香山リカ先生(56)が外国人ヘイトスピーチPTSDを治療中らしい

 

李信恵さんいじめの

在特会会長ですね。

会長はやめられたのでしょうか。

 

ヘイトスピーチはいけませんという

論調に乗っかって

(会長に投票した人が案外多いそうで

民度の低さがショックですが)

外国人のPTSDを治しているかのような  ⁉

投稿をされたようです。

 

この切り貼りの安直さは

解離人格特有のものですね。

 

t02200178_0800064711840335748

 

つなぎは「妄想」「嘘」で

良心も羞恥心も投げ出し

時空すら簡単に飛び越えて

正義の味方になりすまします。

現代の魔女ですね。

 

 

「新型うつ病」の画像検索結果

 

新型うつ病なんて造語のために

 

「パキシル」の画像検索結果

布団に磔の刑になっている人が

たくさんいますよ。

 

20160113-00010004-agora-000-view 51JXhb5JSpL

 

香山リカ  VS  ミラーマン

(名前からしてなりすましでした?)

 

8 thoughts on “香山リカ先生(56)が外国人ヘイトスピーチPTSDを治療中らしい

  1. franoma

    香山リカさんということで、こちらに書きます。

    検索すると、以下のような記事がありました。
    http://fujipon.hatenadiary.com/entry/20110223/p1
    「「流されているうちに、なんとなくここまで来てしまった人生」のように書かれているし、たぶんそれは「事実」なのでしょう。
    香山さんほどの「有名人」「成功者」(←マズイですよね、バッシングを煽って売文で成功するという芸風は…)で五木寛之にヨイショするくらい良いけど、石破さんが防衛大臣のときに犬HKに出してもらってヨイショ質問をしたら立教大学の敗戦後の反省を踏みにじっていますので、立教大学関係者は批判すべきでしょう。
    「…であっても、本人にの感覚というのは、こんなものなのかもしれません。
    実際「あなたは、何かオリジナリティのある作品を残したのか?」と問われたら、香山さんは考え込んでしまうのではないでしょうか。」

    翠雨先生に教えていただいた絶版になった西田哲学の本、あれはオリジナリティがありましたが、あそこで香山リカさんは自己究明をやめてしまい、魂を売ったタレントとして良心を解離して生きることになさったので、もちろん、「消費され、忘れられること」は覚悟の上で、生活の安定を選択なさいました。職業倫理も人道上の罪も、彼女にとっては、どうでもいいようです。
    「消費され、忘れられること」に対する諦念も、香山さんのスタイルのような気もしますけど。」
    と持ち上げてもらっていますが、諦念などという上等なものとは言えません。何しろ、良心を解離なさっていますから。

    西田哲学に触れた本があると以前、
    翠雨先生に教えていただき( http://bit.ly/2f5P3Zl )、それなら、最後期西田哲学に触れた kmomoji1010 先生のブログ記事( http://bit.ly/2f2V4ZX )なども参考になさって、真面目にPTSD現象学をなさればいいのに、それはなさらず、国際ウィメンズほにゃらら( http://bit.ly/2f9NmgN )でもウソの上塗りをして済ませたのでしょう、その後のJSTSSは迷走を続けるばかりです。マジキチ飛鳥井望( http://bit.ly/22JClnK )がJSTSSから消えたのは、せめてもの救いですが。

    「成功者」香山リカさんも、「こじらせ女子」やその成れの果ての皆さまも、
    http://ameblo.jp/sting-n/ 氏がお書きのような
    「絶対的な権力を持つ医師、その手下としてのコメディカル、管理・治療対象としての患者」という状況で、来談者を制圧しては支援にならないのに、嘘をつきまくって制圧して済ませていますよね( http://bit.ly/2g3N2zb )。

    無意識は知っているため、「成功者」香山リカさんやら自称「精神科医」や自称「心理職」に嘘を並べられても「受容」は進みませんので、
    http://ameblo.jp/sting-n/entry-12220326509.html
    に書かれているように、それでは
    「カウンセリングという密室で、話を聞いたところで、当人の覚醒は起きない」ことは至極当然のことです。

    実は、メリーさんが家康のことをアメブロで記事にしていらしたので、S先生が
    「家康と外傷体験の受容」について記事を書かれた病院だよりの件を
    コメントとして投稿しました。そうしたら、蒸発しました。
    翠雨先生のブログでは、以前、
    http://bit.ly/1TemPZT
    に書いたことです。どうも、S先生の臨床知見を世に知らしめないように頑張っている人たちがいるようですね。私は、どなたとでもアサーティブに情報交換をして、相手が受け止めた情報をどう解釈するかについては、介入しないし、伝わらなかったら私の説明が悪いのか、相手の認知機能が歪んでいるのかは、一応、考えますけど、情報を交換すればするほど、合意事項が増えていくのが正常な人間関係であり、情報を交換すればするほど、相手がkyupinさんのように意固地になるのは異常な人間関係です。そういう認知機能の歪みが激しい人たちとは話すだけ無駄ですが、コメントが掲載されただけでも人目につくので、第三者への情報開示にはなります。しかし、kyupinさんのブログにコメントするのは、もう止めました。無意味で時間の無駄ですから。

