でっちあげ【発達障害】」カテゴリーアーカイブ

『鬼滅の刃』児童虐待PTSDから個性化の過程を歩む

『鬼滅の刃』では

DVや虐待の被害から

『累が淵』のような

恐ろしい疑似家族にからめとられる人がいれば

ドラキュラ負の連鎖コース

鬼殺隊のような

理想的な集団に発見される人がいることを

自己実現=個性化の過程を歩むコース

教えてくれます。

十干

カナヲという剣士は

親は名前すらつけなかった。

児童虐待児で

生き延びるために視力が異常に発達し

自閉症とかサヴァン症候群と呼ばれるタイプあるある

これが自己実現の武器となる。

十干

感覚を麻痺させていたので

【解離】

十干

親に売られそうになった時も

辛いとか怖いとか悲しいとか

寄宿舎や軍隊が楽しかったという人いますね。

感じなかったと言います。

運よく

通りかかった鬼殺隊に助けてもらい

過酷な訓練を受けて指導者になった今も

虐待されていた後遺症で

指示がなければ

指示待ちの子どもって流行りましたね。

自分で考えて動くことができず

発達の凹凸の実際

何でもコインを投げて決めます。

教えたのはカナエ

十干の庚(金の兄)辛(金の弟)の姉妹版みたい。

栗花落カナヲ

カナエは

「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。

いつか好きな男の子でもできたら

カナヲだって変わるわよ。」と考えていて

主人公は

コインを借りて

そんな日が来るか占い

どちらが出たか不安に思うカナヲに

「裏が出ても何度でも投げるつもりだった」と言います。

心理検査も筮竹の答えも

今現在についての指標だから

あきらめなければ変えることができる。

信じるものではなく

凝り固まった気分を開放するために行うもの

エテ公🐒心理士の所見はこうならないでしょうが

私は政府非公認の鬼殺隊の考え方に賛同します。

アスペルガーのような『狼に育てられた子』も『鬼滅の刃』でPTSD克服目指す

社会現象になっている『鬼滅の刃』

心理療法の極意満載です。

正しいPTSD予防の道に入る場合もあれば

主人公のように

正気を保ったまま【鬼滅隊】に導かれ修行する。

発症しても進行をゆっくりにすることも可能

主人公の妹

加害者型PTSDに転じても

少量の血を合法的に手に入れながら

トラウマを異熟させた術を使って(個性化)

被害者支援する女医

そこから回復の途を探す可能性も拓かれていることを

教えてくれています。

だから人気があるのでしょう。

イノシシの被り物の人は

粗野にして粗暴・極めて野卑なのは

乳児期に母親に捨てられて山の中で猪に育てられたから。

手づかみで食べるのは仕方ないとして

無力な少女を足蹴にし

屍の埋葬の意図を理解できず

清めの切り火を威嚇と思って激怒する。

心理学の教科書に出てくる

発達障害と情緒障害を区別するようにと教える章です。

アスペルガー

後日談があり

すべてが真実とは言えないところはあるようですが

母性をもらえなかっただけで

(生きる気力が損なわれる)

長生きできなかったことは重い事実です。

『狼に育てられた子』を連想させます。

狼に育てられたレベルでもないのに

不治と思い込むのは間違いです。

人間には集合的無意識というものがあり

温故知新で

更新されてゆく意識がありますから

自分と境遇の似た『狼に育てられた子』のようにならないように

「猪突猛進!猪突猛進!」とバカの一つ覚えのように

誰にでも

迷惑千万ではありますが

人に迷惑をかけないと生きていけないのが

人間なので

最初はお互いさまです。

無骨にぶつかってゆくキャラクターなのでしょう。

ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる!で

難関の鬼滅隊に入隊し

主人公のような人にも遭遇でき

傷の治療を受ける際に

女医に転移を起こし

トラウマを癒す際の重要人物と二重写しになる。

記憶の奥底にわずかに残っていた

母親の面影がフラッシュバックするようにもなりました。

特別支援学校に通う13歳男子生徒が地下鉄でPTSD解離自殺~早期発見早期療育の嘘

9日夜

大阪市の地下鉄で電車と接触し死亡したのは

市内の特別支援学校に通う

13歳の中学生でした。

駅のホームから

北に500メートルほど離れた線路上を歩いていたとのことで

運転士も驚いたと思います。

日本は

若い人の死因第一が自殺という

きわめて不名誉な国ですが

PTSD児に適切な心理療法を受けさせず

発達障害ということにして隔離し

薬漬けにして絶望させてしまうような

療育ですらない。

妙な常識が

社会的に病んでいる。

病巣にあることは間違いありません。

防犯カメラの映像もあるようですから

ホームから降りて歩いている様子等

しっかり観察し

13年間の心理分析をしっかり行うことで

このようなことが二度と起きないようにすべきでしょう。

エテ公

ネックはエテ公🐒ですね。

公認心理師のお仕事と代理ミュンヒハウゼン症候群との違い

今年の2月から3月にかけて

大阪市内の病院に

入院中の

生後2カ月の長男に

血液を飲ませ嘔吐させることを

20回以上繰り返していた

母親(23)が逮捕されました。

 

