13人死亡の「無痛分娩」はPTSD性発達障害リスク

出産の痛みを

麻酔で和らげる

「無痛分娩」について

厚生労働省研究班は

医療機関に対し

急変時に対応できる

十分な体制を整えた上で

実施するよう求める

緊急提言を発表しました。

 

無痛分娩で

死亡率が明らかに高まるとは言えないとのことですが

 

麻酔を使うので

妊婦が中毒症状に陥って死亡したり

 

「陣痛促進剤の使用や

吸引分娩も増え」

 

子どもに負担がかかります。

 

こんな事件もありましたね。

 

「パラケルスス」の画像検索結果

パラケルススなんかは

帝王切開とか

災害の記憶を克服する過程で

偉大な医師(哲学者)になったのでしたね。

 

29 thoughts on “13人死亡の「無痛分娩」はPTSD性発達障害リスク

  1. あ*=franoma

    無痛分娩ということで、こちらに書きます。
    無痛分娩を選択して母が死亡、お子さまも重い障害だそうです。
    死亡例が増えました。

    http://www.asahi.com/articles/ASK6Y7HQCK6YPLBJ00F.html?ref=yahoo
    『麻酔後に急変「息ができない」 無痛分娩後に死亡の女性』
    石塚翔子 2017年6月29日23時30分
    神戸市の産婦人科医院で2015年9月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」をした女性が出産時に呼吸困難に陥り、重い障害を負い、
    今年5月に亡くなった。「痛みと命がてんびんにかけられると知っていたら、妹は無痛分娩(ぶんべん)を選ばなかったはず」。東京に住む女性の姉(36)は、無念さをにじませる。

    《無痛分娩の女性死亡 子どもは重い障害 神戸の医院》
     首都圏に住む1歳違いの妹とはよく連絡を取っていた。妹は我が子誕生を心待ちにして、洋服やおもちゃなどを買いそろえ、名前の候補も夫婦で考えていた。…
    (以下略)

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      向精神薬を受け入れるのと同じ感覚なんでしょうが、そういう現実も含めて痛ましいことですね。

      返信
      1. あ*=franoma

        少し、違うと思いますよ。無痛分娩を選ぶ人は、私の兄の前妻もそうですが、自分の苦痛を避ける卑怯者です。私は、起き上がらねば、息子ともども西洋白人たちに殺害されるという危機感から服薬しました。あの人たちは、黄色いサル( http://bit.ly/AsiatischeAffe )は殺しても罪にならないと思っていますからね。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          差し迫って、命がかかっている場合は例外でしょうね。
          それは、手術時の麻酔みたいなものでしょう。

          返信
          1. あ*=franoma

            手術時の麻酔とも違いますよ。服薬する方が苦痛は大きく、起き上がれずに首を絞められて死んだほうが楽でしょ?

          2. wpmaster 投稿作成者

            SSRI服用にも、古来のシャーマンのようにその時だけ治療的に使う場合と、ハッピー・ドラッグだと信じて布団に磔の刑になる場合がありますね。

            死んだほうがマシと思うくらい大変な状況で起き上がって対応しようという場合は、前者に近い感じだと思います。
            鍼灸院でも「次の舞台(試合)に出たい(のでなんとかしてくれ!」というオーダーは多いそうです。

            ちょっと説明が足りず、すみません。

  2. あ*=franoma

    ハッピー・ドラッグ路線では、何を服用しようともPTSDは治りませんね。

    PTSD現象が起きる場において、
    パワーポリティクスに沿って=権力者におもねって「来談者制圧」解決法を採用して、
    制圧された側が苦痛を一方的に我慢した上で、その先にあるPTSD死を受け入れるようにするのが
    「発達障害論」詐欺や「明日ぺにオキシトシン」=「ハッピー・ドラッグ路線」ですね。

    PTSD治癒=昇華
    ですから、当然のことです。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      薬を飲むと闘志も衰え思考能力も低下し、「制圧」する必要すらなくなるわけで、加害者からみた「ハッピー・ドラッグ」なのでしょう。

