でっちあげ【発達障害】」カテゴリーアーカイブ

『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』刊行100年に心療内科医による嘱託殺人サイト

嘱託殺人事件が話題になっていますが

今年は

『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』が

ドイツの刑法学者と

精神科医の共著で

ナチス安楽死思想の原典

刊行100年を迎えるのだそうです。

「自殺に限定されるべきか。

それとも

他殺へと法的に拡大されるべきか

また

その場合には

どの程度の範囲までか」と

勝手に問いかけはじめ

「安楽死は許されるのか

もし許されるとしたら

どの範囲までか」

頭の中で考えるのは自由だとしても

「疾病または重傷ゆえに

助かる見込みのない絶望的な状態」から

「治療不能な知的障害者」との持論を拡大

出版されたものですから

普通は

本に書いてあるからと実行しませんが…

経済的

トラウマとか傾聴とかないことにして

薬でコントロール

コンサータ

人道的な理由づけが当たり前のようになされだし

学校で集団行動できないとか

医療機関でトラウマの話などして

時間をつかうのは

迷惑なので

薬でコントロール

向精神薬

植松聖植松聖被告

自殺サイト

心療内科医が自殺サイト開設

(法律家や心理職も見てるだけ~だったらしい)

自殺サイト

これも医者2人の共著でした。

先走りして

為政者に

頭をなでてもらおうとしている節がある。

逮捕される専門家が出てきたわけですね。

目先の利益で

馬車馬のように行動するのではなく

足元を点検する時でしょう。

公認心理師

公認心理師

精神保健福祉士 ~心療内科医設立の自殺サイト事件についての意見書

自殺サイトの医師の事件には

「尊厳死」議論は重要ですが

自らの自殺願望を【置き換え】で充足させた

メサイアコンプレックスである

この事件は別次元の問題

仰天するばかりですが

元国会議員の妻が

急遽立ち上げたアメブロや

自宅で行った会見の内容に

違和感をもつ人が多いようです。

夫が心療内科医でもありながら

精神保健指定医

自殺サイトを運営し実行したのも驚きですが

妻は

社会福祉士

精神保健福祉士

保育士の資格を持ち

厚生労働省の老人保健健康増進等事業において

主任研究員として

主に介護福祉分野ではありますが

研究業績があります。

こころの専門家なのに

一般に(私は反対の立場です)

心理職を目指す人は

臨床心理士と公認心理師のほかに

精神保健福祉士の取得を考えるようです。

なぜ

夫はアスペルガーで

叱っても言うことをきかず

子どもの話をしているように聞こえる。

こんなことになったので

離婚すると

「やめる」との表現は重要と感じた。

笑いながら言えるのかというのが

躁的防衛ではない。

違和感の正体だと思うのですが

考えてみれば

このような説明が

今の精神医療の常識なんですよね。

発達障害が流行っていることになっているし

DSM5にすらない

アスペルガーという言葉も普通に使われる。

薬物療法が主流で

自殺願望も生まれやすく

問題がこじれる。

自殺サイト

家庭での

認知行動療法もどきの療育がせいぜいです。

アメブロには

子どものことをこんな風に

面白おかしく揶揄するお母さんの記事があふれています。

元国会議員の妻のような専門家に

かぶれたのでしょう。

常識ですから

悪気なく

堂々と

専門家らしく責任を果たすべく

説明されただけなんですね。

事件により

このギョーカイの専門家の資質について

これでよいのですかと

問われています。

自殺サイト

医師による嘱託殺人もアスペルガーとの誤診からのPTSD解離犯罪

自殺サイト運営医師の事件ですが自殺サイト

妻が会見し

成人後にアスペルガー障害と診断され

何でも病気にする

DSM5にすらない診断名

「自殺未遂繰り返していた」挙句の犯行と

判明しました。

大人の発達障害の見立てと心理療法 (こころの未来選書) | 河合 俊雄 ...

発達障害と誤診されると

自傷他害のリスクが高まるということです。

発達障害の流行と支援学校の今 ~京都でも母親が高2長男PTSD解離絞殺で逮捕

京都市で

高校生の長男の首をしめて

殺害したとして

52歳の母親が逮捕されました。

長男は支援学校に通っているのですが

早期発見・早期療養しないと

大変なことになると

スクールカウンセラーに

手続きを急かされた人が多いのですが

ちゃんと支援されている?

「自宅で物を投げ、暴れて困る」ので

警察に相談しますが

DV・ストーカー対策でおなじみの

生活安全課は仕事してる?

