精神科医3人のナイトクラブ利用(PTSD解離行為)で岐阜大学附属病院業務休止中

ナイトクラブには行かないようにと言うのが遅く

ちょっと考えればわかることですが…

「みどりのタヌキ...」の画像検索結果

客や従業員にクラスターが発生した

7人感染

岐阜市のナイトクラブ「シャルム」を利用した

岐阜大学附属病院の精神科等に勤務する

精神科医3人が

新型コロナウイルスに感染したので

岐阜大学付属病院は

19日まで業務休止となり

精神科の入院患者には

可能な限り

退院してもらうことになったそうです。

1週間の経過観察による。

医療崩壊の危機が危惧されているわけですが

「コロナ医療崩壊」の画像検索結果

別の意味で

医療が崩壊しているかもしれないことを示す

「ベンゾジアゼピ...」の画像検索結果「ADHDウソ」の画像検索結果

既に科学的じゃない領域

象徴的な事件ですね。

「のぞみの丘ホス...」の画像検索結果

ストレスケアセンターと書かれています。

PTSDのSはストレスを意味します。

多少のアルコールはストレスを緩和しますが

過ぎるとアルコール依存症となり

この時期にナイトクラブで飲酒すると

解離性障害を疑われてしまうと思います。

流行りの認知行動療法では手ごわそう💦

9 thoughts on “精神科医3人のナイトクラブ利用(PTSD解離行為)で岐阜大学附属病院業務休止中

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    コロナで何処も医療崩壊モードになってますね
    精神科医療は既にはちゃめちゃみたいだったけど、コロナのお陰でもっとはちゃめちゃになりつつあるのかな?

    新しい企画も先週第一回目本番をやってみました
    でも、〇〇法というコミュニケーション理論で対人関係が改善すると信じてるパートナーと対人関係が上手く行かないのはトラウマに踊らされてるからと思うドラゴン🐲の間のミゾはかなり大きいものがあると実感せざるを得ませんでしたーパートナーは世代の異なるおじさまですー私は〇〇法の宣伝をしないで欲しいとは言いづらい感じですーでも、私と参加者4名はこれまで特定の治療方法では治らなかったという経験からおじさんに宣伝されてもあまり聴く耳持たないという感じでしたが….

    最初から頭痛い….

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ロックダウンできない日本は、ちょっとマシかもしれませんが、国際的には政府に保護されない一億総難民であることが、実験エビデンスからWHOも推奨しない布マスク2枚発言で露呈しました(´;ω;`)ウッ…
      コロナウイルスは、役所や病院は休むことができないという常識をあざ笑っています。死亡退院が多い精神病院から急に退院する人が出るとか、前代未聞のことがたくさん起きています。
      ナイトクラブはダメで、入学式もグラウンドにぽつぽつと椅子を並べて行うのがせいぜいですが、パチンコ屋さんは大盛況で、わけわかりません(笑)
      悪妻は哲学者を生むと言われますが、日本人はますます哲学が得意になるでしょう。

      さて、いよいよ始まったのですね。
      なかなか大変そうで、裏テーマは、哲学者養成コースだったりして?

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        例の自分が開発したという理論を主張したがる世代なのかな…。
        プレゼンがあんまりスマートでないのも、時代がかってますよ♪

        とりあえずは初心貫徹でしょうが、いかに苦労させられたかという記録も、それだけで充分✨貴重です。

        返信
  2. ドラゴン🐲

    ファシリテーターのアドバイスに耐えるのも自己観察に繋がるのかもしれませんねーホント哲学者養成コースと化してしまうのではないかと懸念してます

    「△△障害には自分の考案した〇〇法が効果があります」と発言された時にはドラゴン🐲は「あゝ、やっぱり」って思ってしまいました💦

    傾聴するのは得意らしいのですが、介入するのはあんまり得意では無さそう…という印象を受けましたーきっと誰にでも難しい事なのでしょうけど….

