マラドーナ氏もPTSD性薬物中毒で早逝

サッカー元アルゼンチン代表の

ディエゴ・マラドーナ

(Diego Maradona)氏は

25日に

60歳で亡くなりましたが

 

死亡当時の状況について

アルゼンチン検察が

医療過失の可能性があったかどうか

捜査しているそうです。

 

スポーツ選手は身体を酷使し

サプリメントや

無駄な栄養を摂取せず

省エネで寿命を大事にする

ヨガのようなものが一番健康にいい。

ストレスマネジメントも重要なのですが

引退後PTSDを発症する人も多い。

 

「薬物をやっていなければ…」と後悔されていて

幼少期から筋肉増強剤

プロになってからは度々コカイン使用

引退後はODで一時危篤状態に陥るなど薬物中毒状態

 

風貌も老人のようだったみたいなので

「今53歳で

『ディエゴは53歳なの?』と驚かれるけど

実際は80歳のようなものだよね。

それくらい僕の人生は普通ではなかったということだ」

長生きできなくても無理はなかったようですが

手厚い看護設備も虚しい。

薬物中毒で死因をきちんと追及される国はいいですね。

マラドーナ

 

OD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です