島根女子大生バラバラ殺人事件の容疑者は母親とともにPTSD解離事故死

30代の男は

遺体が発見された

2日後に

山口県内の高速道路で

普通車を運転し

ガードレールにぶつかる単独事故で

車両が炎上

同乗していた当時50代の母親とともに

死亡していました。

 

 

被害者の画像を撮りながら

猟奇的な犯行を遂行したようですが

(解離以外では説明がつかない)

そういう重度の解離人格は

ストレス脆弱性が高いので

また別の解離事故も起こしやすいということでしょう。

 

無意識的でしょうが

お母さんまで連れてってしまったので

深層が藪の中になってしまいそうで

関係者は無念でしょう。

 

 

思いを持ち寄って

話し合うことで

PTSDの負の連鎖を防止できますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です