    「ヤマタノオロチに子々孫々までを生贄に捧げないようにしよう」
    と人類レベルで常識的なことを呼びかけておいでの
    翠雨先生も社会的に潰そうとしているのですから、あの人たちは基地外です。

    なお、そもそも私は、我が家の愚息から香山リカ氏を「バカ」と言って済ませてはダメだ、ちゃんと批判してあげてと宿題をもらったため、今まで批判してきましたが、
    息子も息子なりに、「香山リカ」先生の「精神科面接」では、なぜ、S先生( http://bit.ly/Ssensei )のように快方に向かわず、「香山リカ」先生のクリニックに囲い込まれてこじれていってしまうのか、考えていたようで、「(香山リカの)言うことは『言葉のサラダ』だからダメなんだ」と申すようになりました。なので、私個人の香山リカ批判は、これにて終わります。

    Lahmさんは、西洋白人たちから弄ばれている「バカ女」=認知機能の歪みが大きい女性と私が指摘したことについて、
    非難する記事をお出しになったようです。「ヘイトスピーチ」として取り締まりますかね?

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      香山リカは「こじらせ女子」の代表ですね。
      私の活動も、「こじらせ女子」対応といえるかもしれません。

      最新の記事は数日前のものですね。
      数日のあいだに考えが変わったようです。
      「異国の患者」という表記1つで、現在のお考えを表明されたのはなかなかだと思います。
      ぽつんと置かれた1つの箱庭のミニチュアのようにしみじみと伝わるものがあります。

      返信
  2. franoma

    連投失礼します。

    「ヘイトスピーチ」ということで、こちらに書きます。

    idthatid さまが「カオナシ」状態の心理職から
    ゴキブリ状態になられてしまったと表現したり、
    折角、日本語が読めるのに、S先生( http://bit.ly/Ssensei )の論文を読み込まずに西洋白人たちから認知行動療法をされてコントロールされているからいいと主張なさる日本人女性は、「西洋白人たちから弄ばれている」(=自分の人生を放棄するように「西洋白人たちからコントロールされている」)「バカ女」(=PTSDによる認知機能の歪みが激しい女性)と指摘すると、取り締まりの対象になるのか?…と考えると、ヘイトスピーチとして取り締まりの対象にまではならないかなあと思います。
    「もっと、上品な表現にしてください」
    と注意はされるかも知れませんがね。上品な表現にすると、養老孟司さんの
    『バカの壁』は、
    『PTSDによる認知機能の歪みによる壁』
    と書き直すように指導されるでしょうか。

    以前、
    http://nobuhirob.blog.fc2.com/?mp=121923
    というブログに、合法的な届出デモに対して、
    「ヘイトをヘイトで抑え込むことについて慎重に考えて欲しい」
    と書いてありました。

    「ヘイトをヘイトで抑え込む」解離行動として有名なのは、
    大学教授が中指を突き立てて対立を煽ったり、
    国会議員が道に寝そべって通せん坊をなさったり…ですね。

    http://nobuhirob.blog.fc2.com/?mp=121923
    は、届出された合法デモが開始されてから中止に追い込むのは問題があるだろうということを指摘なさったものと解釈し、私は、以下のようなコメントを書きました。

    コメント内容:
    「ヘイトをヘイトで抑え込むことについて慎重に考えて欲しい」
    という点に同感です。

    ちょうどミュンヘンで暮らしていたときに
    大規模なネオナチ・デモがあり、
    土曜日のことで日本語補習校を臨時休校にするように
    教職員で話し合い、教頭から校長に進言していただいたことがあります。
    校長は、日本から派遣されてドイツ語できないし、ミュンヘンには領事館があるけれど領事館は在外邦人の安全については気遣いをしないものなので、校長は何も知りませんでした。