      返信
  3. あ*=franoma

    『出産レポ  
    無痛分娩の後遺症。の巻』
    | our days ~みそじの人生は何かと忙しい~
    https://ameblo.jp/michi1001michi1001/entry-12378073280.html
    というアメフラシ記事がありました。

    「PTSD発症リスク」という概念が理解されていないがため、正常な警戒心を手放してしまっている創価学会員によくあるケースです。

    創価学会=公明党=創価大学は、
    ⒈ 隠蔽
    ⒉ 差別
    ⒊ 棄民
    を積極的に進めて、日本人の公民権運動を進めようとする人々を社会的に抹殺し、安倍政治を進めて、行政の私物化を達成してきた政治団体=私腹を肥やすことに血道をあげて、学会員に自我肥大を起こさせてきたという意味でカルト組織です。今後、カルト色を薄めていって教団の存続を目指すのであれば、集団ストーカー行為の組織だけは即刻、やめなければならないでしょう。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      アメフラシ記事のご紹介ありがとうございます。
      体験談は珍しいので貴重です。
      背景にはそういう世界が\(◎o◎)/!
      肥大させたフォアグラ自我には、おかしなものもノセやすいということでしょうか。

      返信
  4. あ*=franoma

    カルト組織ということで、こちらに書きます。

    『ラプト氏の教会がカルトではなく本物である理由の紹介』
    | michael-1001のブログ
    https://ameblo.jp/michael-1001/entry-12545372162.html
    という記事が出ました。

    確かに、《なかいきあかちゃん》について心ある反応をなさったことは評価できます。

    しかしながら、ラプト氏は、《核問題PTSD否認》症状が酷すぎるため、信者さんが実際的な《安全確保》をできなくしています。その点で、PTSDの視座を欠いた公認心理師カルトと同様にカルトです。
    註)公認心理師《カルト》の場合は、東大式?????一ノ瀬《知らぬが仏》なんちゃって哲学ベース。
    当事者が実際的な《安全確保》をできないようにしてしまうのはカルト組織に他なりません。上位の人に忖度することが当人の《セルフネグレクト》受容に直結してしまうのはカルト組織の特徴です。

     #忖度 が #セルフネグレクト に直結する #組織 は #カルト
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2phjyGL
    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      確かめようがないので、気になる理論です。
      チェルノブイリも疑っているみたいですね。そもそも本当に、原子力発電所なのかとか。
      本当だったらいいなとは思いますが…。

      公認心理師の方は、間違いなく国営の新興カルトです。

      返信
      1. あ*=franoma

        ラプトさんのは、
        「《原発事故》なんて無ければ良いのに」という願望が現実とされており、実際的な《安全確保》が不可能になる点が問題です。それに比べれば、David Allen(2010年)を輸入して済ませようと頑張る家庭教会=原理研のほうが未だマシですが、連中は、《公認心理師》カルトと同じで、《アスペ》ラベリング攻撃&栄養療法二本立てなので困ります。

        以下の記事をお書きの離婚シングルマザーは、《発達障害》、ご子息は《高機能自閉症》、その妹さまは《ADHD》だそうです。
        『助けて~!…次々我が子が「見える」もの』
        | 発達障害を持つ母強し 時に弱し
        https://ameblo.jp/3mama0303/entry-12545183345.html
        Отправлено с iPhone

        《PTSDの視座》を持たないように何十年も頑張っておわします心理職の《PTSD否認》で、しっかり《高機能自閉症》と《ADHD》詐欺にヤられた被害者一家です。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          鵜呑みにしてわざわざ被災地ツアーに出掛ける人は少数にしても、食物や電化製品に関して注意を緩めてしまう恐れはあります。アクセス数からすると看過できないところですね。
          このシングルマザー同様、見えないものをもっとしっかり観察し続けてほしいと願います。
          キリスト教系の教会のようですが、そもそも、宗教は、人間の力や自然の力を超えた存在をあつかうおおもとの考え方で、語源であるラテン語の「religio」にはいろんな意味があるようですが、「注意深い観察」なんていうのもありますね。心理療法も同じです。自分の都合の良いように安直に決めつけてしまうと残念な結果になります。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            おはようございます

