PTSD現象に向き合い社会に貢献する心理学会はどこか?

社会的問題となっている

サイバーストーカー被害研究を妨害した学会があれば

 

 

似たようないじめ問題である

レイシズム研究を

表彰した学会もあります。

 

 

こういう学会にも申し込めばよかったですね。

社会心理を研究する学会のようですから

ストーカーがどのように周囲を騙すのか等を

テーマにすればよいかもしれません。

嘘がバレた暁には

ストーカーが所属する組織も

壊滅的被害を受け

(実は既に信用を失っていますが)

「マサカ、まさか‥」の驚愕で

 

無題gih

 

PTSD予防が必要になりますから。

 

「”生々しい問題”を扱おうとしない

日本の心理学

一石を投じたいと長年頑張ってきた

その最初の成果です」とのことで

 

昨日

一般の書店でも販売開始となったそうです。

 

 

サイバーストーカーに弱点を嗅ぎつけられて利用されるような学会

お話にならないですね。

 

2 thoughts on “PTSD現象に向き合い社会に貢献する心理学会はどこか?

  1. あ*=franoma

    記事でご紹介の高史明さんの本は、今年(2020年)4月、Kindleで電子書籍になっていました。紙版で読もうと思います。

    “社会に貢献する心理学” site:.ptsd.red
    – Google 検索結果
    https://bit.ly/3j2AMxq
    でヒットする記事は、こちらの記事のほか «[いじめ被害]弾圧して社会の害悪になる心理学» がありますが、それはアメブロには表示されません。

    思えば、《アスペ》ラベリング攻撃による被害も[いじめ被害]の一種であり、[◯◯◯被害]弾圧して社会の害悪にならない心理学…というのは(如何なる場合にも)あり得ません。

    [◯◯◯◯被害]弾圧、
    [ストーカー被害]弾圧、
    [《◯◯◯》ラベリング制圧-bully被害]弾圧は、何れも
    [いじめ被害]弾圧のバリエーションです。

    《アスペ》ラベリング強要を受容することは(如何なる生まれつきであろうとも)色即是空空即是色でPTSD克服への途があるにも関わらず、それを自ら投げ出してしまうことです。愚息は、小学校の卒業文集で、高村光太郎の詩を引用し、良心の自由=内面の自由すなわち《内的適応》を手放さないと宣言したのだと思い返します。それから8年後の或る日、「以心伝心とは如何なることか、やっと判った」と言うので、ささやかにお祝いしました。本人は、ハーフで、日欧を行き来して育ったハンディキャップの所為で、国文がイマイチだという自覚ですが、イマドキは「以心伝心」が分からない人のほうが多いくらいです。
    https://bit.ly/kindleTheVanity

    そうした愚息と対照的に、《アスペ》ラベリングを受容して “心療内科” の医師になった御仁は、初めから《内的適応》を放棄しているわけで、 “無意識は異熟する” ゆえに自ら[T4]を始めて元国会議員の奥さまから罵倒される結果になりました。
    https://bit.ly/3j0xD17
    に書かれたように、奥さまは、
    社会福祉士
    精神保健福祉士
    保育士の資格をお持ちになり、
    介護福祉分野で主任研究員としての業績までおありなのですね。つまり、
    ご夫婦そろって
    https://bit.ly/kindleTheVanity
    「殺しなさい…あなたも殺される…」だから殺される前に、棄民政策に加担することで(=殺す側になって)殺されないように “虐待者の悪を自らの内部に取り込む” (©︎末田耕一)プロセスを経た未治療PTSDでしょう。この場合、虐待者は、《アスペ》ラベリング受容に誘導することによって、色即是空空即是色で《内的適応》を手放さずに人生を組み立てる途を閉ざした精神科医と奥さまです。《治療共同体》という名の “Pさんチーム” が形成されて、ご主人は “willing victim” 、こうして《Perpetrator-Victim関係》の形成&固定がなされて、悲劇が引き起こされたのでした。
    “悪を自らの内部に取り込む”
    – Google 検索
    https://bit.ly/3nTwcoR

    ご夫婦そろって《内的適応》を放棄しているわけで、 “無意識は異熟する” ゆえに、[T4]acting out! を実行し得る[魔境]に入りやすい職場環境にあったご主人が先に[殺人罪]を問われることになりました。まさに、
    “PTSDに対処せねば倫理は守れない”
    を地で行ってしまった訳です。

    “PTSDに対処せねば倫理は守れない”
    – Google 検索
    https://bit.ly/3nSzZ65

    スクールカウンセラーとストーカー犯罪者を兼業し “《突撃SS隊員女子》acting out!” も、
    “PTSDに対処せねば倫理は守れない” 実例でした。
    “《突撃SS隊員女子》acting out!”
    – Google 検索
    https://bit.ly/3j4KTle
    何故、逮捕されないのかは不明です。学会の倫理委員会にかけられなくても、学位を授与した大学が責任を問われるので、[大学仕込みのストーカー]として暗躍できるようにサポートする気ではないなら、学位剥奪が妥当な処分ではないのか?と個人的には思います。私が決めることではありませんし、裁く立場にもありませんが、野放しにすれば、被害者は増えるばかりでしょう。

    先日は、TAO心理学の先生のブログに、《内的適応》を手放さない件を書いたところ、そうすると「バッシングされる」という趣旨のお返事をいただきました。
     「SSRIという抗うつ剤を知っていますか・・・?」コメント欄:
    | TAO心理カウンセラーの道 :心と身体の悩みを解決するために!
    https://ameblo.jp/tao-4zen239/comment-12625351656/detail-13106455776.html
    iPhoneから送信

    雅子さまも、パキシルを処方されました(←私も同じ)。《内的適応》を手放さないがゆえに、大野裕医師に嬲りものにされ、香山リカがバッシングを煽ったとき、煽られたら抵抗力がない群衆が応じて大変でした。

    [ストーカー被害]弾圧と言える状況
    https://bit.ly/3duqEMV
    に現場の警察も司法も気がついて、それが “《加害者型PTSD》の判別条件“ の活用や精神鑑定学の根抵的な改定に活かされて行けば良いと思います。

    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      私のストーカー研究の扱いについて複数の学会を比較検討した内容を学会発表しました🎉
      続報を、この学会で発表しましょうか(笑)

      PTSD犯罪であるとの気づきがないのは残念でしたが、社会福祉士や精神保健福祉士、保育士の資格を持っていても、便乗して「公認心理師」を取得しなかったという一点だけで、この人なら話せばわかってくれそう❤と思ってしまいました(笑2)

      降板騒動からいつの間にか復活していた香山リカは、相変わらずで、またヘンな煽りに加担して告発されてますね。
      鉄面皮なツイートぶりをストーカーが褒めてましたが、進退について今度は裁判所絡みとなりました。
      なんかいろんなことが1つにまとめられて解決されそうで、日々ワクワク感しかありません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です