パラケルスス」カテゴリーアーカイブ

『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』空海がコロナPTSDを斬る

昨日は

空海の誕生日(推定)だったそうです。

空海はシャーマン性で人気のあるお坊さんですが

お大師さんと親しまれる。

Amazon | 空海―KU-KAI―美しき王妃の謎 [DVD] | 映画

日中合作のこの映画は

ビジュアル的にも素晴らしく

世界の中心(中華)であった

中国のマンダラが花開く

黄金の華の秘密 新装版 | Jung, Carl Gustav, Wilhelm, Richard ...

ユングもこの映画のような世界を観たのかも…

夢枕獏の

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫) | 夢枕 獏, 森 美夏 ...

空海イメージが

史実ではない架空☯において

こころの真実が適示されるという事実

PTSD法師なのが興味深いです。

パラケルススのような存在

心理職はなくて

医師・天文学者

・占い師・シャーマン(宗教家)が分化していない時代

当然、今の心理療法家にも必須の視座

2017年公開ですが

2019年12月までに

中国の武漢現れたようだが未だ謎

空海が登場するのは

コロナ騒動のようなシーンで

皇帝が

重度のヒステリー症状を呈する奇病で

御殿医も手の施しようがなく

空海が呼び出されたが

(日本から来たばかりで無名の修行僧)

到着した瞬間に亡くなる。

御殿医が風邪と診断させられ(嘘を言わされ)

公文書に【風邪】と記された(役人が命令)。

空海と詩人が

シャーマン感覚と詩人のこころは

(心理療法家の視座)

1週間も不眠の風邪はおかしすぎると思った。

単なる風邪ではなく

歴代皇帝に時空を超えて感染し

死に至らしめている物語

変調して

(否認されたPTSDの恨み) ←弘法も筆の誤り…不遜な冗談💦

21世紀最大の健康危機も勃発?

皇帝は物語上の象徴で誰の家にも起こる話

あまりに怖い話なので人の家の話にするのが物語のテクニック

(白雪姫の母が継母であることにする等)

PTSDの負の連鎖であったと解明する過程の物語です。

『ゲド戦記』のように

まずは【影】が現れ

原題は『妖猫伝英題は『Legend of the Demon Cat)』

影(クロネコ)が関係者に憑依く(負の連鎖)

最初は得をさせますが

PTSD発症で

苦しいことばかりではなく

(むしろ麻痺させる以上のことがある)

魔法のような力を得て

現実が思い通りになると勘違いする魔境がある。

破滅させながら

妄想ですから

すぐに破綻する。

(こころの)目が見えなくなり

庭の池(こころ)が血の海になる描写

その人が所属する集合的無意識内で

代々皇帝の警備をする一族

理不尽な運命で亡くなった人の恨みが

この作品では

誰もが注目する楊貴妃が選ばれた。

忖度し騙されたふりをして宿命に従ったが

死の直前に現実を知って目覚め

恨みに変わったという設定

如何に連鎖しているかについて教えてくれます。

あまりに怖いので

美しくする必要があったのかも。

真実を学ぶには麻酔が必要だから

脳内麻薬の遠隔処方

被災地の子どもたちと大水害に遭い放浪の哲学者になったパラケルスス

PTSD研究家翠雨の日記大哲人
幼い頃に
水害で
日常が
非日常に
変貌してしまったのを
見ました。
常識では
理解しがたい
理不尽な目にあうと
普通の子どもなら
考えなくてもよいことを
考え
自分なりの答えを見つけないと
生きていけなくなります。
東日本の沿岸地域の
子どもたちは
これから
長い長い思索の旅に出ます。
ジブリも応援しますが
PTSD研究家翠雨の日記象徴に出会って癒す
こころの専門家の皆さんが
足を引っ張らないように
お願いします。
一見
発達障害や
 
 ―お勉強がしにくくなったり
  常識から外れたりします。
うつ病のように見えることは
よくありますからひらめき電球

ハイチでコレラ流行

死者が253人も出たそうです。

既に3015人が感染しています。

1月の大地震
家を失った被災者らが
劣悪な衛生条件下で暮らす
首都ポルトープランスでも
5人のコレラ感染が確認されています。
 ―「首都への流行拡大ではない」
  ようです。

自然災害と
恐ろしい感染症

PTSDもついてくるかも
しれません。

大自然と
(マクロコスモス)
内なる心の自然
(ミクロコスモス)からの
猛威に


人類は試練です。
続きを読む

ハイチでコレラ流行

死者が253人も出たそうです。
既に3015人が感染しています。
1月の大地震
家を失った被災者らが
劣悪な衛生条件下で暮らす
首都ポルトープランスでも
5人のコレラ感染が確認されています。
 ―「首都への流行拡大ではない」
  ようです。
自然災害と
恐ろしい感染症
PTSDもついてくるかも
しれません。
大自然と
(マクロコスモス)
内なる心の自然
(ミクロコスモス)からの
猛威に

