レバノン首都は爆発事故でPTSD予防中

中東レバノンの首都ベイルートで

大規模な爆発が起き

ゴーン氏の自宅も破壊された。

PTSD

 

PTSD 

100人以上が死亡

3000人以上が負傷し

病院は野戦病院化の

阿鼻叫喚で

治安部隊も出動し

集まった報道陣に

「何を撮るっていうんだ?辺り一面、遺体だらけだ」と

怒声を浴びせる始末の混乱ぶりです。

 

原因は不明ですが

きのこ雲が不気味で

ベイルート

米国のトランプ大統領は

つい

「恐ろしい攻撃」と吐露しました。

米国防総省は否定

 レバノン当局は

現時点で

米外交筋が「攻撃」という言葉を使うことについて

懸念を表明

戦争PTSD

 

戦時のようなPTSD予防中であることは

確かです。

2 thoughts on “レバノン首都は爆発事故でPTSD予防中

  1. ドラゴン🐲

    コロナ中にこんな攻撃が…ゴーンさんの予定には入っていなかったでしょうね…..

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ですよね。
      禍福は糾える縄の如しで、あの不幸と大成功の渦に巻き込まれたのかも…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です