    ミュンヘンのお巡りさんも、遠いところではロストックから観光バスでミュンヘンに集結して、ユダヤ人怪しからんというネオナチ・デモなんかやってもらっても迷惑なのですが、
    合法デモなので、やめさせることはできないため、
    警察もよく判っていて、
    デモ参加者をさ〜っと届け出コースから外れないよう歩かせて、デモの後でビアホールで決起集会などやらせないようにデモの終点で帰りのバスに乗せて、さよなら〜(もう来るなよ〜)という流れでした。ネオナチさんから暴力やられたことがない能天気な日本人駐在員さんは、そんなことで休校にするなんて…という人もいたようですが、やはり、ネオナチなので、しょうもない内容のヘイト・スピーチをやる参加者もおり、頭にきたドイツ人が批判ヤジを飛ばして殴られたと…話を聞いて翌日、現場に行ってみると石畳に赤黒く血が残っていました。血ぃみたけど死んではないそうでしたが…
    幼稚園から高校までの日本語補習校の生徒さんに、そんな場面に居合わせるリスクは負わせられないので、
    休校は正解でしたよ。

    日本でも、合法の届け出デモは、そのようにデモ参加者をさ〜っと届け出コースから外れないよう歩かせて、デモの後でビアホールで決起集会などやらせないようにデモの終点で帰りのバスに乗せて、さよなら〜という流れにするのが安全で良いのではないかと思います。

    どこかの国会議員みたいにデモ・コースに寝そべって妨害するのは、デモによるガス抜きをさせないで鬱屈させる結果になるため、お奨めではありません。
    どこぞの大学教授のように中指立てても、対立を煽ることになるばかりで、
    愚かかつ下品な行為であり、ダメですよ。殴るとかカネで黙らせるとか強姦するとかハニートラップかけるとか、全部、ダメです。日本人だけ何をされてもPTSDにならないことにして、生まれつきが悪い「発達障害」ラベリングをして社会的に抹殺するのもダメです。

    子どもにも内面の自由と人格を認め、教育基本法の骨抜きを批判しましょう。ロジャーズ・スティヴンス(著)柘植明子(訳)『人は人によりてのみ…』(人になり得べし)なので、猿回しのサルのように「飼い馴らす」のでは困ります。飼い馴らすのに失敗したら殺害しても罪にならないと思っているのは困ります。そういうのを加害者型PTSDと呼びます。殺人鬼に愛着しないのは精神機能が正常だからなので、「愛着障害」ラベリングもやめましょう。

    相手が暴言を吐いても、あくまでもアサーティブに
    「会話としての正義」が「共生の作法」(© 井上達夫)でしょう。
    ===コメント内容おわり===

    Lahmさんへのコメントにも、もちろん「あなたはバカ女」などという解離暴言は書きませんでした。何しろ、面と向かってバカというのはアグレッシブすぎますからね。

    多様な人々が共生できるように合意形成を進めるように話し合おうとするのが本当の「リベラル」です。
    来談者に対して、セルフネグレクト強要を受容するように心理操作を加えていらした女性心理職&精神科医さんは「リベラル」ではありませんね。良心を解離して「リベラル」であることは不可能ですから。ああいう人たちは心理学的なテクニックを悪用する女狐心理職( http://bit.ly/2eSIaPX )でしかありません。くだんの西洋白人女性心理職は、さらに凄くて、角田美代子容疑者のハイソサイエティ・バージョンとも言える「完全犯罪者」です。頭のいい人たちは違いますよね、まるでヒラリーさんみたいで怖ろしいかぎりです。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      思い起こせば、idthatidはだんだん恥を恥とも思わなくなっていったのです。
      Lahmさんは今回踏みとどまったし、はにわもidthatidと絶縁宣言しました。
      くすぶった表現は見られるでしょうが、もう悪目立ちすることはないでしょう。
      香山リカもだんだんエネルギーを失っています。
      ずっと成長し続けるidthatidおそるべし!です。

      idthatidは、例えば、ここに書くようなカジュアルな言葉を取り上げて、品がないとあげつらうようなことをしてますが、あの方の品性と比べると、どうということがない内容ばかりです。
      こちらは事実をもとに、事件や事例、文献と比較しながら分析して典型的な「PTSD」「解離」「ストーカー」と言っているわけで、長期間全くブレない主張をしてるのに、あちらはその場その場の嘘と誹謗中傷だらけで、こちらをアスペと断罪する根拠も示してません。批判を誹謗中傷と混同して、ヘイトスピーチ扱いするのも恥ずかしいことです。スクールカウンセラーだよりに書けば、子どもたちに笑われますよ。

      とんでもないことをがつんと言って威圧し相手を黙らせてきたキャリアって、「ヤクザ」ですかと訊きたくなりますが、ヤクザですね。

      返信
  3. franoma

    「とんでもないことをガツンと言って威圧し相手を黙らせて」いた大学教授を思い出しました。
    http://ameblo.jp/minshushugi/entry-12232898986.html#c12904086412
    32. Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:こんにちは
    >nekobabaaさん