長男は

母親がいる時に限り嘔吐していて

発覚はすべて母親からの申告によるものだったので

病院が

「代理ミュンヒハウゼン症候群」と気づき

子どもを傷つけて面倒を見ることで

注目をあびようとする

児童虐待の一種

公認心理師公認心理師

警察に通報したものです。

 

2010年に

京都の病院で

代理ミュンヒハウゼン症候群と診断された母親が

入院中の娘3人の点滴に

水などを混ぜて死傷させた事件のように

懲役10年の実刑判決

巧みに嘘をついたりするので

多重人格性がある。

かなり重篤な状態になって発覚することが多いなか

男児の命に別状がなかったことだけが幸いです。

 

逮捕者はでないと思いますが

公認心理師との

大学教育を受けて知識はあるが

保身のため

魂を売って流行の資格に便乗🏄

違いについて問う問題は

【代理ミュンヒハウゼン症候群】の心理に関するのはどれか。2つ選べ。

1.母親が子どもにインフルエンザの予防ワクチンを接種させない。

2.母親が子どもに向精神薬を飲ませ

「ラリって宇宙人みたいでかわいい」とブログに投稿する。

3.公認心理師が患者さんのために標準治療の手伝いをする。

4.ベジタリアンの母親が子どもに野菜ばかり食べさせる。

5.アルコール依存症の父親が子どもと飲酒する。

次回の国家試験の出題として

なかなかだと思うのですが

自画自賛かな?

 

TikTokでのベナドリル・チャレンジで15歳少女死亡 ~発達障害ブログにも規制を!

TikTokで流行っている

ベナドリル・チャレンジ

(Benadryl Challenge)で

花粉症などのアレルギー症状を緩和する

抗ヒスタミン薬である

ベナドリルを大量に飲んで自撮りする

幻覚をおこした自分の姿を

TikTokに投稿しようとした

オクラホマ州の

ハイスクールに通う女の子(15歳)が

命を落とすという

痛ましい事故が起こりました。

「一気飲み」や

イッキ飲みがいけない理由を教えてください 血中アルコール濃度が ...イッキ飲みの強要 | 一般民事・商事・家事事件 | 鳥取市の弁護士・法律 ...

こういう便乗犯的な広告も

砂糖なので

本当は危険なのですよ。

ポッカ/篠原信一さんが高校生役で登場、「がぶ飲み」シリーズ限定動画 ...

「アイスバケツチャレンジ」なんてのも流行りましたが

昨年話題になった「アイス・バケツ・チャレンジ」 今年はどうなの?

形を変え

だんだん危険になってきているようです。

ヒステリー心性を悪用して

滅私奉公志願

人を踊らせ

何らかの利益を得ようとする輩がいるわけです。

子どもに覚せい剤飲ませて

コンサータの効果と副作用・うちの場合 | 散らかる頭の中をスッキリ ...

面白おかしく投稿する

親による人権蹂躙・心身や脳への傷害

毒親ブログもやめさせるべきだと思いますよ。

PTSDの墓場的見立て「先天的に運が悪い人たち」「サイコパス」

前記事ですが

早速

子どもでも厳罰を!という書き込みが目立ちます。

世界=敵(誰も理解してくれない)となっている少年にとって

逮捕で

医療に逆送され(やりなおし!と言ってもらえ)

集合的な悪意から

保護される部分はありそうです。

本来は「補導」でしょう。

理由は

先天的な病気だからということのようですが

治らないのだから

ただ公平に罰を与えることしかできない。

運命という見方も

トラウマがあると

認知の歪みは不治で

必ず負の連鎖は起こすものだし

(偽の神話を生きている)

