杉本彩さん「周囲に急死が相次ぎ倒れた」PTSD負の連鎖

不整脈で
血の気が引いたようになり
倒れたものの
気力で立ち上がり
お仕事は
キャンセルされなかったようですが
原因について
同級生の急死が相次ぎ
周辺に訃報が続き
体調の変化にナーバスになっていたと
 ―不整脈は3年前から
書かれています。
京都にお住まいのようですが
同級生は
関東にお住まいなのでしょう。
 ―健康異常が多発しています。
母親との確執が壮絶で
 ―絶縁では済まない。
2011年に結婚された時も
子どものいない人生を選択したと
宣言されているほどです。
 ―母親も孫を見たら
 倒れると言ったらしい。
PTSDを克服中の人生に
 ―16歳で家出して
 自立した。
震災以降のなんともいえない
ストレスがかかり
過労や身体への無理も重なり
倒れられたのでしょう。

母親はいても
『明日ママ』
コガモの家の子どものような
方です。

2 thoughts on “杉本彩さん「周囲に急死が相次ぎ倒れた」PTSD負の連鎖

  1. 大高忠敬

    SECRET: 0
    PASS:
    不整脈になる人は結構いるような。
    家族関係で苦労した人は中年過ぎて心臓や脳の病気になってる人が多いからその手の人とは結婚すんなって人いるんだよ?。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です