『クロシンリ』PTSDを拗らせる腹黒心理療法にご注意

『クロシンリ』 

なかなかおもしろいドラマのようです。

最初の症例は

2話ごとに完結する。

サラリーマンが

上司からパワハラを受け

PTSD発症リスク

往々にして集団いじめを伴う。

会社に適応できなくて悩んでいたところ

落ち武者バーは

クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術』に、田中俊介、岩部彰、秋田汐 ...

お能で

あなたは、能の見方を知っていますか?ミカタシズカの能のミカタ「巴 ...

旅の僧が

トラウマ成仏を手伝ってくれるモチーフ

クロシンリが現れて

多分「腹黒心理」

どうすればいいか逐一教えてくれ

正当な心理療法ではアドバイスは殆どしません。

その通りに実践すると

パワハラをするような悪人は

普通の人なら気持ち悪いと感じるような

(依頼主も抵抗感を押し殺して頑張った)

対応を好むので簡単

パワハラは気にならなくなりましたが

上司に嫌われたままなのは嫌だと駄々をこねますと

「簡単に教えてもらえると思ってるのか」

「覚悟はできているのか」

「それでお願いしてるつもりか」と喝を入れられ

『珈琲いかがでしょう』の温厚そうな主人公も

半グレ時代は師匠に同じように注意されていました。

弁護士さんも同じみたい…

ついぷる

心理療法あるあるです。

【傾聴】の意味が都合よく広まってますが

禅寺の入門も厳しいですよ。

アート 美】悩み苦しむ人を幸せに 雪舟、白隠の慧可断臂図 言葉を超え ...

何とか取り入って許可してもらい

ほっとして

教えてもらえたのは

「気にいられたらいい」とのことで

それができないから頼んでいるのに

もういい💢と立ち去ろうとすると

「そうやって人の話を最後まで聞かない」と言われてはっとします。

これも心理療法あるある

会社でのふるまいを一緒に見直そうということになって

自分の問題として引き寄せられるようになるまでにも

骨が折れるもの

自分ではわりと自信があったのですが

ダメ出しされます。

「普通にしてるのに~」と言うと

「普通だからダメ」と喝

トラウマ相手は『崖の上のポニョ』ですからね。

普通でよい訳がない。

更に気持ち悪いテクニックを教わっているうちに

確かに上司とは親密になれた。

上司の犯罪に加担することになり

会社はつぶれてしまいました。

―おしまい―

やってみなければわからないことも多いですが

適応しない方がいい環境もあるし

アドバイスにはろくなものがないという

事実を知るには

ドラマは無料の反面教師

高い授業料でしたね。

ネット徘徊カウンセラーあるある…

中村元弥中村元弥

中村元弥

『クロシンリ』PTSDを拗らせる腹黒心理療法にご注意」への24件のフィードバック

  1. ドラゴン

    おはようございます😃
    翠雨先生のブログ記事で数ヶ月前に私と日本のお友達が関わった腹黒い人の事が頭の中をグルグルしています。

    怖いけど、この記事のドラマの主人公と自分の周囲の腹黒い人たちの普段の不適応反応/トラウマ反応の多くはFawn反応が多いみたいですね。
    コンサルティング会社の新人研修で「共感と同情の違い」は教えてくれるそうですが(息子から聞いたお話し)、「共感とFawn 反応の違い」は教えてはくれないそうです。
    人に取り入ろうとしてバウンダリーを一気に乗り越えて仲良くしようという行為は正にFawn反応で、今時の社会には良くある事だと思います。結局、皆さんがFawn反応の応酬を継続していけば、そこには真の繋がりは存在しなくなるわけで、最終的に孤立化してしまう事になりますよね?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そうですね。
      ドラマの脚本家さんもグループに潜入取材してるのかなぁと思うほど、よくご存じです。
      Fawn反応という言葉はいつ出てくるかな(^^♪

      返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ありがとうございます♪
      落ち武者バーですれ違っているようで他人ごととは思えません。
      ご存命の気がしますが、どちらにしても御霊が救われる日は近いと思います。