            見えないものをしっかりと観察するーこれが依存症から抜け出すキーポイントだと思いましたー治療者は患者と共にこの見えないものを観察して共有する事で患者を回復に向かわせているのだと思いますードラゴン🐲には翠雨先生やあ*さんの姿が全く見えないし、翠雨先生やあ*さんにもドラゴン🐲の姿は見えませんーでも、ここでのお話の何がドラゴン🐲のリカバリに貢献しているかを考えると翠雨先生やあ*さんはドラゴンと共にドラゴンの今ここで起きてる事の下にある目には見えない事を一緒に観察してくださっている事なのだと解りましたードラゴン🐲はちょぴっと先生にそれを強要し過ぎでご迷惑をおかけしまくりですけど..この御恩はいつか機織りをする事でお返ししますー機織り練習開始しなきゃ💦

            これって、依存症治療のパラダイムシフトの鍵🔑でもあるのだと想像しますー表面的に薬をやめる事だけを目指すだけじゃ何度も繰り返してしまう事を良い事の様に受け入れてる自助会のリーダーの主張にドラゴン🐲の心の声が「ばぁーか」って叫んでいましたーでも、そこに身を置く事でその場とは異なる自分の考え方を整理し易くなるみたいなのでまだまだ継続しますー私ってやっぱり変かもしれませんね 笑笑

          2. 翠雨 投稿作成者

            下手にクスリやお酒をやめた人は予後が厄介みたいですね。
            本人のためにもならないし、周囲も迷惑します。世間的な当事者のイメージも悪くなりますね。
            どう考えても自助会になっていないのに強行するリーダーの教育分析が必要かもしれません。
            例のトラウマカウンセラーが公表した夢みたいな話だったりして(*´▽`*)

  5. ドラゴン🐲

    誤)表面的に薬をやめる事だけを目指すだけじゃ何度も繰り返してしまう事を良い事の様に受け入れている自助会のリーダーの主張

    正)表面的に薬をやめる事だけを目指すだけじゃ何度も繰り返してしまうのに、繰り返す事は薬を完璧に辞めるまでの回復の過程では不可欠でありそれは患者の権利でもあるかの様な肯定感を持つ自助会のリーダーの主張

    すませんー朝なので日本語モードがアップデートされてませんでした

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「不可欠」「権利」なんてどこから出てきた言葉なのでしょうね。
      聞いた瞬間に、それを常識とし始めるズルいタイプの当事者の習性もわかってないです💦

      返信
  6. あ*=franoma

    以下の記事が出ました。《世にいう》「フツー」の親子関係です。つまり、 international な《カルト》組織の暗躍から実際的に《安全確保》を図るために《登校拒否》をしたのではなく、もともと「教育が手抜きの放置児」ゆえに《観察主体》が育っていなかった模様で「心の中にある黒いマグマの正体を私は両親に上手く説明ができなかった。理由は幼かったからとしか言いようがない」そうです。《観察主体》が機能していないから “主体性のある学び” ができず放置されていた=《放置児》だった結果、《影を育てる》ことになり、「心の中にある黒いマグマ」に駆られた攻撃的な交代人格が出現、書棚を倒すなど《家庭内暴力》によって《パワーポリティクス》で運営されていた家庭で《我意》を通すアプローチを実践しました。これは、身の上話ですから、エレノアさんが仰る
    “What happened on me?” の振り返りですね。ハッシュタグを拝見すると、藤川徳美 医師の《うつ消しごはん》の広告塔をなさっている模様です。合掌
    『幼稚な説明の正体』
    | ひきこもりサバイバーとして言いたい事
    https://ameblo.jp/tantansye/entry-12545208084.html

    “What happened to me?” を観察・記述する《観察主体》を育て、《PTSD否認》を続ける《専門家》から騙されないようにしないと、
    《風土》、《歴史的身体》、《魂》を守るため、
    “新自由主義を拒否する”
    必要があることにも気づかず、実際的な《安全確保》が追求できませんね。

