5時間監禁されたサーカス団員の息子(2)とPTSD解離障害発症リスク

三男(2)を

コンテナハウスに

約5時間40分閉じ込めた

コロンビア国籍の

サーカス団員の男(38)が

現行犯逮捕されました。

男はサーカス団

「ハッピードリームサーカス」に所属

10月からの

神戸公演に

同行していましたが

出演していなかったようなので

心身の不調で

気が滅入っていたのかもしれません。

ハーマンは

学童期の

トランスや解離の能力は

本来的に高いものだが

虐待児は「至芸の域」に達するし

一部は「巨匠」レベルになると

書いています。

激しい疼痛や恐怖心を無視できるようになれば

(魔法みたいなものですね)

 

 

 飛び越える練習さえすれば

 トラさんみたいにもなれるわけです。

 

「被虐待児の発達的課題は

全く恐るべきもの」になりますね。

 

しかし

その能力が

単なる防衛的適応では済まずに

「人格構造の基本」に移行してしまえば

 

E1444502236927_ae51_4

511P4D98ZSL-201x300

大変なことになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です