【JR代々木駅】ホームドアで乗客怪我による遅延の本末転倒!次はPTSD予防教育

午後5時前

JR山手線の代々木駅で

電車のドアに挟まった荷物が

駅のホームドアにぶつかり

衝撃で部品が吹き飛び

ホームで待っていた男性が足にけがをし

この影響で

山手線は一時運転を見合わせました。

 

自殺をする人は

乗り越えたり

別の場所を選んだりするだけで

「ホームドア無駄」の画像検索結果

何の役にも立たないどころか

不利益も出ました。

 

ブルーライトもダメでしたね。

「ホーム ブルー...」の画像検索結果

 

三度目の正直で

PTSD予防教育いたしましょう。

 

【JR代々木駅】ホームドアで乗客怪我による遅延の本末転倒!次はPTSD予防教育」への22件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    「ホームにドアをつけて自殺防止」
    自殺しない様に外側を整備する事を考えるのは心理士という資格を整備して安心感を得るのと同じですよね

    以前は 資格を持った心理士とカウンセリングをすれば自分の問題は解決方向に向くものだと思い込んでいましたーでも、カウンセリングをしてもカウンセラーによっては何も自己洞察を得られる事がないケースや、なかいきあか ちゃんのカウンセラーの様にクライアント虐待のカウンセリングの方が多い現実を知り、ドラゴン🐲はかなりビックリ⁉️仰天しています

    ブルーライトも失敗、ホームドアもイマイチ効果がないとわかったら、今度はホームにアロマでもたいていい匂いを漂わせる戦略も発案されるのではないでしょうか?

    それか、駅付けのカウンセリングルームを設けるのはどうでしょう?「飛び込む前に あと一回だけお話ししましょう」という看板掲げて…
    カウンセラーの腕が試される超真剣な対話になりますねー責任重大です

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      次は、「アロマ」と言い出すかもしれませんね。
      カウンセリングルームがあるだけで随分違うと思いますよ。
      東尋坊では活躍されている人がいるようですし、みんなから見殺しにされた「なかいきあかちゃん」のような子は救われます。
      あの専門家のような言動をすれば、ニュースになりますね。

      返信
      1. あ*=franoma

        ホームドアの存在意義は、
        ①転落事故の防止
        ②「突き落とし」解離犯罪の予防
        この2つでしょう。

        アロマで鎮静するアプローチは試されることはないでしょう。同じ香りでも人によって異なる反応を引き起こすからです。また、鉄道自殺を実行する状態の人は、得てして嗅覚が鈍麻していますから、鉄道自殺予防に成果を上げることは期待できません。

        私事でアレですが、四半世紀ほど前にミュンヘンにいた頃、パリに遊びに行って「パリの空の下…セーヌは臭い」と言ったらウケました。「夏に来るのが悪い」そうです。パリの地下鉄は、季節に依らず臭いけどダニ問題はなく鉄道自殺も出ませんね。

        https://ptsd.red/2017/09/26/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%89%e3%82%a2-%ef%bc%9f%e6%9d%b1%e6%ad%a6%e6%9d%b1%e4%b8%8a%e7%b7%9a%e9%ab%98%e5%9d%82%e9%a7%85%e3%81%a7%e3%80%80ptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e8%87%aa%e6%ae%ba/#comment-14420

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          「③自殺」を入れない人たちが考えますから、アロマの効能や自殺者の気持ちというようなことには考えが及ばないのでしょう。
          困ったことです。

          返信
          1. あ*=franoma

            そうですね…ドラゴンさんがお書きの
            「駅付けのカウンセリングルームを設けるのはどうでしょう?「飛び込む前に あと一回だけお話ししましょう」という看板掲げて…←駅ナカ相談室
            カウンセラーの腕が試される超真剣な対話になりますねー責任重大です」
            というのが良いかと思う次第です。鉄道警察隊メンバーの給与と同じくらいで駅に専門家が常駐。もちろん、PTSD否認を進める公認心理師法システムの構築/運用に集結しつつある「専門家」は社会の害悪ですから予め駅ナカ相談室には入り込ませません。

            “公認心理師法システム” PTSD否認
            – Google 検索
            https://bit.ly/2OJDUzd

            この15年ほどを反省してみると、結局のところ、公認心理師法システムは、自分らのヤらかす悪政で大変なPTSD現象の嵐が吹き荒れていることを「なかったことにする」安倍自公が上手いこと専門家の利益相反を悪用して設計した社会制度なのでした。

