新聞屋さんの解離自殺が静かに増加中

昨年末

日経新聞社

東京本社ビルのトイレで火事があり

1カ月ほど前まで

東京都練馬区で

日経新聞の販売所長をしていた男性(56)が

死亡しました。

 

焼身自殺だったようで

抗議の自殺ではないかと言われています。

 

読売、朝日、毎日でも

新聞販売店主が

次々と自殺しているそうです。

 

 

遺書がないと

自殺扱いにならないとは聞いていましたが

 

この事件は

「火災」扱いになっていたのではないかと思います。

 

トラウマ等原因を【否認】する風潮は

人間存在も消してしまうようになるのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です