薬害」カテゴリーアーカイブ

クロネコヤマト解雇殺人事件容疑者のPTSD解離性変貌はなぜ起きた?

クロネコヤマトの殺人事件で逮捕された男性は

礼儀正しい印象で

事件を起こしたことはとても信じられないと

近所の人が証言しています。

人格が急変したようですが

逮捕後は

迷惑系ユーチューバーみたいに

マスク拒否しピースサインまでしています。

アクチベーションシンドローム

PTSDはヒステリーで

超外向性で自分の気持ちというものがない。

世間の期待に応えようとするものですが

ここまでとはビックリです。

クスリの後押しがあるように思えて仕方がないのですが

あのホリエモンでも

向精神薬に助けられたと言っていた。

拘置所

どうでしょう?

こういうのが一般的なイメージでしたが

拘置所向精神薬

最近はちょっと変わってきていますよ。

拘置所向精神薬

拘置所向精神薬

華原朋美さん引退の危機で見えてくる困難なPTSD由来の断薬

歌手の華原朋美さん(46)は

所属事務所を離れたことについて

向精神薬依存による解離行動の数々で解雇され

その後復帰していたが

今度は自分から契約解除

「ただフリーになりたかっただけ」と話しています。

露出がさらに難しくなり

中森明菜さん状態になるのではと心配されている。

最近は

車が廃車になるほどの物損事故を筆頭に

よく事故を起こしていて

車を放置し逃げる様子が多くの人に目撃されるなど

あまりに挙動不審で

呼気検査と尿検査を求められた。

解離行動がエスカレートしていたようですが

一般人ならば

このような状態でも

普通は知る由もありませんから

幼児の衝撃的な行動の意味◇子どもは多様な状況に不安やストレスを ...

大人も退行して幼児還りする。

知らしめるための行動だったかもしれませんね。

子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!/箕面市

そういう意味では

虐待親もSOSを出している。

断薬

昨日の断薬に関する記事はアメブロPTSD部門36位✨

気になる

事故当日の尿検査の結果は【陰性】で

警察も覚醒剤なのか向精神薬なのか

調べなければわからない。

何も検出されなかったそうです。

断酒・断薬等

特定の何かをやめればよいかのように思われていますが

それがあまりに過酷なので無理もない。

しらふで「酔っぱらう」根本的なPTSD症状が

そのまま残っているという事例が案外あることを

教えてくれているのかもしれません。

『アンサングシンデレラ』断薬からPTSD治療に移行しにくい理由

 『アンサングシンデレラ』では

ODにどう向き合うのかについても示されていますが

大量服薬の依存症

薬剤師が癌と向き合う話は

精神科の薬害に巻き込まれた人が

本来のPTSD治療を選択する際の

外からは見えにくいハードルについて

教えてくれているように感じました。

西洋医学では確立された標準治療がないので

不問にされていますが事実です。

とりあえず抗がん剤治療が選ばれたりしますが

とりあえずビール🍺みたいに

とりあえずパキシルとか

効果はなく

副作用のみということが少なくありません。

トラウマがあるので

母親のがん死について

無理をさせ苦しめたと後悔していて

悪夢を見る。

緩和ケアを考えていますが

最期について具体的に考え始める。

こころのケア

こころのケアの原点の1つ

すでに痛みがひどい状態です。

「痛い」とは言わず

一方で薬の減り具合で気づかれるので

我慢もする。

信頼できる薬剤師に治験を勧められても

頭では充分理解できている。

なかなか前向きになれず

トラウマによる【回避】の方が勝つ。

受けることにしても

失踪してしまいます。

【解離】行動

薬剤師は

そこまでつきあってやっと

本音を聴くことができ

頭痛・吐き気・めまいのひどさは

薬剤師として見てきたような生半可なものではなく

いつまで続くのか、耐えることに意味があるのか

考えると頭がおかしくなりそうになる。

新しい治療で

苦痛がさらに増すかもと考えるだけで恐ろしい。

(そして、それを言えない)

