夏目漱石『こころ』PTSD解離自殺予兆の隠蔽

「勘定して見ると

奥さんがKに話をしてから

自殺の原因となるショッキングな話

もう二日余りになります。

その間

Kは

私に対して

少しも以前と異なった様子を見せなかったので

私は全くそれに気が付かずにいたのです。

彼の超然とした態度

たとい外観だけにもせよ…」


「こころ漱石」の画像検索結果

 

こころについて連載するつもりが

『夢十夜』のように

この作品だけで

長編になってしまったそうです。

 

こころについて考えると

まずは

PTSD解離自殺という大問題が

浮かび上がってくるということでしょう。

そして

それが理解できれば

こころの全体理解の第一歩になります。

 

主人公も先生も

哲学の学徒で

目に見える

実学の時代の始まりで

こころの話をするのは軟弱と断罪された。

心理学の源流は宗教哲学なのに

キェルケゴールや死について

「キルケゴール」の画像検索結果

「真面目」に対話しようとしていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です