人類は試練です。

兵庫県佐用町追悼式に思う水害の無意識的意味

PTSD研究家翠雨の日記

昨年8月
台風に伴う大雨で
18人が死亡した
兵庫県佐用町で
犠牲者を悼む
追悼式が行われました。

避難する途中に流されて
亡くなった人もいて

佐用町の庵逧典章町長は
想像を絶する被害となり
町の初動が不十分だったことは
町長として
心からおわびしたい」と
述べました。

参列者は
1人一人花を手向け
地元の小学生らは
1万羽を超える折り鶴を
供えました。     ←象徴を否定するユング派って
           やはりおかしい!と思いました。

私の身近にも
佐用町出身で
PTSDから
【解離】し
横領事件を起こし
解雇された人がいます。

不況のなか
金策に追われる人が多いので
バッシング一辺倒ですが
(もちろん犯罪です)

PTSD研究家翠雨の日記

その人には
幼少時の赤貧の影があり
この水害が
その影に
拍車をかけたのではないか…

そう想像します。

たかが赤貧
たかが災害と
言う人は多いですが

おなかがすいて
住む家がなくて
文化的生活とは
はるかに遠い世界に
置かれるのです。

哲学者になるか
犯罪者になるか
運命の分かれ道だと思います。
続きを読む

兵庫県佐用町追悼式に思う水害の無意識的意味

PTSD研究家翠雨の日記
昨年8月
台風に伴う大雨で
18人が死亡した
兵庫県佐用町で
犠牲者を悼む
追悼式が行われました。
避難する途中に流されて
亡くなった人もいて
佐用町の庵逧典章町長は
想像を絶する被害となり
町の初動が不十分だったことは
町長として
心からおわびしたい」と
述べました。
参列者は
1人一人花を手向け
地元の小学生らは
1万羽を超える折り鶴を
供えました。     ←象徴を否定するユング派って
           やはりおかしい!と思いました。
私の身近にも
佐用町出身で
PTSDから
【解離】し
横領事件を起こし
解雇された人がいます。
不況のなか
金策に追われる人が多いので
バッシング一辺倒ですが
(もちろん犯罪です)
PTSD研究家翠雨の日記
その人には
幼少時の赤貧の影があり
この水害が
その影に
拍車をかけたのではないか…
そう想像します。
たかが赤貧
たかが災害と
言う人は多いですが
おなかがすいて
住む家がなくて
文化的生活とは
はるかに遠い世界に
置かれるのです。
哲学者になるか
犯罪者になるか
運命の分かれ道だと思います。

水害に遭うと大哲学者になる

パラケルススは
PTSD研究家翠雨の日記

タロットカードの魔術師のモデルになるような
存在です。
PTSD研究家翠雨の日記

胡散臭いとかいう意味ですが

この魔術師
右下
(自分の源泉である過去)を
ふりかえることを忘れていません。

そして

『妖精の書』の中で
四大元素の中のひとつ
水を司る精霊
ウンディーネを
つかみました。
  ―Unda(波・水)+形容詞語尾(-ine)で
   波の者という意味です。

これは芸術家のこころに響き
『ウンディーネ』の物語になり
多くの人のこころをとらえて
います。

パラケルススはなぜ
こんな感性をもつことができたのか?

   …

父親は
たましいの秘密に関する研究を   ←錬金術
していたので
赤貧を味わいます。        ←つらいものですよ。
9歳の時の母との死別
大水害に見舞われています。

見慣れた故郷が
裏返された
風景のようによそよそしい異郷に
変貌してしまったのです。

パラケルススは放浪しながら  ←故郷や母親的なものの回避
大医学者になっていったのです。
 ―古代の医者ケルススを
  超え(パラ)たのです。

水害が各地で多発してますが
PTSDの温床です。

哲学者にならなければ
生きてゆけないほどの
トラウマになるんですよ。
続きを読む

水害に遭うと大哲学者になる

パラケルススは
PTSD研究家翠雨の日記
タロットカードの魔術師のモデルになるような
存在です。
PTSD研究家翠雨の日記
胡散臭いとかいう意味ですが
この魔術師
右下
(自分の源泉である過去)を
ふりかえることを忘れていません。

そして
『妖精の書』の中で
四大元素の中のひとつ
水を司る精霊
ウンディーネを
つかみました。
  ―Unda(波・水)+形容詞語尾(-ine)で
   波の者という意味です。
これは芸術家のこころに響き
『ウンディーネ』の物語になり
多くの人のこころをとらえて
います。
パラケルススはなぜ
こんな感性をもつことができたのか?
   …
父親は
たましいの秘密に関する研究を   ←錬金術
していたので
赤貧を味わいます。        ←つらいものですよ。
9歳の時の母との死別
大水害に見舞われています。
見慣れた故郷が
裏返された
風景のようによそよそしい異郷に
変貌してしまったのです。
パラケルススは放浪しながら  ←故郷や母親的なものの回避
大医学者になっていったのです。
 ―古代の医者ケルススを
  超え(パラ)たのです。
水害が各地で多発してますが
PTSDの温床です。
哲学者にならなければ
生きてゆけないほどの
トラウマになるんですよ。