治験が開始されました。

一般には

経済的不安もあるようですが

薬剤師では説得力がないので

同室の慢性病患者が登場

売れない漫画家の話として

処方に怒り出し

「拒否できるか」

「薬剤師に生活の何がわかるか」とけんか腰だが

同時に「制度」を調べたり「仕事」を探したりしていて

減額プランを提示する頃に

やっと話し合いができるようになりました。

前に患者さんのインスタの話をした薬剤師が

漫画家にはあなたの漫画は好きだけど

主人公はもっと主体性をもって動いた方がいいですよと言い

反論させるやり取りは心理療法的だと思いました。

表現されていました。

治験をやりたがるズルい悪徳医師についても

治験の失敗で

癌の薬剤師の母親の治験が

苦しませるだけだったという罪悪感

子どもに恨まれているのではないかと

内心視線におびえていた。

トラウマの再演を繰り返していることが

今回プレゼンで

よい人格が思わず飛び出し(解離)

熱弁☯したのは

薬剤師による集団心理療法の成果かも

わかりました。

主人公の薬剤師は

「患者さんのために働け」

「患者さんのしてほしいことをしろ」と指導され

何が患者さんのためになるのか苦悩し

哲学的忍耐力

やっと見つけたわけです。

人に訊くようでは終わってます!(^^)!

心理療法では

セラピストとクライエント双方の

哲学的忍耐力と協力が重要になります。

白洲次郎の哲学 ~伊勢谷友介さんは、なぜ大麻逮捕されたのか

NHKの「白洲次郎」で

テレビドラマに初主演

ブルーリボン賞助演男優賞と

日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞し

大河ドラマにも出演

さらには

俳優業と並行し

社会や地球の環境を見つめ直し

新たなビジネスモデルを模索する会社も設立した

俳優の伊勢谷友介さん(44)が

大麻取締法違反(単純所持)の疑いで

情報から内偵捜査が進められていた。

現行犯逮捕されました。

芸能人の薬物逮捕も続きます。

奇しくも

自称「育ちの良い野蛮人」☯

芦屋の貿易商の息子に生まれ

日用品も学問も

一流に接し

優しい人格ながら

無粋で無礼な輩に対しての口癖は「バカヤロー」

英国流「カントリー・ジェントルマン」と呼ばれ

見通しの良い視座と考えられた。

所属する世界の外から見ないと

公認心理師🐒みたいになる。

日本国憲法の翻訳に関わった

GHQの圧力に屈せず

従順ならぬ日本人と驚愕されながら

「シンボル」を「象徴」と訳した。

(日本国憲法 天皇は日本の象徴 と筋を死守)

白洲次郎さんのような

象徴

筋を通す日本人がいない時代です。

映像の世界は

流行りのユーチューバーとて同じでしょう。

それを伝えやすいのですが

本離れ

俳優さんが

その精神を真に理解することは容易ではなく

政治家や学者も魂を売る時代

お手本はどこに?

演じていても

真面目な人ほど

虚しくなってくるのでしょう。

それは

末端の

末端価格と法律上の扱いは雲泥の差

処方薬依存症の患者さんのきもちと同じです。

一即多

一即多

TikTokでのベナドリル・チャレンジで15歳少女死亡 ~発達障害ブログにも規制を!

TikTokで流行っている

ベナドリル・チャレンジ

(Benadryl Challenge)で

花粉症などのアレルギー症状を緩和する

抗ヒスタミン薬である

ベナドリルを大量に飲んで自撮りする

幻覚をおこした自分の姿を

TikTokに投稿しようとした

オクラホマ州の

ハイスクールに通う女の子(15歳)が

命を落とすという

痛ましい事故が起こりました。

「一気飲み」や

イッキ飲みがいけない理由を教えてください 血中アルコール濃度が ...イッキ飲みの強要 | 一般民事・商事・家事事件 | 鳥取市の弁護士・法律 ...

こういう便乗犯的な広告も

砂糖なので

本当は危険なのですよ。

ポッカ/篠原信一さんが高校生役で登場、「がぶ飲み」シリーズ限定動画 ...

「アイスバケツチャレンジ」なんてのも流行りましたが

昨年話題になった「アイス・バケツ・チャレンジ」 今年はどうなの?

