重症薬物依存症(PTSD)が執行猶予されるには

いわゆる違法薬物によるキメ顔の標本になりそうな症例で

逮捕直前まで

異様な写真を自身のインスタグラムでご自慢ですから

かなりの解離度

二度目の逮捕ですが

執行猶予がついたのは

本人の深い「後悔」と周囲の「支援」によるそうです。

裁判官は

「違法行為に対する抵抗感がさほどあったと思われず

(薬物を)簡単に断ち切れるかどうか不安がないわけではない」としながらも

比較的軽い判決となった理由をこう語っている。

「(田中被告は)相当後悔している。

父や家族の支援もある。

本人の『二度と手を出さない』という言葉を信じたい」

Amazon - 阿闍世王物語 | ひろ さちや |本 | 通販

アジャセコンプレックスの国ですから

難病が治癒する場合は(奇跡的に有難い確率)

アジャセ王の場合は流注=出自トラウマ由来の解離性疾患

本人に起こるこころからの後悔と

信じたいとの

祈るような気持ちが魔術的に奏功するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。