      返信
      1. あ*=franoma

        ハンガリー言語学者が《アスペ》ラベリング攻撃を開始して、奥方も[隠れ虐待]と心理操作、集団ストーカー行為の企画&実行をエンジョイされていた頃は、
        Ass…
        para…
        gas…
        と言っていたものですが、すっかりヤられて人生、終わりましたよ。

        https://franoma.info/初めから人格権を放棄させる自閉の悪用
        という短縮URLを作りました。
        神田橋医師が “自閉の利用” をスタートさせて、
        https://bit.ly/SaseboJiken
        を引き起こすベースを作りました。

        返信
          1. あ*=franoma

            “bio-spiritual” は “cultural” に括る和風の伝統(←日本は[孤立的]nation であり state ではない点、 “感官のあるJacobiの図” を描いて気づきましょう)を西洋白人や名誉白人になりたい人々に伝える必要があるでしょう。

            法哲学、科学哲学、宗教哲学の3つは外さないようにしましょう。

            科学哲学なしに科学は成立せず、
            宗教哲学なしに、比較宗教学は進められず、「なんちゃって宗教対立」から解放されることは不可能です。
            と拙ブログ記事に書きました。
            https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12646627808.html
            でも、全然、伝わっていません。

            “平家の首塚” で
            https://bit.ly/SaseboJiken
            では、遊びに来てくれた同級生を殺害して、その首を切り落としました。ところが、そのあと、[精神鑑定]をして “異常なし” という怖るべき[PTSD否認]です。

            https://bit.ly/CoalitionOfCults
            を認識することが不可欠です。

            idthatidさまが私から取る気の420万円なる金額は、
            実は新型コロナ jabで死ぬと4,420万円という空手形の端数と同じなのですね。どの道、因果関係は認められないのですから。

          2. 翠雨 投稿作成者

            先行中の裁判は、最初160万円で、2か月後60万円に減額され、2年後の現在、240万円に増額されましたよ。
            因果関係のない妄想のフリーサイズ性により【時価】となるようですが、妄想につきあわされるのは嫌ですね。
            私と遊ぶと高くついて(遊戯療法の象徴遊び)端金では済まないんですけど、いいのかな?

  2. ドラゴン

    おはようございます😃
    「因果関係のない妄想のフリーサイズ性」で、思い出した事を書かせてください。

    解離中によく起きるのですが、色んなフラッシュバック動画が同時に脳内を流れているんです。そうすると、全く異なるイベントのストーリー動画なのにそのストーリーの登場人物たちがいつのまにか関わりを持つ様になって、新しいストーリーの動画が出来る時もあるんです。たまに、それが現実に起こるのを目の前にすると自分が考える事が現実になってしまうという事に恐ろしさを感じてしまう事がよくありました。

    今はフラッシュバックが起きたとしても、多分、妄想は拡がらないと思います。たくさん、トラウマちゃんの事をお勉強させていただきましたので…..自信あります(笑)。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      現実に先行しているなら、それは統合に向かう治癒的な過程ではないかと…なんとなく想像しますが、いかがでしょう。
      現実認識から遠ざかる一方の妄想とは真逆のような。物事はどこまでも☯2種存在するようです。

      返信
  3. ドラゴン

    自分で言うのも何ですが、少なくとも自分は腹黒ではないという自負があります。宗教戦争の時も日本のお友達と確認し合いました。私たちが腹黒いのか?それとも相手が腹黒いのか?って…..結局、相手が自分たちの腹黒さを認めた様子で自ら消えていきました。

    上手く伝えられないのがモドカシイのですが、「因果関係のない妄想のフリーサイズ性」「腹黒さ」(特にお金目的)を持ち合わせてる人には「酷い孤独感」を癒したい欲求がある。だから、薬で現実逃避する。お話し出来そうなヒトを見かけると即座に境界線を乗り越えて侵入してくる癖があるみたいです。