形を変え

だんだん危険になってきているようです。

ヒステリー心性を悪用して

滅私奉公志願

人を踊らせ

何らかの利益を得ようとする輩がいるわけです。

子どもに覚せい剤飲ませて

コンサータの効果と副作用・うちの場合 | 散らかる頭の中をスッキリ ...

面白おかしく投稿する

親による人権蹂躙・心身や脳への傷害

毒親ブログもやめさせるべきだと思いますよ。

『アンサングシンデレラ』公認心理師は服薬に付き添えばどうか

『アンサングシンデレラ』ですが

薬剤師は

クスリの管理や

副作用などについて厚労省への報告

製薬メーカーとの面談をしたりしていて

解説】看護師が行う患者のアドボカシーで最も適切なのはどれか。【看護 ...

処方の変更相談にしても

単なる患者さんのわがままではなく

薬剤師が言うのだから意味があるはずと考えられ

話が通りやすくなるなど

重要な存在意義があることが表現されていました。

実際にこういう風に機能してたらいいですね。

一方で

困った患者さんもいて

自分の薬を他人に流用したり

減りが早いので質問されるが

話をずらして答えようとせず

流用がわかっても

逆切れして詭弁でつめよる。

人手不足で多忙な薬剤師に

業務以外のことをさせて

便利屋のように使ったりと

特に

在宅医療では勘違いされやすいらしい。

医療を受ける側の問題も表現されていました。

こころも弱っている場合が多いので

「甘え」が度の過ぎたものとなる。

弱者擁護の流行に便乗すればモンスター化

医療現場あるあるですね。

末期がんの患者さんの痛みが耐えられないレベルになり

最後の「鎮静」の選択がなされた時

「鎮静」やクスリの名前だけで

薬剤部の場が

たちまち厳かになります。

スクールカウンセラーが

親に子どもの心療内科受診を勧める時

向精神薬処方を知った時は

こうなるでしょうか?

それが何を意味するかという

共通感覚があり

皆が重く受け留め

互いに確認・共有します。

この儀式のようなものは慣れるものではなく

経験者も新人と同等です。

痛みを共有する様子は

こころのケア(PTSD予防)だと思いました。

これが全くないと

流行りの「支援者の支援」が必要になるが

当事者への支援がままならない現状では夢のまた夢…

家族が薬剤師の場合は

病気について

説明されたとおりきちんと理解し

心理状態についても

人にも端的に伝えられますが

翻って

一般には理解が難しく

要領を得ないまま進みがちであるということです。

わかっていても

迷うしうろたえます。

しかし

弱音を吐けなかった患者さんが

夢を見て

こういうのが判断材料になるのです。

お母さん助けてと子どものように泣いているのをみて

決断し

投与に当たっては

「苦しかったね。

頑張ったね。もう大丈夫だよ

痛みが消える薬だよ

もう大丈夫だよ」と

やさしく説明しながらつきそいました。

精神科の薬も

昔は

最初の処方は

世界が変わるほどの体験は死と再生

感情がなくなったショックが

トラウマになった人もいる。

こんな感じで丁寧に飲んでもらっていたそうです。

癌の告知もショックに配慮し慎重でしたね。

病院で心理療法ができない公認心理師は

認知行動療法など投げ捨てて

こういう役目を引き受けたらどうでしょう。

私の意図に反して

PTSD

催眠をかけるために

安静に導いたら

逆にまくしたてはじめ

ヒステリー症状1つ取れちゃった。

精神分析の傾聴が始まるかな…。

治すと公認心理師法違反?