「介護に疲れた」ので

暴力に耐えることを介護と

教えられたのでしょうか。

無理心中しようと思い

「寝ている息子の首をベルトでしめて殺した」後

自らの首を切り

自宅とは別のマンションの6階から飛び降りようとしたところ

管理人に発見され

未遂に終わったのでした。

ニュースのタイトルは

母親が自分の子どもを殺害したというものですが

元農水省事務次官の悲劇と同じです。

京都駅の「0番ホーム」はよく知られていますが

京都駅のミステリー。0番線があったり、14番線の次が30番線って ...

韓国籍のままというところから

気概がある人たちがいた。

おばあちゃんが若かった

0番地の時代のいろんなことが

背景にあるかもしれませんが

土着の日本人の

しかもエリートでも

解決が容易ではない問題

映画「パッチギ!」 | WEB KAY

WAISとかDSM5

行動療法しか頭にない心理支援では

そういうのは関係ないですね。

発達障害への心理療法的アプローチ (こころの未来選書) | 河合俊雄 ...

山下清の吃音(PTSD)

本日は

山下清の命日です。

「裸の大将 芦屋...」の画像検索結果

興行的な大成功のために

放浪できなくなってしまい

長生きできませんでした。

眼底出血で倒れ

療養中の49歳のとき

脳出血で永眠

知的障害ということになっていましたが

最近は記憶力の高さや

放浪中は

絵も日記も書かず

思い出して書いた。

几帳面さ

芸術性から

「アスペルガー症候群」「サヴァン症候群」「自閉症」等

情緒障害性が注目されるようになりました。

とはいっても

発達障害で

薬漬けコースの見立てだと思いますが…

映画のイメージは

本人が戸惑うほど実像とかけ離れていたようですが

のちに合わせて便乗

「吃音」の誇張は重要のようです。

ただし本人曰く「そんなにどもっていない…」

「裸の大将」の画像検索結果

3歳の時に

風邪から

消化不良を起こして

高熱が出て

2か月ほど歩けなくなったあとに

死ぬかと思ったのですね。

のちに「水に溺れた」時の絵があるのも印象的です。

後遺症として

「言語障害」「知的障害」が起きたとされていますが

母親によると

どもるようになり

言語障害の実際

そのことでいじめられるようになったので

友達と遊ばず虫の観察や描画ばかりの生活になり

DSM学者によれば「自閉」化が加速

独特の性格が形成され

人間関係や常識を学べない。

ますますいじめられるようになったようです。

10歳で父親が他界すると成績が悪くなり

それまでは普通知能

酒乱のDV養父が来てからは急降下します。

臆病なのに

こころが凍りついていたのか

DVについては淡々と言語化

学校での集団いじめもひどくなり

家でも学校でも暴力を受ける。

爆発的な衝動性が出るようになりますが

誰も助けてくれない。

言葉では勝てないので

「ナイフ」を持ち出すようになり

年に5.6回となると

非行少年扱いですね。

施設に入所し

「貼り絵」と出会ったのでした。

たくさんの作品がありますが

「花火」がよくとりあげられるのは

爆発性の昇華かもしれないですね。

しかし

圧力は内向し

高血圧

極端な臆病については

戦争が怖いので

耳が聞こえないフリ・目が見えないフリで

徴兵逃れをしようとしたところからも

発達障害ではなかったと考えられている。

生涯消えなかったようです。

【大阪府立こんごう福祉センター】支援員(56)をカッターで脅し監禁してまで逃亡したかった知的障碍者(17)の言い分が聴こえて哀しくなる。

大阪府

富田林市の

障害者支援施設で

知的障害のある入所者の少年(17)が

カッターナイフで職員を脅し

カッターナイフ

ビニールテープで体を縛り

施設外に出るための鍵を奪って

拉致監禁

逃走した事件で

大阪府警は

7日

府内で少年を発見し

逮捕監禁容疑で逮捕しました。

 

なんかドラマみたいなお話ですが

知的障碍者は

そんなことはしないものなので

逮捕された少年は

一連の誤診&薬漬けキャンペーンの被害児なのでしょう。

ナチスのT4作戦のように

子どもが手あたり次第

発達障碍児扱いされてきた。

発達障害早期発見「コンサータ」

ADHDはうそでした

誰が見ても茶番!

下請けは

臨床心理士から

公認心理師にバトンタッチ

エテ公

気づかないふりして真面目に茶番!