    「聴講される学生さん達は魅了」は、されませんでした。終わり頃は私一人しか聴いていませんでした。判らないことを質問した私は「バカに教えるヒマはない」と罵倒されましたので、は〜罵倒されても判らんやんけ〜と思いましたが、そういう様子を見ていた他の学生さん達は、どんどん諦めてやめてしまいました。エネルギッシュであることと、相手をむやみに罵倒するのは別のことですよね。
    あ* 2017-01-03 17:44:19
    ===コメント内容おわり===
    聴講している学生を「バカに教えるヒマはない」と罵倒するのは、「とんでもないことをガツンと言って威圧し相手を黙らせ」る解離性言動と言えます。いくら学生がバカでも、教育者であるならば、何とか質問に答えようとするか、自分で考えたほうが貴方のためですと言うか、どちらかではないかと思います。さらに、自分で考えても判りませんでした、参考文献は何ですかと質問されたら、参考文献くらいは挙げないとダメではないかと思います。「バカに教えるヒマはない」というのは、教育者として「とんでもないことをガツンと言って威圧し相手を黙らせ」ている点で、解離言動ですね。

    くだんのサイバーストーカーさまのゴロツキコメントによる乱入も、心理職としては「とんでもない」解離言動ですね。そんなふうではなく、
    「普通に人とお話し出来る」(© Lahmさま)ように、ご自分のPTSDを治療なさらねばなりません。

    Lahmさまは、
    「ずっと患ってるLahmさんのブログ
    普通に人とお話し出来る事に憧れる今日この頃」
    と、以前、お書きになっていたのでしたね。
    http://urx.blue/AKNH

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      ブロガーである駅弁祭りさんが、自分の関わりで大学を目指すようになったとか、夢見るはにわら闘病中のブロガーを私がいじめているのをやめさせるために批判(誹謗中傷ではない)しただけだとか、裁判所でも言いましたので、大した【解離】です。
      Lahm21さんに対しても、はにわのように利用しようとしたようですが、これは失敗しましたね。
      idthatidが関わりを持とうとしてきたブロガーさんたちは、idthatidよりはるかに軽症です。

      返信
  4. あ*=franoma

    「ヘイト」ということで、こちらに書きます。
    『反精神医学とキチガイ医』
    – うつみん(内海 聡)のブログ
    http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-185.html?sp&m2=res
    精神医学という概念を採用しなければ、反精神医学も不要なので結構です。
    優生思想&西洋帝国主義を内包する発達保障論( http://www.ritsumeihuman.com/uploads/publication/ningen_21/p025-041.pdf )からなる発達障害(アスペルガー症候群を含む)診断ならびに療育は、根本が「間引き思想」であり、権力側に好都合なように、その子を「矯正」できなければ社会的に抹殺してよいことになっています。このことを「立派」な教育職である実父によって教育され、体得したのが Christopher Krummではないでしょうか。誤診でも過剰診断でもありません。アスペは社会のお荷物であるというアングロサクソンの「定説」を信じて、実父を「断種」すべきと合理的に判断して殺害し、自殺したのでしょう。こういう方向のアプローチ=「権力側による殺人の合理化」を無批判に取り入れている服巻先生(http://ameblo.jp/mami-0317/entry-11415681095.html)たちはウソつきなのでしょうか? 「えじそんくらぶ」なんか、誰が金銭的にサポートしているのでしょうね? 天才扱いしてもらって権力におもねるバカを育てます。
    2013/01/2608:29

    佐藤健志(Writer/Critic) (@kenjisato1966)
    2018/06/27 8:16
    “At last! The difference between a fool and an idiot defined!! ??>Rumors are carried by haters, spread by fools, & accepted by idiots.”

    “accepted by idiots”
    =アメフラシ状態に陥れられた人々によって(セルフネグレクト強要さえも)受容されて、アヘン戦争( https://bit.ly/2Iu59uy )パロディからスタンフォード監獄実験( https://bit.ly/2KnSkqK )パロディまでが実行されてしまいました。

    世界に「あすぺ妄想」を敷衍=“spread by fools” の第一人者がトニー・後ウッドで、日本人サル真似オヤジが杉山登志郎ら「発達障害論」詐欺の皆さま、

    “rumors are carried by haters”
    日系男児を社会的に抹殺するために、「隠れ虐待」と心理操作&教育操作を実践していらした件の西洋白人女性や idthatid さまのようなサイバーストーカーはじめ西洋白人&腰巾着さまたちが “haters” ですね。

    日系男児を潰して、日本人女子は心理戦争&環境レイシズムによる勝者が構成する社会集団に移って子孫を残す=西洋白人ヒエラルキー強化を進めます。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      こうして並べていただくとよくわかります。
      5年前と何ら変わらず、激化&パロディ化していて、困ったことですね。

      ありがとうございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です