「米フロリダ乱射事件」愛着不全型PTSDからプロの襲撃犯志願の多重人格

17人が犠牲になった

米フロリダ州高校銃撃事件で

銃を乱射した

ニコラス・クルーズ容疑者(19)には

 

「フロリダ銃乱射...」の画像検索結果

 

一緒に暮らしていた友人家族には

動物虐待をしていたことは隠し

凶悪犯罪へのサインの1つ(FBI)

ペットをかわいがる別の顔を見せる

多重人格性がありました。

 

家庭外では

銃を見せびらかすのが大好きで

SNSにも

「AR15で人を撃ちたい」

「大量の人を殺して戦って死にたい」と

大量に書き込み

ユーチューブでは

「プロの学校銃撃犯になる」と話し

 

学校は

問題を起こして退学処分になっていました。

 

「相模原事件」の画像検索結果「相模原事件怪文...」の画像検索結果

相模原の事件と同じ確信犯

怪文書など送るのも危険なサイン

 

なぜこのようなことになったのかということですが

弟とともに

幼少時に養子となり

養父はその数年後

養母が昨年11月1日に肺炎で死亡したことが

大きいでしょう。

 

「芥川龍之介」の画像検索結果

作家になるくらい表現しつつ

哲学しなければ病理が定着

芥川のIQをもっても自殺するリスク

 

うつの症状を示し

「死んだ母親のことを考える」と話すようになり

事件の5日前に

心理カウンセリングを受けていて

抗うつ剤は飲んでいなかったと報道されていますが

真実かどうかはわかりません。

 

 

パターンは研究しつくされているのだから

 

 

アメリカでも

PTSD予防教育を徹底すれば

こういう悲劇は回避できるのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です