    ここで諦めたくないので今日はこれからどうしようか悩んでみます

    「世代の違う日本のおじさま」というのもドラゴン🐲にとっては大きなハードルになってます💦

    返信
    1. あ*=franoma

      傍から失礼します。

      哲学者養成コースですか。
      実は、私も「哲学者養成コース」を無料かつ半ば無意識に常に開講してきた模様です(?)。

      「“解離する特権” をエンジョイしても、あなたの問題は解決しない」とか言うので、 “哲学的忍耐力” が鍛えられるのでしょう。

      「私を殴っても、あなたの問題は解決しない」と言ってあげると、殴るのを踏み留まれる人は正常です。
      「殴る」のは、PTSD解離言動のひとつですから、一般的に申せば、
      「“解離する特権” をエンジョイしても、あなたの問題は解決しない」
      ということになります。

      河井克行議員ご夫妻、豊田真由子さん元衆議院議員、香山リカさん@立教大学教授、 idthatid さま初め公認心理師の皆さま…に言ってあげたくなりますね…余計なお世話ですけど。
      Отправлено с iPhone

      返信
  3. ドラゴン🐲

    こんばんは
    「殴っても何も問題は解決はしない」
    CBTで認知を修正しても心の中の問題は何も解決しないのと一緒ですね

    返信
    1. あ*=franoma

      仰るとおりです。

      お返事ありがとうございます。

      我々から観察すると
      “公認心理師になりたがる” 人のほうが
      精神機能障害が酷い “human doer” なのですが、
      「T4」DSM精神科医の総本山がある慶應義塾大学は新自由主義の牙城でもあるため、エンタープライズを益々強固にしてゆくことでしょう。

      “公認心理師になりたがる” site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/34rLKXO

      “human doer” site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2XjvfLC

      「T4」DSM精神科医の総本山
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/39TUxmr

      エンタープライズ site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/3bYby04

      …と書いて気づいたのですが、
      @emiemi14 さまは、ご自身が何ちゃら療法でテクニカルに 成人《アスペ》も “慢性うつ病” も治療できて、仏教もアップデートできると勘違い…というか “現実検討能力の解離” 状態にあるというか、現実逃避をしている “human doer” なので、
      来談者中心療法は、参加者が全員、 “human being” であることを前提にして初めて可能になることが理解できないのでしょう。なので、教育分析を受けていない公認心理師は、 来談者を制圧することしか出来ないし、制圧することしか初めから考えていないにも関わらず、その自覚がないのです。結局のところ、治療者エゴ中心療法しか出来ないのです。
      合掌 = “añjaly”
      は《汝》= “ātman animated by soul” の “soul” に対するリスペクトなのですが、治療者エゴ中心療法を展開する専門家には、そういうことが理解できないのです。

      “《突撃SS隊員女子》acting out!” のスクールカウンセラー兼ストーカーであらせられる公認心理師 idthatid さまも、翠雨先生に投影をして、
      「血のべっとりついた箱庭の道具を投げつける」
      と暴言。この「投げつける」は、
      inflīgere(ラテン語)です。
      in-=内(の/で/に/へ)プラス
      flīgere(打ちのめす)が語源ゆえ、
      《観察主体》を鍛えて、普通に話し合いをすると(自分がビッチであることがバレてしまうから)先手必勝というか、「先に殴ったほうが勝ち」そして “《なかったことにする》ストラテジー” で「死人に口なし」にすれば後腐れなし… そういう連中に、三宅雪子さん元衆議院議員も ADHD imposture でヤられ、PTSD予防&克服の途を行くのを阻まれてしまい、冷たい東京湾での《PTSD解離》入水に陥れられてしまいました。 okinawahisui2 さんは「殺された」と書いておいでです。
      Отправлено с iPhone

      返信
  4. ドラゴン🐲

    あ*さま❤️

    「治療者エゴ中心療法」と言語化してくださった事、心から感謝しますー目から鱗状態です

    先日、コミュニケーション理論を主軸に対人関係を考え来談者中心療法を駆使しながら日頃お仕事されているという日本のおじさまを私と他の当事者さん数人のリカバリ集会にお招きしました

    そのおじさまは「来談者中心療法」を主軸にお仕事をされていた様なのですが、いつの間にか「治療者エゴ中心療法」になっていらっしゃる事にはお気づきにはなっていらっしゃらない様子ですーご自分の開発された技法を世に認めて貰いたいという気持ちは良く理解出来ますし、その技法にCBT同様に表面的な部分を修正するにはとっても効果的であると私も納得出来るモノもありますーしかし、CBT同様にそれを使う事で心の中にジレンマが生まれて来てしまう当事者さんの事はまるっきり考えてはいない様子ですー幾度もあらゆる治療方法を試しても結局は再発してしまった私にとってはもうウンザリな気持ちになってしまいましたーどうやって治るかは当事者が決める事なので押し付けられる様な〇〇法の提示はやめてほしいと思ったドラゴン🐲でした

    他の方々も同様に感じていたという事を確認できたので、そのおじさまのヘルプは要らないと思ったドラゴンでした

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です