    #新自由主義を拒否する 人々は #目障り ゆえ #死人に口なし で社会的に抹殺しようという #集合的無意識の無思想 に対処してください。
    https://bit.ly/33OcHn9
    とツイートしました。

    “集合的無意識の無思想”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2OglGXZ
    Отправлено с iPhone

    上述のケースでは、放置児の攻撃的な交代人格は、書棚を倒すなどして、母親を泣いて謝らせることで溜飲を下げます。東海大学の菱川愛准教授が《児童虐待》防止について助言なさった記事では、《パワーポリティクス》で運営されている家庭で、暴言・暴力を発揮する攻撃的な交代人格は母親が持っています。
    『虐待にはメカニズムが存在する。専門家が提唱する「防止」の戦略とは』
    | ハフポスト
    子どもが親のカチンとくることをする。親が怒って叱ると、子どもは黙ったり、すぐばれるような嘘、言い訳をしようとしたり、泣いたりの反応をします。期待していた行為と違うそれを見た親は一層大きな声で怒ったり、脅かす。
     すると子どももますますだんまりを決め込んだり、反抗的な態度に出る。挙句の果てに叩く。子どもが泣き、あやまり、親は感情が収まる。子どもは急には成長しませんから、引き金になるできごとはすぐにはなくなりません。虐待は、こうして繰り返す(パターン化)と理解します=図。
    https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/20/abuse-prevention_a_23486611/

    《PTSDの視座》を何十年も持たないように頑張って生きてきた《PTSD否認》専門家とは関わり合いにならないように注意が必要です。

    《PTSDの視座》 frame reference
    https://bit.ly/35E2Stp

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      成功サバイバーの典型例かと思います。
      人間の未来は親子関係で完結しているものではないと教えてくれる好例でもあります。
      如何に動かしがたい壁があっても(正しくはそう感じていても)、絶望的な状況でやけをおこさずもちこたえていると、無意識の加勢があるわけです。抑圧されても影は育つので、成長した別人格が立ち向かいます。親にはどのくらいの破壊力が必要か無意識はちゃんと計算してくれるわけです。10年後の家庭でこれをやるとアウトですから決行時期やタイミングもバッチリです。本当は、いかにつらかったかわかってほしかったわけで、そういう理解が得られたら予後も少し違ったのでしょうが、親も人間であり限界があるのだと明らめられ納得できたことは幸いです。はじめから諦めることはむりで、こういう作業を通して手放すようになるのだと思います。その際、心理療法でも、攻撃性は1つの重要テーマとなりますが、こういう経験をしそこない、いつまでも卒業できない絶望から問題が複雑化長期化するのだと思われます。

      ハフポストの記事は何度読んでも興味深いです。
      今の心理職は、ゲームのように選手を増やす(連携)のが好きなんですね。認知行動療法と同じで理論上はきれいに説明がつきます。ところが、現場では、ここに書かれている虐待の「ひきがね」が、アルコール依存症だったりするわけで、「お酒を飲むときが危険」だからと、飲みそうになったらいつでもボランティアを派遣できるようにして二人きりにならないようにしたらいいのかという非現実的で意味のないパロディになってしまいます。当然、虐待だけを止めさせることは無理なので、アルコール依存症の原因ということになりますが、この先生は、親子三代にわたる生育歴を聴いたり精神分析的に考えたりすることを軽んじておられるわけです。あくまで交流ゲームのようにやりましょう、簡単でしょ?なぜやらないんですか?と。政府の「ガイドラインを忠実に守っても」とありますが、政府のガイドラインがおかしいとか、ガイドラインだから守るという発想自体、心理職としておかしいわけです。現象学的方法になってないわけですからね。多分エテ公🐒公認心理師には、意味不明な話なんでしょうが、教科書的にはそれが常識なのです。エテ公🐒はこういう先生から習ってるのかな♪

