小1男児の口にテープ等モラルに欠けるPTSD解離女性教諭は処分待ち

大分県竹田市内の

小学校に勤務する

50歳代の女性教諭が

給食当番でマスクを忘れた男児の口を

幅約5センチのセロハンテープを貼って閉じさせたり

椅子にタオルで縛りつける

脚を広げるのをやめないので実力行使とのこと

不適切な指導を行い

学校に報告していなかったことが発覚

市教委は

モラルに欠ける指導で

児童や保護者に大変申し訳ない。

再発防止に努めたい」と話しています。

 

「明日の約束」の画像検索結果

 

スクールカウンセラーがいても

子どもが虐待され続けているのは

PTSD予防教育の発想がないからですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です