「泥棒映画」に心的感染して逮捕3回目の虎ノ門病院PTSD性依存症医師

東京都

多摩市の

住宅に窓ガラスを割って侵入し

現金を盗んで逮捕されたのは

ここまではありふれた事件

虎の門病院(東京都港区)の医師(31)

しかも

逮捕は3回目

学生時代に2回逮捕されている。

自己治癒はしないのがフツーということ

本人曰く原因は「泥棒映画」

好きな映画の真似

吉田戦車「伝染るんです。」DVD 第1巻 8月21日発売 !! - YouTube

PTSD治療を受けて治癒することが条件ですが

本当の意味での心療内科が向いてるかも。

絵に描いたような驚くばかりのニュースが

典型例を競うところがあるPTSD

本日PTSD案件イチオシでしょう。

多くの万引き同様

必要性もないのに

その物が必要だとか

お金がないとか

自己治療のために行うのが特徴です。

ただしクスリと同じ応急処置なので

犯行のたびに依存症が加速する。

こういうケースこそ

本人は職業上のストレスが原因と考え

職場は大人の発達障害と看做しているかもしれない

PTSD症状の1つ

いろんな芸術療法を行うのが

合理的で安上がりですよね。

「泥棒映画」に心的感染して逮捕3回目の虎ノ門病院PTSD性依存症医師」への24件のフィードバック

  1. ドラゴン

    Projection とIntrojectionのキャッチボールでお忙しい医師の内的世界が伺える事件ですね。
    学生時代にキチンと治しておけばよかったのに…..

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      注目ニュースは、昨日に続き医師でした。

      治すという発想がもうないのかもですね。
      当事者団体広告塔も、そんなこと言い始めてるみたいです。

      返信
      1. あ*=franoma

        傍から失礼します。

        「治すという発想がない」なら、治療ターゲットもない訳で、あるのは何か?
        ①人間関係の調整-自閉や沈黙を悪用して佐世保事件を引き起こす。
        https://bit.ly/SaseboJiken
        ②当人の[魂]と共にある[保護人格]を見つけ次第、殺害し、“《なかったことにする》ストラテジー” カルト方式で[死人に口なし]路線を推進する。
        この2つですね。

        《アスペ》医師の殺人事件は①②のコンビネーションによる[成果]と言えます。

        《アスペ》医師は、
        clinician なのに “clinical detachment” を徹底できず、
        [職業倫理]そっちのけで[殺人]事件を起こしてしまいました。

        返信
      2. 翠雨 投稿作成者

        検索してみると…

        こんなこと書いてました

        フロイトからして、こんなものでした。
        大昔の研究としては画期的であり、今の問題にまで責任を取らせるという話ではないですよ。
        ココ止まりの現在の得て公🐒がダメ🙅と言いたいだけです。

        そういう現状で、その進化系&最終貯蔵庫の本邦ユング派をつぶしにかかり、河合隼雄の長男(本家河合ジュニアは象徴使えない発達障害が増えていると驚愕の脱線&失速💦)みたいな頑固な存在(河合隼雄の書いた『臨床心理学の未来』を継承し研究&発信中)は、もう殺害するしかないと睨まれたという構図と理解しております。もちろん、納得はしておりません💦

        返信
  2. ドラゴン

    確かに。
    多くの断薬出来ない患者さんたちの中には、安定(鎮静)をキープ出来るのなら断薬する必要はないとまで言う人たちがいらっしゃいます。永遠の患者のまま一生を過ごすご様子を観ていてお気の毒と感じてしまうドラゴン🐲です。

    やばい。次のクラスが始まるw

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      選択は個人の自由ですが、「永遠の患者」は「永遠の野良患者」に移行することがありますからね。
      特に「信者化」すると社会的害悪となりますから、意見させていただきます♪

      返信
  3. あ*=franoma

    傍から失礼します。

    policyとphilosophy あってこそのローカル《風土》&《歴史的身体》があるので、University や《医療》は元々《ガバナンス》の対象ではあり得ない

    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12721137097.html
    と書きました。

    [医療ガバナンス学会]が
    clinician に “clinical detachment” を外すように誘導を行なうヤバい機能を果たすようになっています。組織の設計[思想]が間違えているのでしょう。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ですよね♪

      自由と自治が必須の学問です。
      得て公🐒公認心理師思想しか教えてはいけないらしいと空気を読んで、教育環境を劣化させることと、ナチス親衛隊はどこが違うのでしょう?
      医療も、国民皆保険(偽善のpolicy)にしたことで、そのあたりが捻じ曲げられて(policyから想像されるような幸福な医療になっていない)しまったわけです。
      philosophyの方も、得て公🐒心理師が仏教をアップデートするってツイートしちゃいますから…困ったものです💦
      そういえば、最初は、受験資格がないと当局からはじかれた(その後、受験可能になった)のでした。

      返信
      1. 翠雨 投稿作成者

        どこの世界でも同じみたいですが、見てる人は見てます♪

        そして歴史の判断♪

        返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      今でも、こんなこと真面目に書いてる…?
      もう笑うしかない最高のパロディ(^_-)-☆

      私はこんなに勉強や仕事が好きだったかな…とふと。
      自主的(本来的なボランティアの意味)な楽しみであって、勉強(勉めて強いる)になってないですしね(笑)