令和の「パンとサーカス」~「いきなりマリッジ」出演女性PTSD解離自殺の影にも向精神薬

「テラスハウス」に出演していた

木村花さん(享年22)が

5月に自殺しましたが

「いきなりマリッジ シーズン4」でも

女性出演者(23)が自殺しました。

この手のやらせ番組の実態は

『パンとサーカス』と

カショオ

詩人ユウェナリス(西暦60年 – 130年)が

古代ローマ社会の世相を揶揄して

詩篇中で使用した表現

権力者から無償で与えられる

「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって

ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘

気づくべきでしょう。

初対面の男女に出会った初日に挙式させ

偶然ならあるでしょうが

30日間の新婚生活を

放映させて楽しむというのは

何と異常な悪趣味でしょう。

催眠にかかりやすい人が増えているわけですが

催眠商法の温床

手を変え品を変えて商魂たくましいから

要注意というか

PTSD(ヒステリー)予防しましょう。

「子供をたくさん産みたいので

結婚を急いでます」と忖度し

無意識的な反応

カショオ

ローマ人を熱狂させた剣闘士たち

真剣で闘う死闘

生贄に志願するセルフネグレクトもあった。

ブログも毎日更新して

番組に貢献しましたが

リアルな結婚の判断をする段になって

洗脳から覚め

ブログも書けなくなり

10日後に

向精神薬の大量服薬(OD)自殺しました。

自宅が無施錠であったことも

象徴的なダイイングメッセージでしょう。

ダイイングメッセージ

偽の新婚生活を送らされていた男性(31)も

撮影を終了し

結婚か離別の判断中

「気持ちの整理はつかない」が

忘れないようにすると

負の連鎖でPTSD予防中です。

食の問題から

『注文の多い料理店』「いきなり!ステーキ」

考え直す時期かもしれませんね。

『ミニマ・モラリア』

岡山済生会総合病院で無断堕胎のPTSD解離外科医(33)逮捕マンダラ

岡山済生会総合病院で

妊娠中の女性に無断で

堕胎手術をした

医師(33)が

女性の知人と書いてあった。

逮捕されたと報道されましたが

SNS、医師と死の対話 ALS患者嘱託殺人 :中日新聞Web

ちょうど

こういう事件もあったので

T4思想事件かと思いきや…

その後

自分に妊娠を告げた女性を

「診察してあげる」と言って呼び出し

麻酔薬を使って

意識を朦朧とさせ

無断で胎児を堕胎させ

女性に全治一週間の傷害を負わせたものと

2日後の主治医の診察で

胎児の心拍が途絶えているのを知り

(その後、おなかにいないと覚り)

心的外傷も負った。

判明しました。

まもなく結婚式を挙げる予定だった婚約者や

両家の驚愕は計り知れませんし

心理検査の限界をはるかに超えている。

犯行現場に使われた病院の関係者も

アンジャッシュ渡部 多目的トイレ」のYahoo!検索(リアルタイム ...

住居侵入等に問われるらしい。

「逮捕に衝撃を受けました。

勤務態度は非常に真面目で

勉強熱心。

事件の前後もいつもと変わらずに働いていました。

女性関係のトラブルも聞いたことがなかったのですが……」と

ショックを隠せません。

県内で内科医院を営む開業医の三男として生まれ

末っ子

子どもの時から優しい子で

成績も優秀

テニスにも打ち込んでいましたが

大学時代のSNSには

感情をごまかして

特に何かシンドかったり辛かったりすればするほど

逆にテンションを上げたりして隠す性格」と自己分析

交際相手に求めることを

「適当なキョリ…?」と書いていたそうで

躁的防衛が自覚されています。

一般に

統合失調症の人は繊細で

分裂病時代の人とは異質なのかも…

対人恐怖の人は相手が怖くて

赤面症で森田療法を受ける人なんて

今いるのかな?

人と親密になれないということが知られていますが

悪事がバレないために

そうなっている自覚があるタイプもいると

真面目過ぎて

悪くないのに罪悪感をもって

鬱になるタイプとも全然違う。

わかってきました。

躁的防衛

それが判明するのは逮捕された時?

