韓国女子バレー選手コ・ユミンさん(25)もPTSD解離自殺

現代建設でプレーしていた

現代

女子プロバレーボール選手の

コ・ユミンさんが

自宅で亡くなっているのが発見され

バレーボール

警察は

自殺を図ったものとみています。

今年3月初めに

突然チームを去ったことから

その後

韓国バレーボール連盟は

任意脱退を公示

「この国は成功した人が追い込まれる」

芸能人の自殺が多い。

直近ではソウル市長も自殺

ポニョポニョ

「闇が深い」と

組織の問題

書き込まれています。

アスペルガー特性だとか

発達障害はいじめられやすいとか

うつ病を発症していたのでは?等とは

誰も言わなくなりました。

大分PTSD学習が進みましたね。

自殺

次に学ぶことは

職場を追われるだけでも

自己表現の場

PTSD発症リスクなのに

言論の自由

言いたいことも言えない環境になっていると

大変危険だということでしょう。

告発

言論の自由を放棄しないことは

PTSD予防においても

PTSD治癒においても

とても大切なことなのです。

16 thoughts on “韓国女子バレー選手コ・ユミンさん(25)もPTSD解離自殺

  1. ドラゴン🐲

    「言いたい事を言えない環境」がまさに逆鏡な環境なのですよね
    複雑性PTSDの根本的な原因なのだと思いました

    返信
  2. あ*=franoma

    «くじ引きで自治会の次期班長を選ぶと知り、自治会側に「精神の病気で班長ができない」と伝えたが、当時の班長から「特別扱いはできない」と告げられた»
    https://ameblo.jp/et-eo/entry-12614763511.html
    という記事が出ました。

    PTSD否認=社会病理であることが良く示された事例です。 «精神の病気» =[医療社会学]で社会参加を一定の範囲内で免除される状態にある訳で、それを認めず、
    ①自治会の班長を強要される
    ②人格権を蹂躙され、晒し者にされる
    この2者の何れかしか選択肢がない状況に追い込んだ訳です。追い込んだ連中が《PTSD否認》=社会病理に浸かり切っていることは明白です。

    idthatid さまのような加害者型PTSDの場合も、[医療社会学]で社会参加を一定の範囲内で免除される状態にある訳ですが、創価のスパイが入り込み、2大カルト組織メンバーが国際社会で暗躍しているので、すっかり解離人格として踊らされ続けて現在に至る…精神機能障害者です。

    “business undone & inhumane”
    という状態です。ここでいうビジネスとは、《金儲け》のために《医療の商品化》を進めることではなく、
    「社会参加&業務を行い、正当な報酬を得る」という際の《業務》です。
    idthatid さまは、何処かのスクールカウンセラーさまという社会参加&業務は “そっちのけ” で、翠雨先生に投影を行い、サイバーストーカー行為を行う一方、我々の生活現場にも “《突撃SS隊員女子》acting out!” 、ビビった兄の配偶者が車を擦ってしまい、私に《八つ当たり》しました。

    兄の配偶者も、兄を《騙し討ち》にして出入りの創価さんに除草剤を撒かせて、猫さまを殺害しても気にせず、《創価》方式の “《なかったことにする》ストラテジー” で切り抜ける算段ですが、 idthatid さまほど気が狂ってはいません。スラップ訴訟で個人情報を収集したり、「本人訴訟は強い」とか言って勝ち誇ったりするほどではありませんから。

    兄の前妻も後妻も英語ができるのは自慢らしいので、普通に英語でも情報を収集し、2大カルト組織ベースの《安倍晋三王朝》メンバーから踊らされないように《気配り》をお願いしたいものです。
    ①兄の前妻も後妻も力を合わせて《医療の商品化》に抵抗し、
    ②実母&養母の連携で、姪が連中から[飼い殺し]、[使い捨て]にされないように、
    ③創価コネクションと三田会、エビリファイの《実験動物》をゲットするため、隠れ虐待、心理操作、集団ストーカー行為の企画&実行をしてきた組織犯罪に気づき、
    ④ Täter を一切、取締る気がないのが《アベ友》警察だという認識を共有することがポイントです。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      普通の人でも、そんなことはしないようなことなのに、社協が絡んでいたのですね\(◎o◎)/!
      専門家がおかしくなって、思わぬところにも問題が現れているようです。
      嘱託殺人の心療内科医の奥さんも、元国会議員で精神保健福祉士なのに、アメブロで堂々と酷いブログを書いてますね。
      専門知識のなさにしても専従ストーカーの idthatid そっくりです。

      返信
      1. あ*=franoma

        「離婚した両親」のお墓と、自分たちのお墓 | 終活物語
        https://www.yumemidou.jp/story/「離婚した両親」のお墓と、自分たちのお墓/
        という記事が出ました。

