スクールカウンセラー制度が招いた「若い世代死因第一はPTSD解離自殺」という異常事態

政府は

30日

2017年版の自殺対策白書を

閣議決定し公表しました。

 

自殺者数は減少傾向にあるけれども

死亡原因は15~39歳で自殺が依然として最も多く

「社会をけん引する

若い世代の自殺は深刻な状況にある」としています。

 

20代前半の2位は

「不慮の事故」ですが

運動能力も高い年代ですから

これも無意識の自殺行為っぽいですよね。

 

 

「スクールカウン...」の画像検索結果「スクールカウン...」の画像検索結果

 

こういうのが

学校に出入りするようになったのが

根本原因でしょう。

 

(発達障害とかフツーとかデタラメばかりで…)

 

「公認心理師」の画像検索結果

今は

こんなものを取ろうと

悪巧み中みたいで

懲りない悪人たちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です