      返信
  7. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    エレノアさんのビデオをもう一度観てきました
    そしたらエレノアさんは ”TO me“と言ってましたー私の記憶には彼女が言っていた事を自分とすり替えてしまい、未だに充分に私の観察主体が成長していないのが原因だと思いますが”ON me”になっていたのですーすみませんー勢いにのって書いてしまったので自分とエレノアさんを一緒にしていましたーきっとエレノアさんは怒っているでしょうー今はリサーチャーとして活躍されるくらい観察主体は客観性を伴っているエレノアさんの観察視点を私と同じレベルであるかの様に語っていた事、お許しくださいませm(_ _)m

    もう一つ、「人間の未来は親子関係で完結しているものではない」というフレーズに目から鱗の状態で今コーヒー飲んでますーずっとドラゴン🐲は親のtoxicity に踊らされていた事を最近まで気がつかずに生きてきましたーでも、昨年の11月より毒を感じないためにこちらからはコンタクトを取らない様に過ごしてきましたーそしたら色んな事が観えて来て、自分の選択肢も大幅に増えて冷静に判断出来る術をちょっとだけゲット出来た感じですーまあ、セラピスト/トレーナーにも色々とアドバイスと励ましを受けながらやってますけどねー子どもが成人してからこういう感覚体験するのは遅すぎるのかもしれないですけど、きっと私みたいな人は世の中には沢山いらっしゃると想像しますー気がつかなければ、一生親の毒性に踊らされたまま過ごしている人もいるのかもしれませんー40代50代の引きこもりの人たちの心の問題の原因の一つでもあると想像してますー実際、ドラゴン🐲は社交的な着ぐるみを着てたけど、ホントの中身は酷く親の毒に侵されてた引きこもりだったのですーもっと早くに親の毒性に気がついていれば…と思いますが、まあbetter than nothingです

    返信
    1. あ*=franoma

      「如何に動かしがたい壁があると感じても、絶望的な状況でヤケをおこさずもちこたえていると、無意識からの加勢がある」
      https://bit.ly/37bfmcQ
      この表現、家でも使います。個人の《無意識》と《集合的無意識》の両方から加勢があるので、
      «ヤケクソは、いけませんよ »

      ヤケクソ site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/32TfyKu

      エレノアさんは、
      “What happened to me?” 仲間だったのですね。いくつか前のカナダのウェブページにあった DV被害者女性の
      “What happened on me?” ではないので、《観察主体》を構成する3要素は既に揃い “non-objective experience” になっているということですね。

      「幽霊が見えても結構です」とかいうと自然科学者ゆえキーサン扱いされることもあるのですが、判っていないのは、「幽霊を見ること」を現象学上の研究に含めることができない《科学》を詐称する人々ですよね。

      “non-objective experience” site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2qWRLMj

      Отправлено с iPhone

      返信
  8. あ*=franoma

    ドラゴンさまは、ベンラファキシンでしたね。結構、高容量で、スキーができてしまうくらいに。私はトレドミン低容量です。やっと起き上がれるくらいしか処方されませんでした。それは良いことです。起き上がれないと殺害される状況でしたからね。
     もちろん、最善なのは西洋白人たちに攻撃されないことでしたけれど、そういうことは国際情勢で決まってしまうので、私個人がどうこうできることではありませんでした。
     《大学を人民制圧のツールに》するように動いてきたのはヒラリー・ゾンビ婆さんだけではなく、子どもに「隠れ虐待」を行う件の西洋白人女性が日本でも大学人になって人民制圧を目論む時代です。子どもに「隠れ虐待」を行う件の西洋白人女性は今後もご自分の利益のため「隠れ虐待」と心理操作をやりまくるでしょうね、それは、どうしようもありませんが、ヒラリー・ゾンビ婆さんが米国大統領にならなかったことは《人類共同体》にとって幸いでした。idthatid さまが野放しなのも、どうしようもないことです。自らの《観察主体》を手放さず被害に遭わないように注意することです。
    “Women, Fire, and Dangerous Things”
    の「危険」として認識が必要な三人の女性です。

