PTSD解離会見の病院理事長ら全員に退陣要求の東京女子医大学長

子どもへの使用が禁止されている
鎮静剤が投与され
2歳の男の子が死亡した事件で
東京女子医科大学病院が
初めて会見を開き
感染症で亡くなっているので
「おそらくそういった薬剤
(プロポフォール)と
関係ない可能性が高い」と
語りましたが
4時間後
同じ場所で
大学側が会見し
東京女子医科大学
笠貫 宏学長は
「(理事長ら)全員の退陣を要求いたしました。
(12人の死亡は)
極めて驚愕(きょうがく)すべきことであり
怒りさえ覚えます。
なぜ今の時期なのかと
もっと早い時期に
(公表)すべきだったと」と
痛烈に批判しました。


こういう問題でも
被害児はたくさんいます。
関係者の退陣を求めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です