セリーナ・ウィリアムズ選手のPTSD解離性奇行とツイッター裁判官

全米オープン女子シングルスは

初優勝した

大坂なおみ選手より

決勝で悪態をついた

セリーナ・ウィリアムズ選手が話題になっています。

 

ラケットをコートに投げつけたり

主審の判定に激しく抗議したりしたことは

「セリーナ・ウィ...」の画像検索結果「セリーナ・ウィ...」の画像検索結果

性差別だとも訴える。

子どものようだと風刺され

 

1万7000ドル(約189万円)の罰金を科されました。

 

世界中が注目しているのに

すごい解離行動ですね。

解離行動をデフォルメするとこうなるのかも。

摂食障害の人がこんな風に食べているわけではない。

 

テニスコート(Tennis court)と法廷(Court)で

品位が問題になっています。

 

 

岡口裁判官なら

解離人格に絡まれても

 

「PTSD裁判idthat...」の画像検索結果「宅間守」の画像検索結果

法廷には解離人格もやってくる。

大丈夫でしょう。

 

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理師の皆さんはどうでしょう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です