     話は戻って、SNRIであるトレドミン低容量のあと、確認強迫が前景に出たので、SSRIのパキシルにスイッチしました。主治医は筑波大学出に多いタイプのアホ〜な問診をする点、酷評していて申し訳ありませんが、トレドミン低容量からパキシル少量へのスイッチは正解です。そういうケースは結構あるようです。ともかく普通の精神科医は、患者に《観察主体》があることなど頓着しないので、《観察主体》を手放させようとしない=ラポール形成に努めることはできません。S先生は、《観察主体》を手放させようとしない稀有な臨床医なのに、ラポールって何ですか?と問えば、カフェ・ラポールの写真をブログに掲載なさるくらい、説明能力がないようで、アレです。ついでに、日本人なら誰でも禅宗みたいに(?)喝を入れれば、ハッとして好転すると勘違いなさっているかも知れません(?)。
     エレノアさんとS先生の共通点は、
    “What is wrong with you?”
    と問わないことです。それとは対照的に《医療の商品化》を進める《ハイ/イイエで答えさせる》教育/医療/福祉関係者は、例外なく来談者を
    “What is wrong with you?”
    という《まなざし》で観ていますから自動的に《PTSD否認》になってしまいます。結果として、東京大空襲と広島原爆被爆の両方を体験した老婦人が晩発性PTSDを発症したのに、《うつ病》ラベリング攻撃と《認知症》ラベリング攻撃を何年も続けて苦しめるという《人道上の罪》が精神医療の名により行われたのでした。
    https://bit.ly/PTSDinLaterLife

    《世界人権宣言》を共有する《人類共同体》メンバーとして生きると決めている人は、《新自由主義を拒否する》ことがポイント:
    https://bit.ly/33OcHn9

    “新自由主義を拒否する”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2JSFqiQ

    “集合的無意識の無思想”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2OglGXZ

    unlawful site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/32D0bpt

    「PTSD否認」状態を認識しよう。
    | あ~どうしたものか
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12026003305.html

    Отправлено с iPhone

    返信
  9. ドラゴン🐲

    あ*さん
    おはようございます😃

    大変なおもいをされてきたのですね
    元ご主人が急性期の際はあ*さんとご子息が命がけで過ごされてきたのだと知りましたー今はご無事でヨカッタ❤️

    そしてあらためて日本の抗精神病薬の処方の違いを再認識してましたー今関わっているグループでも感じでいましたが日本の抗精神病薬の処方ってほんのチョッピリずつ色んな種類で出してくれるみたいですねーそんなちょぴっとの量で患者さんは薬の効果を実感できるのかい?って思いますーでも、逆にドラゴン🐲の様にたった1種類の薬をどんどん増量していくとその効果を実感して、しまいにはもっともっとと調子に乗って薬物依存症状態になってしまいますーだってお薬飲めば自分はスーパースターになったかの様な才能の発揮の仕方をしてしまいますからー服薬中は、もう一度、自分の才能の凄さをためしてみたいという悪魔くんが忍び寄ってくるのですーですから断薬する事に決めたのですー悪魔払いのためです(笑笑)

    で、西洋白人のお話しです
    全く見当違いな事を言っていたらすみませんーあくまでもドラゴン🐲の想像の域で感じたことです
    あ*さんは日本で治療されていたから西洋白人思考を強く意識されたのではないか?と想像してます

    ドラゴン🐲はそれほど「西洋白人思考の攻撃」を意識する事はなく、寧ろ、日本人の西洋かぶれな日本人治療者のニセモノ感覚(着ぐるみ感覚)に胡散臭さを感じてましたープラス、西洋白人のナンチャッテ禅を使ってアプローチしようとする戦略にも胡散臭さを感じてます