            ①悪政その一は「全電源喪失はあり得ない」と安倍が言い張り、福島原発の地震対策をやめさせたこと。この件は国会の議事録から削除して「なかったことにする」そうで、「死人に口なし」路線を進めています。全電源喪失の危険性については、専門家の誰もが知っていて、当然、立教大学の核問題概論という人気の講義でも毎年、小川岩雄先生がお話しでした。
            ②悪政その二は、教育基本法の骨抜きを実行したことです。お子さま本人が自己形成の権利と自由、それに付随する義務と責任を持って世界人権宣言の精神を共有する《人類共同体》メンバーたる《公民》になろうとしているのに、それをグチョグチョにしようとして件の西洋白人&腰巾着さまたちが暗躍したのとシンクロナイズしていましたね。
            ③悪政その三は、①②をなかったことにするため公認心理師法システムの構築&運用によってPTSD否認を徹底していくことです。野田和子さんがメリーさんのご家族のケースを《なかったことにする》ため躍起になったことは偶然ではないでしょう。
            兄の前妻も巻き込まれている15年あまりの国政レベルの話ですから、巻き込まれていることに気づいて、姪への負の連鎖を断ち切るよう努めていただきたいところです。まぁ彼女としては、大学で公認心理師法システムの構築&運用に加担し続けるほうが①楽しい②社会的地位が高い③カネがゲットできて海が見えるマンション購入のローン支払いもサクサク進む…というわけで止めるのは難しいかとお察ししますけどね。学生時代にはまだ真剣にクライアントさんのことを考えて勉強していたのに、こうなったのは、安倍自公に巻き込まれてしまったからですよね。安倍自公に巻き込まれ、兄の前妻より凄いことになったケースは、
            “千葉市議” site:.ptsd.red
            – Google 検索
            https://bit.ly/2mtgMZZ
            千葉市議になった声楽家です。

            姪や息子がいろいろ教えてくれなかったら私自身、ここまで来ることは出来なかったことでしょう。特に息子は皆さまにバカにされてきましたけど、我が家の宝です。

          2. 翠雨 投稿作成者

            そうです。
            悪い人たちは、①つるみ ②便乗します。

        2. ドラゴン🐲

          言われてみて気がつきましたが、東京の地下鉄の匂い、パリの地下鉄の匂い、ロンドンの地下鉄の匂い、全く違いますね

          パリの地下鉄の匂いを東京の地下鉄へ持って行ったら自殺者が減ったりするのかな…..?って、あり得ない想像してしまいました

          やっぱり、地下鉄の駅にカウンセリングルームを設置しカウンセラーをスタンバイさせ、プロテインと鉄を常備して、末田先生の本の販売をするのはどうでしょう??

          でも その前に 集団のオートパイロットモードを解除して個人的なお休みが必要なのかもしれませんね

          返信
  2. ドラゴン🐲

    そだ 野田和子さんからメールが届いていましたーエンカウンターグループの合宿のお誘いでしたー不登校のお子さんを持つ親同士を集めて何かやりたいみたいですねー未だに彼女が何故アプローチして来たかは謎ですー彼女がイメージしたドラゴン🐲像は外れたみたいですけど

    「姪や息子がいろいろ教えてくれなかったら私自身、ここまで来ることは出来なかったことでしょう。特に息子は皆さまにバカにされてきましたけど、我が家の宝です。」
    子どもたちの言葉はカウンセラーの言葉と違って直球で入って来るので気づかされる事が多いですよねー夫からの言葉には「オマエには言われたくない」と対抗心メラメラになりますけど、口数少ない次男の発する言葉には私も希少価値を感じるのか耳ダンボ状態ですw

    返信
    1. あ*=franoma

      なるほど…無口な人が稀にボロっと何か仰ると耳がダンボに👂なってしまいますよね。

      我が家の場合は、夫と息子の
      ①口数の多さ
      ②発言内容のレベル
      いずれも、ほぼ同じです。違うのは、「CPTSDによる認知機能の歪みが息子にはない」という点だけでした。要するに、素直なのでした。
      コメント
      http://ptsd.red/2016/04/05/%ef%bc%91%e5%84%84%e5%86%86%e8%b6%85%e7%9d%80%e6%9c%8d%e3%81%ae%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e9%8a%80%e8%a1%8c%e7%94%b7%e6%80%a7%e8%a1%8c%e5%93%a146%e3%82%82ptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e6%80%a7/#comment-8210
      にちょこっと書いたことです。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        ”「CPTSDによる認知機能の歪みが息子にはない」という点だけでした。要するに、素直なのでした。“

        ウイニペグのトラウマおじさんから学んだ中に 「CPTSDの子供の認知の歪み」は「 子供が失敗した時に養育者がどうやってその失敗をケアするかによって子供に中に生じる認知の歪み度合いが変化する」というのがありましたー要は 子供が失敗を経験と捉える事が出来るサポートを養育者がどれだけするかという事ですよねー「子供の素直さ」も生得的なモノでなく、親の養育態度の結果であると学んだドラゴン🐲ですーですから、ふらのおまさんの養育態度の結果がご子息の素直さに反映されてると想像してるドラゴン🐲ですードラゴン🐲は長男がストライカーとして点を取れなかった時に「このどアホ!」と非難してしまった事をかなり後悔し懺悔してますーきっと長男の認知はかなり歪んだ出来上がりになっている事でしょう