        離婚した(姪の)実母も、我々の先祖代々の墓に入りたければ、生きている今のうちに当事者(姪と兄夫婦)と話し合い、合意を得たら良いかと思いました。父は、ろくな話し合いもせずに離婚&経済的暴力を実行した兄の前妻には激怒していて、葬儀にも来て欲しくなかったのですが、母は、お通夜にて遭遇しても、追い返したり、塩を撒いたりすることはありませんでした。[トラウマの成仏]という概念が欠落して、自ら[創価学会仏]という特権階級に成り上がり、隠れ虐待、心理操作、集団ストーカー行為の企画&実行をして[仏罰]を与える=組織犯罪を実行しつつ、《アベ友》警察に守られているケースでは、 “the principle of charity” を欠いているため、話し合いは不可能ですが、姪の実母は、創価ではありませんので、話し合いは可能なのです。

        姪のレーゾンデートルは、墓守ではありません。お墓参りのために自分の人生を棒に振る必要はないのです。が、自分の祖先と親の墓が実家の近くにあれば、人生の節目&行ける時にお墓参りをするでしょう。トラウマの成仏があるので、PTSD予防&克服が可能であり、離婚PTSD予防&克服も話し合いで可能なのです。

        iPhoneから送信

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          DV等で離婚しても、子どもがいると白黒つくものではなく、「○○家の墓」が一般的な日本では、「墓」問題として最期の審判が立ち現れてくるんですよね。
          でも、確かに、それはそれとして、個人的なPTSD哲学が大事になるのだと思います。

          返信
  3. ドラゴン🐲

    おはようございます
    ドラゴン🐲はリカバリを考えるときにBio-Psych-Socio-Spiritual issueを順番に考えていましたーウイニペグのおじさんとやりとりしていたとき、トラウマは正にBPSSissueだからと教えられ、リカバリを確認する際にもこの4つの分野を考えなきゃ💦って思っていましたーでも、最近、気がついたのですがBPSまでは結構順調に網羅出来るのですが、最後のスピリチュアルな部分がかなり難しいんですー宗教に依存する気にもならないし、BPS issueをクリアにしても、症状は出てくるんですーただ、今は何が以前と異なるかというとその症状がでても暫くすれば治るというのを知ってるのでその症状の辛さから八つ当たりをしなくなった、即ち、アクティングアウトしなくなっただけですースピリチュアルに持っていくという事が果たしてどういう事なのか..?って最近、悩むところです

    返信
    1. あ*=franoma

      “チーム・スピリット” というものがありますね。つい先ほど、ツイッターでキヤノンのUSアカウントでアイコンに
      “See impossible”
      と書いてありました。そのような spirit は、 “team spirit” にはならないでしょう。それで、
      “See impossible,
      and win an Ig Nobel Prize⁉️”
      と書き送ってみたところ、送信した私のツイートは消えて、キヤノンUSアカウントのアイコンからも、
      “See impossible” の文字が消えましたよ。キヤノンのグラスファイバーを活用したカメラでは、自分の痔疾を見ることができるそうで、開発者がイグ・ノーベル賞を受賞したことがあるのです、私の記憶ちがいでなければ。

      “team spirit” になるような spirit に行き着いた時に、
      「孤高の人」から
      「人間関係も豊富な人」になるのではありませんか?
      iPhoneから送信

      返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      サイコセラピーが、既存のスピリチュアリティを超えたものであるというのは、そういうことだと思います。
      公認心理師たちが夢にだにみない世界の話です。

      返信
  4. ドラゴン🐲

    そうですね
    翠雨先生はやっぱり凄い!
    認知行動療法ではBPSSのSpiritual issueまではおさらい出来ないのは明白ですね
    行き詰まった時の翠雨先生のブログですね
    いつもお世話のなってしまい恐縮です💦

    返信
    1. あ*=franoma

      補足です。

      『面談終了✳︎娘を抱きしめたくなる日。』
      | 「こそだてつらい」を卒業したい!自閉症療育とくらしのくふう
      https://ameblo.jp/kanonkomilk1985/entry-12613998441.html
      という記事が出ました。

      “昇華を焦る気持ちが病巣”
      と言える専門家がいなくて
      親子を翻弄しているのは
      人道上の罪でしょう。

      “昇華を焦る気持ちが病巣”
      – Google 検索
      https://bit.ly/30nw2fH

      iPhoneから送信

      返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      療育の場として、よい建物ですね。
      専門家の選び方が玉に瑕…。

      返信
  5. ドラゴン🐲

    あ*さん
    昇華を焦らずスピリチュアルに行ける様にじっくり考えながらフィニッシュ決めようと思います

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です