迷惑をかけても仕方がないと妄信する専門家も

この範疇

T4的で

絶望的な「見立て」だと思います。

そこで

ALS殺人事件を起こされた妻の考え方が

PTSD誤診発達障害のトリセツ的

一般論のようなので

ちょっと考察してみようと思いました。

「夫は

アスペルガー症候群を持って生まれ

父親はギャンブル依存症

母のパート代で暮らす生活には余裕がなく

自尊感情を培うことができていない。

学校では

肥溜めに落とされるほどの激しいいじめにあい

スポーツはまるでできず

もくもくと勉強することで現実から逃げていたときいている。

だけど

奨学金もらって医学部卒業し

医者になって

家庭ももち家もクリニックももった。

生まれ育った環境はかえられなくても

おとなになってからの努力で

見た目克服できていたはずなのに。

虐待を受けた成育歴

アスペルガー障害と二次うつを抱えて生きる反動から

安楽死を肯定する持論を持っていた夫。

持論を主張するときには

高揚感を感じていたようだ。

ただここまでならよくある話。

そこでたまたま林さんと出会ってしまい

段取りをつけて共謀してくれる山本氏と出会ってしまうという運が重なり

事件は起きてしまった。

私はソーシャルワーカーとして

何らかの理由で

社会的に弱い立場に陥ってしまう方々と接する機会が多いのだが

彼らは総じて運が悪い。

自尊感情の低さ

自信のなさってのは

悪運を引き寄せがちなのだ」とのことで

流石に元国会議員で

そつがなく

世間で常識的とされる専門家の意見が

『アンサングシンデレラ』では

豊田真由子議員風の国会議員の症状の

病巣となっていることが映し出され

ピンポイント治療された。

端的に書かれています。

PTSDを発症している人は

どこかでトラウマ話をしているものだし

専門家も小耳にはさんでいることが多いようです。

そして

あんまり書くことがないから

上げ底のように文章のどこかに書いてあります。

精神分析によると

沖縄の拝み屋さんも同じ思想

傷ついたひとはその時代に立ち返って

考え直す必要があるのですが

肛門期

人が戸惑うようなヘンなことを言うのが楽しい時期があって

うんちでお母さんの気持ちをコントロールすることも

難しくなったころ

大人になっても

つらいとき

それを思い出して

無法地帯をつくると

暴走族は

道路が王国

警察をコケにして遊び

ストーカーは

裁判官からかい

岡口基一

弁護士コケにしながら裁判所遊び

岡口基一

麻薬なんかよりトラウマに効くことを覚える場合があります。

普通は

そんなへんな駆け引きなんてしなくても

楽しい遊びがたくさんあります。

はた目にはただのヘンな人なのですが

弄便は

粘土遊びにすると

衛生的で

時空を超えて生産的なのですが…

それを聴いてくれるひとを探したり

聴いてもらえる程度に加工したりします。

そういうことに気づかれているのは

なかなかだと思いました。

しかし

あとは

結局「運」

運と言っても

いろんな解釈がありますが

運命は

運を移動させるだけの話

宿命は

トラウマのように宿った運で

天才が咲く種かもしれない。

吹き溜まりのような運なのですね。

そういう思想で包囲されていることを

認めたくないという孤独な抵抗は正しく

最後の砦で

金閣寺に象徴されるものを否定するために

金閣寺を放火し

内なる万能感の確認で高揚したように

思想を実行に移すと同時に

自分がT4の主導権を握ったと勘違いしたのではないかと

批判され孤立しつつ核実験を続けるイメージ?

妄想していたら

福岡での事件が起きたのでした。

なにはともあれ

生まれつきの欠陥なんて言い方は

人道的な罪だと思います。

更生保護施設から脱走の少年が福岡で無差別殺人事件 ~もう発達障害茶番治療はやめましょう

少年院から

更生保護施設に移動した翌日に

少年院や刑務所を出たものの

頼る人がいない人などの

社会復帰を支えるための施設

失踪していた少年(15)は

「住所不詳で

自称15歳の無職」との報道

28日夜

福岡市中央区にある

大型商業施設

「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」の

女性トイレで

無差別殺人事件を起こして

面識のない

客として通りかかっただけの

事務アルバイト女性(21)を惨殺

逮捕されました。

司法を通して

また医療に逆送ですね。

ストーカー治療

DV/ストーカーの軽犯罪と構造的には同じ

少年が意味不明のことを話していることが

特筆されていますから

おそらくは

家庭問題でPTSDを発症したものの

まだ15歳なのに

帰る家も家庭もない。

流行りの「発達障害」系診断で

無理やり一丁上がり!にされ

標準治療は

麻薬を使った

きわめて杜撰な突貫工事

傾聴

ロジャーズの時代に

反省文を書かせると再発するという

反省があったのに学習効果のない業界

社会に放り出される恐怖から

PTSD解離遁走したのでしょう。

発達障害標準治療

近くの長崎・佐世保では

文武両道の優等生が

この理不尽な問題に巻き込まれましたが

その優秀な知能をもってしても

父親が有能弁護士でも

PTSD否認ならば同じで自殺しました。

壊れかけていた家庭を

破滅させたのは「何」でしょう?

