宮腰沖北相「裸で議員宿舎訪問」のPTSD解離行動を自戒

宮腰光寛

沖縄北方相は

2007年に

深夜

酒に酔って

議員宿舎内の他の議員の部屋に入り

服を脱ぎ

その状態で廊下に出て

他の議員の部屋のインターホンを押したなどと報じた

週刊文春の報道について

 

30日午前の記者会見で

「深く反省している。

ご迷惑をおかけした方々には改めておわび申し上げたい」と

述べました。

 

「重要課題に緊張感をもって務めてまいりたい」というのは

【解離】しないようにという自戒です。

 

 

解離行動は

完璧な無意識行動ではないので

うそぶく人が多いけど

本人には予防が可能なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です