    このブログ記事でパターンがわかった気がしました。
    すみません。支離滅裂な日本語ですが、ドラゴン🐲独自で解った気になってます。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      わかりますよ~というか、わかっていただいてありがとうございますと言いますか…😊

      その人の金銭感覚を投影してきているのだなぁと私も気づきました。
      それならその線で真っ黒なおなかに直接届くようにしてあげましょうと、こちらはイカ墨🦑パスタをいただきながら思います。

      返信
  4. あ*=franoma

    傍から失礼します。

    [スラップ訴訟]問題なのですね。
    noteを1つ拝読して、読者登録をしようと思ったら出来ないので断念しました。

    [人格権]問題が焦点ですね。

    返信
  5. あ*=franoma

    [T4]妄想を《優生思想》と詐称する件について:
    「頭お留守」状態は、個人の無意識も集合的無意識も感知できない状態を指します。そういう文系人たちが西洋白人ヒエラルキー維持&強化のために
    [T4]社会言語学を展開、
    [T4]医療を進め、
    [T4]妄想を《優生思想》と称し、
    我々を攻撃してきたのです。
    …と拙ブログ記事:
    『2021/05/22 いずれも[T4]問題』
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12675933455.html
    と書きました。
    iPhoneから送信

    返信
      1. あ*=franoma

        ①「個人の無意識も集合的無意識も感知できない文系人」に該当しているばかりでなく
        ② “証拠方法” がオカシイので[本人訴訟]しか出来ないのでしょう。それで、恫喝をやめてほしいなら[みかじめ料]を払えと argument(←discussionsではない)
        ③ネット検索のサジェストについてもアレ…
        https://franoma.info/堂々
        という短縮URLを作りました。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          このようにSNS上で誰彼となく八つ当たりするのも迷惑で充分コワいですが、②に至っては、訴訟テクニックではなく犯罪ではないかと私は思うのです。
          この方、訴訟制度を変えるかもしれないですね。

          返信
          1. あ*=franoma

            ②は[訴訟テクニック]ではなく[犯罪]と言えるのであれば、彼女が stalker犯罪者(Täterin=主犯)だという認識も広く社会で共有できるハズです。

            かつて拙ブログ記事のコメレスに書きました。

            “突撃SS隊員女子” acting out! ができる状態の御仁は、「着ぐるみ着て偽物の成功体験をし続ける期間」と言えますが、“ātman animated by soul” の soul を見失わずにいる(痛みを知っている)人格(←そこまで退行して治す child 人格)を攻撃性のある《交代人格》がガン無視しているからだと解釈されます。通常は、《保護人格》が出現して最悪の行動化を回避しようとしますが、彼女の場合には、保護人格が観察されません。なので、私は、彼女=攻撃性のある《交代人格》が(攻撃性が自分に向かわないように)S先生にスラップ訴訟をかけるのではないか?と予想していました。事実は私の予想を超えて、ストーカー犯罪者の自覚がないまま、ストーカー加害の victims を損害賠償訴訟で恫喝し、黙らせてしまえば “《なかったことにする》ストラテジー” で切り抜けられる…という更なる暴挙に出ました。日本の警察&司法は、アベ友の天下だということで、勝ち誇っておいでなのでしょう。救いがありません。

            añjali =ナマステ=合掌
            2020/10/26 05:39

          2. 翠雨 投稿作成者

            ②はそういう結論にしたいと考えています。

            良心は眠ったままで、活発な人格は、世間でいう正論を不規則発言として黙らせることを第一に考えて行動しています。
            私の息の根を止めなければならない理由はいずれ明らかになる(お楽しみに❣)として、名誉棄損の真実性(ストーカーか否か)の審理のカギを握る第一人者のS先生は目をつけられますね。

            『blackbox』国際的名誉棄損裁判で、アベ友天下の話は都市伝説と判明し、スラップ訴訟の被害者には、むしろ追い風ですよ。
            もともと劇団ひとりの脳内妄想だし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です