韓国ドラマ『風の絵師』第十五話① ユング心理学【全体性】

笑わない子に対して

「可愛い気がない」
とか
「親のしつけがなってない」
という世間と

「発達障害の疑いがあります」
「最新の薬飲んでいただいて
経過をみましょう」
という専門家は

同レベルです。

ドラマのように
なぜ笑わなくなったのか
必死で観察し

それでもわからなければ
その子の周囲にいる人達に
聞いてでも
背後を探り

人間の魂として
全体的に判断し
支援すべきです。

少なくとも
私の学生の頃の常識は
そうでした。

PTSDを自己克服した
ユングという人も
【全体性】を大事に!
そう言っています。

韓国ドラマ『風の絵師』第十五話① ユング心理学【全体性】」への0件のフィードバック

  1. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    全体性。

    なんか打たれる言葉でした。

    今書きかけている記事が『全体性』に繋がってて‥。

    わたしは今まで全体を通して捉えていなかったなって‥。

    色々なトラウマで自分が分断されていて

    感覚や感情があっちこっちに散乱している感じが今日はしていました。

    トラウマに対処するため解離していた時にも感情や感覚は少しだけどあった感じがして‥。

    その少しの感情や感覚をかき集めて統合したいって考えてました。

    で、アイデンティティを組み立て直したいと。

    なんか記事とは関係ないこと書いてしまってスミマセン。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    PTSDを内から知っている人の言葉はすごく響くのですね。考えてみれば当たり前ですが、てぃあさんたちのコメントから私はそんなことを学んでいるのですよ。ユングは『連想』も大事にしてたので、一見関係なさそうなのもアリかな?しかし凄い響いてる(@_@)
    〈しばし〉の続編待ってましたよ(^-^)

    返信
  3. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    意味不明のコメントをしてしまい、すみません(;^_^A
    チャイさんと勘違いしてました。
    (しばし…の箇所)

    返信
  4. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨さん
    何かを内から知っている人。

    わたしにはそれを嗅ぎ分ける力があるんですかね^^

    不妊治療のときは不妊治療の先生がわたしのこころに響くことを言ってくれました。

    そしてつい最近では医療過誤のことでお世話になることにした弁護士さんがわたしのこころに響くことを言ってくれました。

    そしてわたしはその響く言葉を糧に今まで生きてこれたと思っています。

    響くって物凄くイイです。

    ただとても数少ないんですけどね^^

    返信
  5. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    まともな感性を持った人が、まともな感性を持った人を嗅ぎわけながら、細々と人類の破滅を防止しているのでしょうか。石投げられて…キリストみたいですネ!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です