      返信
  4. あ*=franoma

    テリ造の絵、鑑賞会
    | kyupinの日記 気が向けば更新
    « 最初に挙げた「魔女見習い 2000年8月6日」は僕が最も気に入っている作品で、たぶん彼の最高傑作。

    この絵は、日常生活や思考の静寂さや停止を表現しているように見える。まるで時間が止まっているようだ。「ゼロのエネルギー」の発露が、そのまま絵の迫力になっている。

    間違いなくかなり病状が悪かった時期の作品。»
    https://ameblo.jp/kyupin/entry-11676189105.html
    [PTSDの世紀]になる直前の8月6日に描かれた絵だそうです。テリ造さんと kyupin 医師は友人関係で、お二人の共通点は、[核問題PTSD否認]です。テリ造さんは建築士として有能な御仁らしいのですが、原発事故があれば、首都圏はエラいことになるという普通の心配ができない人だと私は見ています。2011年311の後、都内の高層マンションで窓拭きをしたら、手がβ線焼けをした…というネット上の目撃証言をどのように受け止められたのか心配しました。私が心配しても何の足しにもなりませんけど。そういう私も福島原発事故の後、あちこち被害の様子を見て周り、何処かで脚をβ線焼けしました。重曹風呂に浸かり、馬油を塗って治しました。しま爺とかいう御仁や家庭教師L。と自称される人物からウソつき呼ばわりされ、首都圏でβ線焼けなどあり得ないと嘲笑されましたね。科学者としての真摯な目撃証言は、そうやって無視されます。それでもオーラルヒストリーを残し
    “We are witnesses of their fiendish brutalities!”
    と言います。

    三宅雪子さん元衆議院議員も赤木さん@近畿財務局も忘れません。
    《カルト連合》の犠牲者です。
    iPhoneから送信

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      デリ造さんの事例🖼を興味深く拝見しました。
      ざっと見ただけですが、概要が浮かび上がってきました。

      要するに、無意識だとしてもkyupin好みの絵を描いているうちに、悪化していったということでしょう。
      kyupinは、自分には心理学の知識がないと言いながら、肝心な【曼荼羅】解釈を根本から間違えています。クライエントはセラピストの反応に引きずられるので(ヒステリー性)、注意が必要です。kyupinの無意識も、それが根本原因であるとわかっているから、こういうまとめ方にしたのでしょう。件の夢同様、kyupinの表現のおもしろいところです。

      そんなつもりはなくてもセラピストの役割をしていたようで、セラピストと「友人」になってはいけないという基本をわかりやすく教えてくれる事例です。

      コロナ騒動の予兆については、ちょっと危機感を持っているというようなことを書いてから、2年間更新が途絶えてますね。
      本当の【ゼロ】が起きて、kyupinを離れて再生中なのでしょうか。今でも関わりがあるのでしょうか。

      コロナ騒動は首都圏の安全問題についてもないこと(否認から忘却へ)にしてしまいましたが、どうなっているのでしょうね。

      三宅雪子さんは、何を見たのでしょうか。
      医療や裁判所のアドバイスを素直に受けてしまったので、素面の赤木さんほどには情報が残っていません。
      ただでさえ隠蔽されるのですから、クスリを呑んでいる場合じゃないです。

      医者との無自覚な関わりは、薬害という表面的な問題(これとて大変な社会問題ですが)以前に、根本的に予後を決めるということが、よくわかりました。

      返信
  5. ドラゴン

    私も今の学びが勉めて強いられて無く、知りたくて仕方ないので、面白くて仕方ない感覚で一杯です。
    英国とこちらのサイトのパラレルで楽しみながら学べるの事が出来るのはかなりラッキー🤞かもしてませんね。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      探してもみつからないもので、不思議なご縁です♪
      牛🐄の図みたいな話かな。

      返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          間違えました💦💦💦
          画彙(? 普通は語彙)の少なさの問題(笑)

          🐂こちらが近いかな?
          私になじみが深いのはバッファロー(水牛)系で、もうちょっと迫力がある♪

          返信
          1. ドラゴン

            バッファローって実際の大きさは普通の牛よりもかなりデカいですよね。
            多分、バッファローの背中にまたぐのは難しいと思うけど….

            ハイスクールの音楽の先生の髪型がバッファローみたいだったのを思い出しました。

          2. 翠雨 投稿作成者

            龍に乗るようなイメージでしょうね。

            80'sを代表するファンタジーアドベンチャーの傑作『ネバー ...

            もしかしたら、当時の髪型のイメージは似てたりして♪

          3. あ*=franoma

            愚息も🐃水牛🐃に乗って
            水辺をウロウロしています。

            You had made me
            You don’t know me
            It’s my life!
            と幼児期の豚児は言い…
            オヤジは、ハッとした模様で。

          4. 翠雨 投稿作成者

            アフリカの動物と共に育ったフランス人の女の子「ティッピ(Tippi ...

            アフリカの動物と共に育ったフランス人の女の子「ティッピ(Tippi ...

            アフリカの動物と共に育ったフランス人の女の子「ティッピ(Tippi ...

            私のイメージも野生児らしく…。
            日本国籍はあるのですが、重度の発達障害(日本で教育を受けたとは考えられない)でT4対象となり

            手におえない子 (1981年) | A.アイヒホルン, 三沢 泰太郎 |本 ...

            人権(表現の自由)は認められないとのことです💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です