どうすることもできず

児相と主治医がたらいまわしにしているうちに

異例の「児相逆送」

殺人事件を起こしてしまいました。

心理療法ごっこは

もうやめましょう。

ユング心理学

公認心理師

市川市役所で発達障害支援の【偽】臨床心理士(43)逮捕

臨床心理士の資格があると偽って

市川市に勤務していた

非常勤職員(43)が

7月に

偽造有印私文書行使

8月に

詐欺容疑で

逮捕されています。

ホンモノの証明書に

自分の顔写真を貼るなど偽装して

発達支援課にもぐりこみ

発達に課題がある未就学児とその家族への

相談業務もしていたそうです。

採用時に

猿でも取れる

取得を【得て公🐒】と呼ぶ。

公認心理師が国家資格になっていれば

2014年採用らしい。

犯罪を犯さなくて済んだかもしれませんね。

理由にはなりませんが…

ところで

臨床心理学は正しく学んでいたのでしょうか?

市川市

こういうのいるから…\(◎o◎)/!

『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』刊行100年に心療内科医による嘱託殺人サイト

嘱託殺人事件が話題になっていますが

今年は

『生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁』が

ドイツの刑法学者と

精神科医の共著で

ナチス安楽死思想の原典

刊行100年を迎えるのだそうです。

「自殺に限定されるべきか。

それとも

他殺へと法的に拡大されるべきか

また

その場合には

どの程度の範囲までか」と

勝手に問いかけはじめ

「安楽死は許されるのか

もし許されるとしたら

どの範囲までか」

頭の中で考えるのは自由だとしても

「疾病または重傷ゆえに

助かる見込みのない絶望的な状態」から

「治療不能な知的障害者」との持論を拡大

出版されたものですから

普通は

本に書いてあるからと実行しませんが…

経済的

トラウマとか傾聴とかないことにして

薬でコントロール

コンサータ

人道的な理由づけが当たり前のようになされだし

学校で集団行動できないとか

医療機関でトラウマの話などして

時間をつかうのは

迷惑なので

薬でコントロール

向精神薬

植松聖植松聖被告

自殺サイト

心療内科医が自殺サイト開設

(法律家や心理職も見てるだけ~だったらしい)

自殺サイト

これも医者2人の共著でした。

先走りして

為政者に

頭をなでてもらおうとしている節がある。

逮捕される専門家が出てきたわけですね。

目先の利益で

馬車馬のように行動するのではなく

足元を点検する時でしょう。

公認心理師

公認心理師

精神保健福祉士 ~心療内科医設立の自殺サイト事件についての意見書

自殺サイトの医師の事件には

「尊厳死」議論は重要ですが

自らの自殺願望を【置き換え】で充足させた

メサイアコンプレックスである

この事件は別次元の問題

仰天するばかりですが

元国会議員の妻が

急遽立ち上げたアメブロや

自宅で行った会見の内容に

違和感をもつ人が多いようです。

夫が心療内科医でもありながら

精神保健指定医

自殺サイトを運営し実行したのも驚きですが

妻は

社会福祉士

精神保健福祉士

保育士の資格を持ち

厚生労働省の老人保健健康増進等事業において

主任研究員として

主に介護福祉分野ではありますが

研究業績があります。

こころの専門家なのに

一般に(私は反対の立場です)

心理職を目指す人は

臨床心理士と公認心理師のほかに

精神保健福祉士の取得を考えるようです。

なぜ

夫はアスペルガーで

叱っても言うことをきかず

子どもの話をしているように聞こえる。

こんなことになったので

離婚すると

「やめる」との表現は重要と感じた。

笑いながら言えるのかというのが

躁的防衛ではない。

違和感の正体だと思うのですが

考えてみれば

このような説明が

今の精神医療の常識なんですよね。

発達障害が流行っていることになっているし

DSM5にすらない

アスペルガーという言葉も普通に使われる。

薬物療法が主流で

自殺願望も生まれやすく

問題がこじれる。

自殺サイト

家庭での

認知行動療法もどきの療育がせいぜいです。

アメブロには

子どものことをこんな風に

面白おかしく揶揄するお母さんの記事があふれています。

元国会議員の妻のような専門家に

かぶれたのでしょう。

常識ですから

悪気なく

堂々と

専門家らしく責任を果たすべく

説明されただけなんですね。

事件により

このギョーカイの専門家の資質について

これでよいのですかと

問われています。

自殺サイト