カテゴリー別アーカイブ: 多重人格

直木賞『ファーストラヴ』児童性虐待PTSD殺人だからこそ見えないトラウマの構造

第159回直木賞受賞作品ですが

 

「父親殺し」の画像検索結果

 

精神分析でいう

父親殺しがテーマです。

「父親殺し」の画像検索結果

 

でも

殺害したのは女の子で

エディプス(男)コンプレックスではない。

主人公の臨床心理士が謎を解いてゆきます。

10代から臨床心理学に興味があり

いつか「精神分析」で小説を書きたかった。

登場人物はみな

心の闇を抱えていて

それを作家は

「心の傷」「トラウマ」と明言したうえで

トラウマが問題になるのは

フロイトの精神分析の領域であり

今はPTSDと呼ぶ。

トラウマがない人にもわかる作品を書いたと語ります。

主人公のように

自分のトラウマがわからない人が多いが

傾聴すれば

抑圧したものが浮かび上がる。

主人公は

女子大生で

リスカと虚言癖が顕著だという設定です。

 

一般にはリスカを見ると

激しく感情が動くものですが

主人公の母親は

「鶏に襲われた」という主人公の話を

あの子はぼうっとしているから

変な怪我が多いのだと

鵜呑みにし

 

トラウマを与えた父親と娘の関係にも

「ノーベル平和賞」の画像検索結果

性被害PTSD予防は人類の大問題

 

見て見ぬふりをして助けないことで

本人を追い詰めてきました。

こういうことが多いと

精神科医や臨床心理士に取材して知った。

 

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校だけではなく家庭にも傍観者がいる。

主人公は

臨床心理士から

トラウマに関する質問をされても

よく知っているはずなのに

「え❓」という反応ながら

『なぜそんなこと訊くの❓』

隠すつもりはないので

答えているうちに

矛盾点が浮かび上がり

精神分析でも「脱線」を分析してゆきます。

偶然と片づけていたことが

無意識による【抑圧】

加害者によって仕組まれたワナであったことに気づきだし

受け止めがたい事実

 

「気持ち悪い」という言葉が出てきますが

「ムカつく」と片づける程度を超えたもの

なぜ今そう思ったのかわからないと

混乱し涙が出てきます。

 

こんな作品を仕上げることができた作家さんは

知らないうちに結婚が決まっていて

びっくりしたことがあるそうですが

そのせいか

一度離婚して同じ人と再婚

婚約したとき

「酔ってたのかも」とのことです。

主人格は居眠り中(-_-)zzz

 

お酒が好きで

受賞のお祝いにもお花ではなくお酒が届くほどだそうです。

 

飲むと

訊きにくいことも遠慮なく質問できるのは

プチ解離の有効利用かもしれず

「プチ解離マーニ...」の画像検索結果

『思い出のマーニー』

親切心からとはいえ

土足でズカズカ侵入され

太っちょ豚!とつい本音💦

軽い多重人格性が

執筆に貢献しているのかもしれません。

 

 

「おらはおらでひ...」の画像検索結果「おらはおらでひ...」の画像検索結果

この作品も

脳内多重人格の話

 

富田林警察署からPTSD解離遁走の容疑者はお遍路さんにもなりすます

大阪府警富田林署から逃走し

山口県内で確保された

容疑者(30)は

「富田林逃走」の画像検索結果

あるときは

自転車旅行者のフリ

8月下旬に

高知県東部に滞在

「お遍路」の画像検索結果

「お遍路」をする人が使うかさを持ち

寺に泊まっていると話していたそうです。

 

「同行二人」の画像検索結果「自我と自己」の画像検索結果

弘法大師と一緒に巡礼するスタイルの

自己(弘法大師)と一緒に歩きながら

集合的無意識を

脚下照顧し哲学する。

心理療法です。

 

「清原お遍路」の画像検索結果「清原お遍路」の画像検索結果

この方もお遍路に

 

これは

「お遍路 接待」の画像検索結果

お接待と称するお布施をして

支援する地域の人達の善意を踏みにじる行為です。

 

多重人格とは言っても

逃走することしか考えていないので

仕方がないですが

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果「マヤる」の画像検索結果

 

お遍路さんにまでなりすますとは…💦

 

富田林署PTSD解離遁走1ヶ月半の容疑者とビリー・ミリガン

8月12日夜に

大阪府警富田林署から逃走

指名手配されていた容疑者(30)は

9月29日

山口県周南市道の駅

食料品を万引きし

逮捕されました。

 

