『昭和元禄落語心中』PTSDだからこそ落語に磨きがかかる!

人気の漫画が

ドラマ化されたものですが

「おせーてやろう...」の画像検索結果

 

自分の記事を探すために

「平成元禄落語心中PTSD」と検索すると

そんなこと書く人いないでしょう?との思い込み💦

PTSDだからこそ落語に磨きがかかると書かれたものがありました。

作中のように

破門されたり

事故死したり

枝雀さんのように

自殺したりすることもあるので

「枝雀」の画像検索結果

 

危険な磨き方ですが

何もないと厳しいものがあるかも

 

忙しさにかまけてメモ段階だった説明も

戦争で

生きるために人を殺した

(それでアル中になった落語家に

主人公は手ほどきを受ける)

きちんと書かれています。

 

「分身の術」の画像検索結果「ドッペルゲンガ...」の画像検索結果

分身の術ではありません。

 

アメリカでは銃乱射して自殺した元軍人さんが

世界を震撼させてますから

戦争はいろんな意味で恐ろしいです。

 

この作品のジャンルは

ミステリー漫画だそうですよ。

 

ミステリー作家養成講座では

PTSD論が必須科目ですね。

「PTSD予防」の画像検索結果

「おせーてやろうか?」と

作中『死神』の声で

「おせーてやろう...」の画像検索結果「おせーてやろう...」の画像検索結果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です