目黒区立第九中学校の副校長(55)らに私人逮捕された都立高校男子生徒のPTSD反応としての黙秘

7月8日

公道上でビラを配布していた

都立小山台高校の水泳授業のあり方を問い

生徒自治組織の設立を呼び掛けていた。

都立高校生が

近くの目黒区立第九中学校の副校長(55)に

「私人逮捕」され

7月28日に処分保留で釈放されるまで

20日間にわたり勾留されていたそうです。

容疑は「公務執行妨害」ですが

ビラ配布を注意されてもやめず

動画を撮影していた

携帯電話で副校長を殴打した。

学校に侵入して迷惑行為をしたわけでもないのに

文科相

「基本的に学校外で行われていることに

学校の先生方が直接関与するというのは

実際にはあり得ないんじゃないかな」

「表現の自由」(憲法21条)

撮影動画の副校長はいかつく

高校生が

「ソーシャルディタンス保ってください」と訴えて後ずさり

心理的距離

複数の教員が囲むなかで

どういう職種なのか…と怖くなる。

パワハラPTSD

暴力があったかのように演技していた疑いがもたれています。

携帯に故意にぶつかったとの推測が

自然な状況

副校長が携帯で通報

高校生は逃亡もしなかったので

警察に引き渡され

黙秘を貫いたという理由で

被疑者には黙秘権が認められています。

拘留されました。

日本は

いつのまにか恐ろしい国になっていたのですね。

私には

高校生は黙秘権を行使したのではなく

強い恐怖を感じて話すことができなかったのではないかと

学校の先生が集団でこんなことをし

警察もしっかり判断してくれず

逮捕されれば

世界に対する不信感に包まれ

絶望してしまうでしょう。

これは大変な暴力だと思います。

推測されます。

表現の自由を守ろうとすると

危険な目にも遭いますが

岡口基一

人権を守る番人として仕事をしてきたが

パワハラというものを身をもって知り

早朝覚醒というPTSD反応が続くなか

自分が裁判を受け

自分の人権も守れないなら

国民の人権も守れないと奮闘中

脅したもの勝ちみたいな風潮は

変えなければならないでしょう。

2 thoughts on “目黒区立第九中学校の副校長(55)らに私人逮捕された都立高校男子生徒のPTSD反応としての黙秘

  1. あ*=franoma

    [脅した者]勝ち…まさに、 idthatid さま初め全国津々浦々のスクールカウンセラーや公認心理師の[制圧]アプローチですね。創価大学もWISCで[障害]ラベリング&[障害]固定をすることに血道を上げてきたカウンセリング・マインドが欠如したハコモノ大学です。仏教を詐称していますけど、 “the principle of charity” を外しては仏教どころか、ありとあらゆる宗教が成立しないことは自明ですから、連中の[カルト組織]認定は、未来永劫、外されないでしょう。まさに、2大カルト組織が隠れ虐待、心理操作、集団ストーカー行為の企画&実行を、世界を股にかけた組織犯罪として実行してきたし、《アベ友》警察は絶対に取締りません。なので、フランスやロシアで捕まえて欲しいなぁと「他力本願」です。夫は反核平和主義だったから、連中にヤられてしまい、息子がハンガリーから逃げてきて「オヤジがヤられた」と言ったのです。

    https://bit.ly/JapKillingOffspring
    ですね。いつまで続ける気でしょうか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      金太郎飴のような酷似ぶりです\(◎o◎)/!
      宗教を詐称するオウムは怖いと思いましたが、特別ではないと知った時の方が恐怖でした。
      大学や学問の腐敗も、まさか…というレベルです。

      素直なこころは、それを観通すのですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です