警察署から逃げたこと

1ヶ月半も捕まらなかったことも驚きですが

 

「樋田淳也」の画像検索結果

陽に焼けて元気そうに逃走してました。

 

「樋田淳也」の画像検索結果

逃走前と

「樋田淳也」の画像検索結果

逮捕直後ですが

「樋田淳也」の画像検索結果

想像を超えていて

別人に見えます。

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

児童虐待から縄抜けの天才となった

必要に迫られて身につく技術

ビリー・ミリガン型かもしれません。

「キャサリンの事例」PTSD治療は自己表現までが大変

 

気難しくて

関心を

持っても持たなくても拗ねる。

憎まれ口をたたき

 

あちこち痛くて

老人並に病気のデパート

 

表現してもらうまでが大変ですが

 

感情表現すれば

負のエネルギーは消失し

固着と退行

借りてきた猫のようになります。

 

キャサリンちゃんのような人も

コンサータで酔っ払うと

子どももキャサリンちゃんになる。

少なくないかな…。

 

 

セラピストの方は

よくご存知だから

コンパクトに纏められています。

 

私のお人形は小さくて動かないけど

 

 

人形浄瑠璃とか

パペットも

興味深いです。

 

警察官刺殺で銃殺された大学生(21)と東日本大震災のPTSD予防

19日未明

仙台市宮城野区の交番で

警察官を刃物で刺し

別の警察官に拳銃で撃たれて死亡したのは

 

とてもこんなことをしそうにない

おとなしい大学生(21)でした。

 

「相澤悠太小声」の画像検索結果

 

アスペルガーと誤診されている人のなかにも

「アスペルガー声...」の画像検索結果

声が小さい人がいます。

極度になると

「失声」になります。

この歌姫も

見事な声量ですが

「中森明菜デザイ...」の画像検索結果

話すときはささやき声です。

 

 

「赤ん坊泣く声」の画像検索結果

誰でも

赤ちゃんのときは

しっかり声がでていたわけで

 

器質的に声がでないということは

希なことでしょう。

 

 

「相澤悠太小声」の画像検索結果

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

 

こころの歴史のなかに

原因がありそうですが

「アクチベーショ...」の画像検索結果

発達障害誤診と薬害の線が濃厚になりましたね。

 

「東日本大震災」の画像検索結果「東日本大震災こ...」の画像検索結果

「東日本大震災こ...」の画像検索結果

 

こころのケアは足りているでしょうか?

 

「こころのケアPT...」の画像検索結果

そんなに必要ないでしょと喧伝する一方で

 

「こころのケアPT...」の画像検索結果

薬漬けにされているのだと

あとで知りました…。

 

仙台市の交番で警官刺殺し撃たれて死亡したのはPTSD解離大学生(21)

仙台市宮城野区で

19日未明

交番が襲撃され

巡査長(33)が刺殺された事件で

 

交番にいた巡査部長(47)の発砲を受けて

死亡した男は

同区の大学生(21)であることがわかりました。

 

最近は

「発達障害大学生」の画像検索結果

大学生も

発達障害と誤診されることが多いわけですが

服薬すると自殺や犯罪につながることもある。

 

刃物とマシンガンのようなものを隠し持ち

「落とし物を拾った」と言って

近づき

スキをみて豹変するようなのは

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

ビリー・ミリガンのような

多重人格性の顕著な

 

「高校銃乱射事件」の画像検索結果

「宅間守」の画像検索結果

テロリストのように

計画的・合理的に

無差別殺人を遂行できるのは…

PTSDの解離人格です。

 

「なかいきあかち...」の画像検索結果

この子は自殺したけど

いじめ環境は

テロリストも多数送り出している。

 

九大の経済学准教授(37)「放生会」で男児をPTSD解離暴行し逮捕

7日に自殺で爆発騒動があった九大ですが

生活困窮の上に

立ち退きで追い詰められた

元法学部生

10代で自衛官になったあと入学の苦労人

昨夜は

准教授の男(37)が

秋の大祭「放生会(ほうじょうや)」で

「放生会」の画像検索結果

万物の生を慈しみ

殺生を戒める神事

秋の実りを感謝するお祭り

博多人形師がつくるおはじきが人気

男児の腹部を膝蹴りしたとして

現行犯逮捕されました。

 

酒を飲んだ様子はなく

数日前には

酔った3人が公務執行妨害で逮捕されている。

「何かにぶつかったのは事実だが

子どもとは分からなかった」そうです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

解離してたんですね。

 

わざわざこの場所でこういう問題行動を起こさねばならなかった

経済学とは?

