PTSDの「解離」「多重人格」治療でダイエット 

華原朋美さんは

こういう人が多いということ

食べてないような話をするけど

治す気がない主訴周辺から始まる。

夢遊病の自覚はあるという話もしながら

睡眠中に食事をした形跡

画像比較】華原朋美が太った原因は?若い頃と現在が別人すぎる?夢遊病者たち 1――第一次世界大戦はいかにして始まったか ...

起きているときも

半ば睡眠状態の【解離】で過食する。

線路に行く人もいる…

話題はお金の話に移行します。

愛=💩=お金 とフロイト先生

大きな視点からみれば関連

 

韓国版『納屋を焼く』に出てくる

主人公のアニマみたいなものでしょうか。

トラウマ治療のからくりを知っても

(手相を見てあげると言い

掌から道で拾ってきた石を出して見せる)

面白いからいいのと楽しむだけ

バーニング&納屋を焼く その1 - Rain Rain Drops

感じるだけで考えない。

大麻依存症

世間では

瀕死の状態だと思われていたので

突然

何者かに脅かされているかのように謝罪したり

「元気だとわかってよかった…」とまとめられる

よいとか悪いとかの父性と対極

母性そのものの

どんな子でも自分の子ども

生きていてくれたらそれでいい。

マツコさんが人気の時代なのでしょうか。

2 thoughts on “PTSDの「解離」「多重人格」治療でダイエット 

  1. ドラゴン

    おはようございます😃
    ドラゴン🐲も過食&拒食を繰り返していた時期がありました。43kg〜68kgのレンジで膨らんだり縮んだり…..
    過食時の食べてる間は義務の様な感覚で食べていました。拒食の時も義務の様に食べてはいけない。食べるのは悪い人の行為であると毎日減っていく体重の数日をみて満足する日々が続いた時期がありました。薬は入っていませんでしたが、今思うと誰かに操作されているか、或いはホントの自分が身体の中から消えてしまったかの様な状態でしたね。そだ、モコミの最終回観ました。あちらに感想文書きます。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そこにも凄い幅が👀
      作為体験が【義務】として感じられるんですね。
      外からも「~しなければいけないように(~している)」と表現されることが多い依存症です。

      モコミちゃんとお別れで、ちょっと寂しいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です