いじめで植物人間の中学生もフツーのPTSD性認知症学校現場に1億円超の賠償命令

埼玉県川越市で

2012年

当時市立中学2年生の男子生徒が

同級生にいじめられ

暴行を受けて

意識不明の重体となり

今も意識が戻らず

胃ろうなど生命維持措置が必要で

目を開け寝たきりのまま

意思表示ができず

小さな頃に聴かせた音楽を耳元で流すと

目に涙を浮かべるなどの反応がある程度だそうです。

 

生徒と保護者が

同級生3人とそれぞれの保護者

市を相手取り

介護費用など

計約3億9千万円の損害賠償を求めた訴訟で

市の安全配慮義務違反が認められ

同級生と保護者、市で連帯して

総額約1億4873万円を

生徒と保護者に支払うよう命じた

判決が出ました。

 

裁判でも

市側は

「いじめと認識していなかった」と反論していますが

同級生3人は

傷害容疑で逮捕され

少年院に送致されています。

 

 

何でもフツーなんて

認知症級の認知の歪みですね。

 

スクールカウンセラーidthatid(tlros)もブロガーを実名で

虚偽事例報告するし

 

裁判所はナメられてますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です