 

九大には

PTSD予防学はあるかな?

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

『夫を殺害する方法』をPTSD解離実行しフェイスブックに投稿した米小説家

エッセー「How to Murder Your Husband」

(夫を殺害する方法)の

「How to Murder ...」の画像検索結果

 

著者である

米オレゴン州在住の小説家

ナンシー・クランプトン・ブロフィーが

オレゴン調理師学校の講師である夫を

学校で射殺し

起訴されました。

 

 

エッセーに書いた自らの「助言」に沿って

夫の殺人を実行

フェイスブックに

「昨日の朝

私の夫で親友のダン・ブロフィーが殺された」

「いまは

すべての意味を理解しようと努めている」と投稿しました。

 

実況中継しながら自殺してゆく人たちがいれば

 

「なかいきあかち...」の画像検索結果「なかいきあかち...」の画像検索結果

 

犯罪をSNS上で完結させる人も出て来るでしょう。

自傷と他害はコインの裏表

「陰陽」の画像検索結果

脳内の声が聴こえてきたとき

「おらはおらでひ...」の画像検索結果

それにどう対応するかで

運命が変わります。

 

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

 

富田林警察署のアクリル板破って容疑者(30)PTSD解離遁走中

8月12日の午後8時半ごろ

富田林警察署から逃走した

「樋田淳也」の画像検索結果「樋田淳也」の画像検索結果

 

容疑者(30)は

自転車やバイクを盗み

ひったくりをしながら逃走中です。

 

大胆な行動で

「日頃はない赤の自転車が止まっていて

富田林市と書かれたシールが貼ってあったので

怪しいなと」

自転車を発見して通報した羽曳野市の女性

映像は確認されていますが

指紋は残さないなど

 

ビリー・ミリガンみたいです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

縄抜けの達人トミー人格

虐待中によく吊るされたので特殊技能が発達

 

幼少時は

ボーイスカウトに参加する

笑顔がかわいい男の子で

誰もが認める良い子だったそうですが

家庭も裕福

 

お調子者でひょうきんと言われるようになり

中学生頃からは素行が悪くなり

リーダー格には弱いが

弱いものには強く出るという態度が顕著になり

 

高校へは進学せず

爆音をあげながら改造車を乗り回し

バイクを盗んだりひったくりをするようになり

4回の逮捕歴があります。

 

10年以上前に

父親が亡くなったとのことで

喪の作業が足りなかったのでしょう。

喪の作業が足りない子どもたちが

なだれ込んできて

事件化するまで温床となった。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

ビリー・ミリガンは

お父さんが死んで養父に虐待されたので

生きていくために

人格をバラバラにして凌ぐのに精一杯で

こころのケアができなかった。

 

「PTSD古事記」の画像検索結果

こころのケア=PTSD予防

スサノヲも一時期は相当荒れた。

 

非行少年になるにも原因があります。

【佐世保悲劇】高1バラバラ殺人事件4年で同級生たちはPTSD予防中 

佐世保市で起きた

佐世保高1同級生殺害事件から

丸4年になりました。

 

当時15歳で

本年度、成人を迎える同級生たちは

事件で友達を失い

心に深い傷を負い

今も消えることのない悲しみを背負っていますが

 

当時あまりのショックで直視できなかったことについて

現実感の喪失が大きく

離人症的にやり過ごした。

「PTSD予防」の画像検索結果

少しずつ振り返り始めています。

 

 

加害少女には

いろんなうわさがあったものの

あまりに普通に見えていたことからくるショックは

大きそうです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

「24人のビリー...」の画像検索結果

 

「ぼくの心がバラバラになったのは、なぜ?」

子どもの頃に

コメディアンだったお父さんが自殺し

お母さんが再婚して

義父に虐待され続けたからでしたね。

 

生きるために

その場その場で

こころをバラバラにし

火事場の馬鹿力1・火事場の馬鹿力2・火事場の馬鹿力3…で

サーカスの子どものようにある種の能力を

鍛えていった結果

解離性同一性障害になりました。

 

加害少女には両親がいましたが

実質的には

そう変わらない環境だったみたいで

実父は自殺しましたね。

 

『佐世保悲劇』かな。

「ギリシア悲劇」の画像検索結果「エディプスコン...」の画像検索結果