公認心理師

 

 

 

 

 

間違った対応により

抑圧させられてきたトラウマが正体を現したので

何とか正しく治療されようと

機を覗っているもの

認知行動療法

認知行動療法の元となった

パブロフの犬の実験でも

たくさんの犬が逃げ出しました。

まことしやかに常識のように語られているのは

ゆでガエルのような被検犬の検査結果です。

認知行動療法

発達障害の着ぐるみ

本格的な治療が

警察から始まります。

取り調べがインテーク面接

矯正施設で元黙阿弥となりませんように。

こんな悲劇を聞かされるのはもうたくさんです。

【人身事故】近鉄南大阪線はPTSD解離自殺で遅延中

22:45頃

 上ノ太子~二上山駅間で発生した

 人身事故の影響で

 近鉄南大阪線は

 古市~尺土駅間の運転を見合わせています。

PTSD解離自殺が続くのに

何もしないことこそが

エテ公(公認心理師)の真似?

猿🐒の猿🐒真似?

異常事態です。

資格取得のためなら

子どもたちを薬漬けにしてもかまわない人たち

「ADHD架空」の画像検索結果

「何もかも嫌に」子どもを監禁し外出の父親(21)が逮捕されるまでのPTSD予防教育

長女(2)と次男(1)を

自宅に監禁したとして

寝室の引き戸に

外側からテープを貼るなどして

外に出られなくした上で

置き去りにして外出

茨城県

古河市の

父親(21)が

逮捕されました。

容疑を認め

「何もかも嫌になった」と話しているそうです。

妻が

「夫と連絡が取れない。子どもが心配」と

通報して発覚

長女と次男にけがや

衰弱している様子などがなくて

不幸中の幸いですが

「育児放棄死亡大...」の画像検索結果「育児放棄死亡お...」の画像検索結果

懲役30年で服役中

無職で

7歳の長男を筆頭に3人の子どもの父親という重圧は

21歳には重すぎたのでしょう。

スクールカウンセラーが増えれば増えるほど

虐待の負の連鎖がひどくなります。

話も聞かず

学校内のいじめにも加担して

被害者を病気扱いし

クスリでコントロールが常識

「コンサータ」の画像検索結果

数日の監禁よりはるかに罪深い。

「むかし こども...」の画像検索結果「こどもひも」の画像検索結果

感覚がおかしくなったのは

発達障害だからでしょうか?

人身事故ならスルー置き石なら児相案件になる小学生のPTSD

千葉県

鴨川市の

JR外房線で

5月

普通電車の先頭車両が

脱線した事故で

現場近くのレール上に

置き石をした

小学生の男児(10)が

児童相談所に書類送致されました。

なかなか気づいてもらえなくて

子どもの非行はサインなんですよね。

回を重ねるごとに

石の数が増えていったそうで

「実験で置いた」という趣旨の話をし

実験に失敗した博士のイラスト

発達障害でっち上げ等

変な実験結果を

大いばりで学会発表する

専門家に関する実験

反省しているそうです。

反省すべきは専門家でしょう。

おそらくは

この男児の行動も

理不尽な環境で苦しんだ果てのものと

推測されますが

無反省なスクールカウンセラーより

考える力があります。

近所の住民が

立ち去るのを目撃していたのは

「結愛」の画像検索結果

いじめ殺人事件と同じ構造です。

連日の人身事故では迷惑がられるだけだから

古典的な置き石を選んだのでしょう。

ここで気づき

きちんとPTSD治療を受けさせることができる

国なのかどうかが問われています。

「密です」で完成するコロナ騒動PTSD予防の象徴

コロナ騒動は

武漢発信の

よくわからない恐怖イメージとして現れ

「武漢恐怖」の画像検索結果

すでに収束

横文字をつかって状況説明されてきましたが

「オーバーシュー...」の画像検索結果

未曾有の不安で飛び出した?

思わず発せられた

「密です」は好評で

イラストやゲームまで登場しています。

イメージとして集団心理療法

「密です」の画像検索結果

「密です」の画像検索結果

「密です」の画像検索結果

商業言語学の専門家は

「『密』は『親密』や『連絡を密にする』というように

良い意味で使われてきたが

それと真逆のメッセージが短く伝えられ

面白い、びっくりしたという反応が

ネットに表れたのではないか」

陰陽☯のツボにはまっていた。

「わかりやすくつたわり」

「密は

今年を象徴する一文字」と分析しています。

物事を解決するための象徴形成

ちなみに

「象徴がつかえない発達障害」と

PTSDを不治の病認定した虐待が

一連のこの騒動

「大人の発達障害...」の画像検索結果

ヘンな常識発信した学会も学校もリセット中

「3密」というのも偶然ですが

「3」ですね。

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

大事なことは無意識で起こる。

古事記の時代から変わらない

PTSD予防哲学があります。

密です