神戸学院大学アルコール・ハラスメント裁判で遺族と和解

3年前
2年生で20歳の男子学生が
所属していた
ユースホステル部の合宿中に
酒を飲んで死亡したことを巡り
学生の両親が
その場にいた上級生など
20人と大学を
訴えていたもので
★大学は強要を認め
★上級生が和解金を支払う内容で
和解しました。
酒の回し飲みを強要し
意識を失ったあとも
適切な救護をしなかったのに
「勝手に飲んで
勝手に死んだ」ことに
されたくないと
ご両親は思われたわけです。
名誉を守る裁判だったので
事実上の勝訴ですクラッカー
これはアルコール・ハラスメントですが
パワハラも同じ構造ですね。
無理なことを命令し
心理的に追い詰めて
(周囲も助けず)
パニックになっても
あいつはおかしいし
退職するのは根性がない。
そういう風に
思われている人はたくさんいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です