比で少女の裸撮影の元校長(65)初公判「記録の性癖あった」=PTSDの依存症

フィリピンで

現地の少女の裸の写真を撮影した

元横浜市立中学校校長(65)は

 

初公判で

 

1988年に

フィリピン国内の

日本人学校に派遣されたことがきっかけで

毎年フィリピンに渡航し

悪事を重ねていたと認めました。

 

sakai-300x2101-300x2101-300x2101-300x2101

 

多重人格性がありますね。

 

一昔前は

先生のうつによる休職が問題になっていましたが

加害者タイプが目立つようになってきました。

先生も流行に敏感ですね。

6 thoughts on “比で少女の裸撮影の元校長(65)初公判「記録の性癖あった」=PTSDの依存症

  1. あ*=franoma

    「スクールカウンセラーは何をしていたか?」
    ということと、
    “第一次安倍自公政権” による “教育基本法の骨抜き” と抱き合わせの “特別支援教育” を詐称するカルト連合による《アスペ》ラベリング攻撃は、
    すべてが同根の “児童虐待” 推進だったと反省して、古いブログ記事を見直していたら、
    この記事は、アメブロには表示されないように工作されていました。

    [人権蹂躙]事件ですね。

    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12672074229.html
    に書いている途中です。

    思い返せば、愚息が日本では学校に適応しない原因の1つは、
    担任教師がモンペの御子息に暴行されたのを目撃した[面前DV]です。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そういう工作は困りますよね。

      それも面前DVでした。
      教育に悪い環境(学校)ですから、適応しないのが正常です。

      返信
      1. あ*=franoma

        コメレスありがとうございます。

        教育に悪い環境に適応するとは、
        “権力の悪を自らの内部に取り込む”
        (©︎末田耕一)プロセスを経る[虐待環境]に放置されることですからね。

        我々は、《アベ友》すなわちカルト連合が国際社会で展開している[政治弾圧]にヤられたのです。連中が改憲するなどということは、世界人権宣言を共有する《人類共同体》に喧嘩を売る行為ですよ。

        https://bit.ly/CoalitionOfCults
        本当に困ります。

        返信
  2. あ*=franoma

    『偏差値75の中学校生活』
    | 不登校の娘を持つ乳ガン母のストレスフル日記
    https://ameblo.jp/mohiei38/entry-12671862171.html
    という記事が出ていました。

    天文学者や天文学者になろうとする未成年なんて世界で観察してみると判りますが、ゲーム好きな人が結構いますけど、それで仕事や学業に差し障りが出る人は見たことがありませんよ。おそらくカネにも権力にも縁がなさそうな天文学だの宇宙現象学だのを志す人は、人生は極論すれば丸ごと[遊び]のようなものゆえ、ゲーム好きでもいわゆる[依存症]としてのゲーム狂ではなく「自ら愉しみ、世界中の人に愉しんでもらいたい」だけなのです。

    愚息は何をしたいのか(?)よく判りませんが、小学2年生でニンテンドーDSを中古で買ったことが極めて教育的でした。手軽に持ち歩いて、Operaでネット検索も、シミュレーションの世界に踏み込むこともできたからです。

    先にシミュレーションがあって、後から如何なる世界にもマッチするように[PTSD現象学]を展開し、どのような世界で、各人の(=individual)観察主体がどのように育つだろうか?…と考えたら、世界観だの人生観だの死生観だのは、出生地の風土だけでは決まらず、個人の《歴史的身体》に大きく左右されることは自明です。

    “Die Gedanken sind frei”
    https://youtu.be/vNTVachAmNc
    を歌いましょう。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      なるほど…( ..)φメモメモと思います。
      ゲーム好きにもいろいろなタイプがあるのですね。
      心理学バカ(多分一位は私(^^♪)もいろいろです。
      心理学とのつきあいかたやつきあう目的、選択した結果としての人生が全然違っていて…Σ(・□・;)

      歴史的身体という視座が如何に優れているかということも再認識できました。
      父母がどんな人で、何歳のときどんな文化に触れたか、どう反応したか(どころじゃないけど…)についての唯一無二の客観的データなのですよね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です