『アンサングシンデレラ』PTSD性認知症で薬漬けの脳研究第一人者も治癒へ

『アンサングシンデレラ』ですが

本来は心理職がする仕事を

薬剤師の片手間にしている。

【疑義照会】という言葉が出てきたと思えば

疑義照会

当初の疑問です。

【ポリファーマシー】が

テーマとして取り上げられました。

多剤大量服薬

攻撃的で手に負えない患者さんが

薬剤師は医者の奴隷だと豪語

医者でもないのに診療するのかと怒りの防衛

入院してきたのですが

薬を調べるうちに

勝手に自己処方し

綿密に記録していたが

手に入れるには

家族に信頼されなければならない。

認知症研究の第一人者の医者で

40年も認知症を診てきた自負

自身の認知症の兆候におびえ

見当識がおかしいのを人から指摘される。

物忘れ

アクセルとブレーキを踏み間違え自損事故

転倒

怒りで防衛していることがわかりました。

不眠

【回避】怖いのでMRIを見たくない。

【過緊張】不安で怒りっぽく睡眠障害

多剤服用が認知症のような症状を完成させていることも

跡継ぎの問題から(心因)

高血圧や頭痛の薬が必要になり

その副作用で認知症のようになり

不安で睡眠薬を自己処方していたが

あのベンゾジアゼピンだった。

文献から確かめ

英文で徹夜

説明することで

認知症でないと思いたいので

たちまち防衛がとれ

急に話を聴くようになる。

MRI検査を受けたいと思うようになり

認知症でなかったと確認

画像を見れば即理解

憑き物が落ちたように素直になり

要らない人格は、どこかへ消えた。

睡眠薬も必要がなくなりました。

脳に萎縮がないとか

認知症

例えば

こういうアルツハイマーは

被検者が集まらない(治験中止)ほど希少だが

向精神薬は脳への影響甚大

断薬すれば後遺症も速攻で消えるとか

そこはドラマだと思いますが

薬剤師が

本来は心理職だけど

公認心理師法違反を恐れてできない。

薬剤師は【疑義照会】できる。

こういう態度であれば

現状は相当変わると思いました。

次は【摂食障害】みたいです。

もうすでにトラウマは傾聴済

『アンサングシンデレラ』公認心理師よりは薬剤師

精神科医とスクールカウンセラーのタッグで

子どもを薬漬けにするひどいシステムのなかで

薬剤師は何を考えているのかなぁという疑問がありましたが

6年制になり専門知識は高くなっているはず

忘れたころに

やっとドラマとして表現されました。

おかしくても常識として定着してしまったから

システムは安泰

アンサング・シンデレラ

unsung Cinderella

アンサング ヒーロー(unsung hero)」=「縁の下の力持ち」と

シンデレラCinderella)」=灰かぶり

機械のように

処方箋を捌くだけの薬剤師や

薬が多すぎたり

飲んでいないのを知っていながら

『まあ(患者さんあるある)ね…』とみんなで見逃す様子

マトリが来て大騒ぎする様子

麻薬は厳しく管理されている。

向精神薬も麻薬のようなものだが…

副作用で苦しみ代替療法を望む患者さんが

「ネット上の知識をうのみにするのは危険です」と

ぴしゃりと言われてしまう様子が

そのまま表現されています。

そんな職場で

ヒロインの石原さとみさんは

シンデレラはかならず灰をかぶる。

理想の薬剤師なので

大学教育以前の薬剤師は多分こうだったのでしょう。

とても浮いた存在です。

アスペルガーと言われないので

現実よりましかも…💦

処方をしっかり確かめて

「日常で何かありましたか」

「些細なことでもいいので教えてください」と傾聴

傾聴

公認心理師は傾聴を素人かと小ばかにする。

専門家に言ってもしかたがないと

あきらめて勝手に自己処方して

いつまでも治らない患者さんのこころも

時間をかけて開いてゆきます。

薬の味はすべて自分で確認していますから

科学的に大丈夫なのかは知りませんが

ホメオパシー程度なのかな。

自己犠牲を払いながら

患者さんの立場で感じるという比喩でしょう。

事故が起きた時

破片しかなくても

独自調査しながら突き止めることが可能ですし

保険点数が半日で3000円にしかならないのにと叱られる。

苦い薬が飲めなくて悪い子扱いされている

子どもにも信頼され

結果的に

医療が適切に行われるように貢献し

拗れていた親子関係まで修復してしまいます。

それが自然治癒力にも働き

よい連鎖が起きます。

傾聴