    西洋白人系多い中にいると禅思考をする人に敏感に反応してしまいますー先日もサイコセラピーのインテーク面接の心理士が禅に触れていたのですがドラゴン🐲はそこ(文化的背景の違い)に自分の問題の原因を見出す気にはなれませんでしたーしかも、大抵の西洋白人の禅に対するコンセプトの把握はナンチャッテが多いからです(「座禅をすることが禅」「抹茶のキットカットを食べれば禅」みたいなノリの人が多い)ードラゴン🐲は禅のコンセプトなんてまるっきり知りませんからその心理士に共感感覚を与えてあげる事ができませんでした(私がクライエントなのに..)ー話しがそれてしまった💦ーそそ、ドラゴン🐲はあ*さんが仰る様にそれほど西洋白人思考そのものを意識していないと思いますー勿論、妙に偏った西洋白人的思考で攻撃して来た際には言い返す事はしますが、ドラゴン🐲の中の思考が西洋なのか東洋なのかは自分でもよく解っていませんーですから、治療の際に西洋白人的思考を押し付けてきたらそれを全て受け入れる事はせずに部分的に自分に適合する部分だけを取り入れていると思います(無意識的にやってると思うのでハッキリと「コレが西洋白人的思考の部分です」とは指摘する事はできません)ー一方で日本的思考を押し付けてきたらドラゴン🐲はどういう反応をするかなぁ?って考えると、あ*さんがご存知の様にS先生に喝を入れられてもスルーしてしまう状態ードラゴン🐲に喝は有効では無いという事をS先生はご存知なかったのでしょうねーまた、未だに日本の学校の「起立!礼!」という習慣が気持ち悪く感じるのは日本的思考攻撃を回避しているのかなぁとも感じています

    なんか何を言いたいのかわからなくなってしまいましたが、自分のこの5年間くらいの治療経験から感じたことですが、治療の中で西洋白人攻撃と感じるのは西洋白人によるトラウマがロックンロールしている時で、日本人攻撃と感じたときは日本人によって傷つけられたドラゴン🐲のトラウマが思いっきりど演歌を歌っている時で、どんな攻撃もその時々で攻撃ととるかそれとも違う思考だから自分の思考を主張するかのどちらかを選択すれば良いのではないかなぁって思ってます

    どんな攻撃が来ようと自分の事を1番良く知ってるのは自分だから、手取り早い治療方法は「観察主体の強化」の何物でもないと思う今日この頃ですーこれを教えてくださったのはあ*さんですよねーずっとこれを意識しながらドラゴン🐲は色んな攻撃に対応している今日この頃です

    すみませんー朝からちょぴっとずつ書いてて今はランチタイムになってしまいました

    返信
  10. あ*=franoma

    何と申しますか?…ミュンヘンの日本語補習校で、お寺さんにて夏季合宿をしたことがあったのです。そこのお寺さんは、ご住職が元警察官でした。お寺の敷地はトクサが茫々、これは!トクサ茶が飲みたい放題ではないか!いいなぁと思いました…言わなかったけど。ちょうど、ROSATカレンダーをMPEで貰ったので、毒に血…じゃなくて…独日友好のお土産に差し上げました。いや〜ドイツ人🇩🇪は、ごちゃごちゃ話さなくても、„Alles klar!” とか “Einverstanden!” とか仰る人が多くて…「アレ?何が Alles klar なんだろう?」とかフランス人やロシア人が思うこともあるけど、何だか良く分からない《日本人が好き》らしい?…全く意味不明な《エコ贔屓》があるのですよ。「次はイタリア🇮🇹人抜きでやろうね!そうすれば勝てるさ!」とか言う不気味な(?)親日派ネオナチさまもおわしまして…あゝ勘弁してくださいよ…と思うのでした。勝つとか負けるとか言う前にねー戦争を起こさない方途を考えたほうが良いとは思わないのかなぁ…それがね…思わないのです。「戦争はね、なくならないよ。人類史を見てご覧。いつだって戦争はあるんだよ。だから、勝てない戦争は、やっちゃダメなんだよ」と親身になって説明してくださるのでした。こりゃダメだ👎核武装論の櫻井よしこ女史と絶対に《トモダチ》になれないのと同じ…永遠♾の並行線…orz。Du=あんたさぁ…本当に心底、いい奴だよ…それは判った。幸せになってちょ、幸運を🤞祈る!としか言いようがありませんね。
    Отправлено с iPhone

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です