PTSD解離性座敷牢事件で「尊厳著しくないがしろ」の精神科医療事情指摘の神戸地裁

兵庫県

三田市の自宅で

木製のおりに

障害がある長男(42)を監禁した父親(73)の

 

「長男檻42歳」の画像検索結果

 

判決公判で

神戸地裁の

村川主和裁判官は

「長期間被害者を監禁したのは

やむを得ない事情とはいえず

1988年ごろから

母親を噛み

「夜昼かまわず大声を出し

壁をたたき近所迷惑だった」

「施設への入所は

順番待ちが大変と思い諦めていた」

同情はできない」として

懲役1年6月

執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡しましたが

 

「支援を必要とする人々が

尊厳ある生活を送るための受け皿として

地域社会が

主体的な役割を果たすべきなのに

社会全体がその自覚に乏しかった」とも

指摘しました。

 

地域の問題でもなく

また

入院できればよいという話でもないですが

入院時、4人に1人は身体拘束だし

銃が必要な環境とも感じられている。

「精神科医に銃を」の画像検索結果「精神科医に銃を」の画像検索結果

 

裁判所も少しは理解を示してくれました。

 

PTSD解離性座敷牢事件で「尊厳著しくないがしろ」の精神科医療事情指摘の神戸地裁」への5件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃
    ドイツ敗退で葬式の様な一晩を過ごしたドラゴン一家です

    言うこと聞かないから縛る/監禁する/嚇す/
    薬で大人しくさせるー患者はそれをされたくないから黙って大人しくするーでも、言うこと聞けない原因を誰も聞いてくれないし、言葉に出来ないもどかしさがあるのを周囲は理解していないーこれもコンプレックストラウマになっちゃいますね

    どこら辺で権力行使するのがトラウマ化を最小限に抑えられるか….子育て中によく迷ったポイントでした

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ご愁傷さまでございます…。
      専門家には、せめて普通の親くらいは考えてほしいですね。

      返信
  2. あ*=franoma

    観察主体を構成する主観・主体・客観とは何かを西洋人に説明しようと努めてみました。

         /主観 subjective view
    観察主体〈 主体 ātman animated by soul
         \客観 objective view

    客体 ≡ object for the governors
            of the system

    子育て中の親御さんは、
    “one of the governors of the family system” ですよね。
     胎児期に既に立ち上がっている観察主体を手放させないように家庭内「権力行使」=保護&監護権を行使するように努めます。

    “the family system” の “the governors” =「首脳陣」を構成する際、パワーポリティクスあるいは横行覇道で 制圧-bully を実行するのが外資系育ちのキャリアウーマンやidthatid さまはじめ(胎児期に既に立ち上がっているお子さまの)観察主体をネグレクトする心理職であり、今後、公認心理師として日本社会を跋扈する予定です。困りますね。

    なお、“the family system” の “the governors” =「首脳陣」に未成年者が入っている家庭もあります。我が家は、先祖代々そうなっているようです。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そういう意味で育ちの悪い人たちが、公認心理師として日本社会を跋扈するという未来(;_;)/~~~

      返信
    2. ドラゴン🐲

      *****“the family system” の “the governors” =「首脳陣」を構成する際、パワーポリティクスあるいは横行覇道で 制圧-bully を実行するのが外資系育ちのキャリアウーマン******

      お時間ある時に具体例を書いていただけると想像しやすいです

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です