どもらの戦争被害を知り
現地の人たちの力になりたいと
イラク入り
武装勢力に拉致され
人質になり
死の恐怖を経験しました。
8日後に解放され
帰国したら
今度は
凄まじい大バッシングで
ひきこもり生活を
余儀なくされました。
あれも集団ヒステリーだったのでしょうね。
電話や手紙には
怒りがあふれていましたが
1つ1つ丁寧に
対応する中で
 ―これはなかなかできることでは
 ないですね。
自己否定された経験を克服し
得にいじめや家庭の問題で
不登校になった子たちを
学習面から
支援されているようです。

この方も一緒でした。
PTSDって書いてますね。

2 thoughts on “イラク人質PTSD克服しNPO活動の今井紀明さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です