風の絵師第18話 ① 心理療法に欠けている井筒俊彦【象徴】を観る眼

主人公は

画廊の主人に言います。

「芸術家の
目に見えるもの
耳に聞こえるもの
感じられるものがある」

西洋哲学と東洋思想を
抱合した
井筒俊彦も

こんなこと書いてました。

「【易】の聖人の意識は、
広い意味での
シャーマン的意識。

そういう意識に直結した
特殊な目で
彼は外界をみる。

その彼の目に
事物は幽玄な象徴性を帯びて
現れてくる」

  ―『意識と本質
    ―精神的東洋を索めて』p210

ユング心理学に出会っても
これがわからないから
デタラメな
分析をして
心理療法ばかりか
人間の魂さえ
台無しにするのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です