        返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      不思議な方ですね\(◎o◎)/!
      久々に記事を読んでみようと思います。

      返信
      1. あ*=franoma

        傍から失礼します。

        また野田和子さんの暗躍ですか。

        翠雨先生が前々からお書きのように
        「小賢しい自我が
        諸悪の根源なので
        ここを変える」のが
        PTSD予防&克服なのですが、
        「大変革を自我に起こすどころか
        壊して…廃人に」してから
        「スクラップ&ビルド」
        をさせようというのが
        日本文化への攻撃を目論む
        「発達障害論」詐欺です。
        「監獄実験は禁止されているのですから、倫理委員会にかけなければなりません」
        http://bit.ly/1M3vNuX

        http://ptsd.red/2016/05/23/%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%a8%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%b1%e3%81%95%e3%82%93%e8%a5%b2%e6%92%83%e7%8a%af%e3%82%82idthatid%e3%82%82ptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%90/#comment-7972

        このことを踏まえて、
        メリーさんのご家族のケースを《なかったことにする》べく躍起になっていらした野田和子さんが(両刃の剣とも言える)エンカウンターグループを指導なさろうということは、彼女自身が教育分析を受けて
        「小賢しい自我が
        諸悪の根源なので
        ここを変える」必要がある問題ある人物であることを示していますね。

        “野田和子” site:.ptsd.red
        – Google 検索
        https://bit.ly/2RYvN3Y

        心理職として働きたいなら、 教育分析を受けてからにすべきなので、公認心理師法システムは初めから制度設計が間違っていました。

        “制度設計” site:.ptsd.red
        – Google 検索
        https://bit.ly/2FrDaQ1

        返信
        1. ドラゴン🐲

          野田和子さんがどの様な心理職の方かは余り存じあげませんが、頂いたメールの中に 「不登校のお子さんの母子手帳を見直しましょう」という事が書いてありましたー結構、日本人の情に訴えるタイプのカウンセラーなのかな〜って思ってますードラゴン🐲にはそういう安っぽいソープオペラの様な姑息な手段を使うカウンセラーを信じる事が出来ませんーきっと、彼女の指導の下で治癒に向かって行く方達はドラゴンの様な歪んだ認知では無いのでしょうね

          返信
          1. あ*=franoma

            「そういう安っぽいソープオペラの様な姑息な手段を使うカウンセラーを信じる事が出来ません」か、音痴ではないドラゴンさんは、ご自分の無意識がどのくらい正しくチューニングされているか感知できるから、野田和子さんを却下できるのです。
            「きっと、彼女の指導の下で治癒に向かって行く方達はドラゴンの様な歪んだ認知では無い」というか、「信じる者は騙される」だけで、野田和子さんに騙されても運よく快復していく人もいるかも知れませんけど、エンカウンターグループは両刃の剣ですから被害者も大勢でるでしょうね。なので、野田和子さんのような多重人格性のある人物に「公認心理師」のお墨付きを与える社会制度の設計&導入が初めから間違えているわけです。

        2. 翠雨 投稿作成者

          メリーさん家のケースにそんなことをしていたのですね\(◎o◎)/!

          返信
          1. あ*=franoma

            一般論としては「日本人の情に訴えるタイプのカウンセラー」がいたらダメとは申しませんけど、
            メリーさんのご家族のケースを《なかったことにする》ように躍起になったりする《暗黒面》=アンチ・ラポールを徹底する公認心理師法システムの運用メンバーである事実をクライアントさんに気づかれないように「日本人の情に訴えるタイプのカウンセラー」という皮を被った女性なのでしょう。そういう多重人格性のある人物がエンカウンターグループの指導をすると…危険ですよね。

            心理職として働きたいなら、 教育分析を受けてからにすべきなので、公認心理師法システムは初めから制度設計が間違っていました。

            “制度設計” site:.ptsd.red
            – Google 検索
            https://bit.ly/2FrDaQ1

            PTSD否認を進める公認心理師による “制圧bully”=構造的暴力が生じない社会システムの構築を目指して、制度設計を行うことが初めからポイントだったわけですから、公認心理師法システムは凍結して、心理職には教育分析を義務づけるところから始めると良いでしょう。そうすれば、教育分析が足りないので悪気はないのに変な方向に向かって努力なさっている有名人きょうクリ院長先生も治りますからADHD詐欺が収束に向かうことにでしょう。

            https://ptsd.red/2018/08/16/%e7%b1%b3%e6%95%99%e4%bc%9a%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e6%80%a7%e7%9a%84%e8%99%90%e5%be%85%ef%bc%97%ef%bc%90%e5%b9%b4%e9%9a%a0%e8%94%bd%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%82%af%e3%83%8f/#comment-16593

            “制圧bully” – Google 検索
            https://bit.ly/2PBLm4D

          2. 翠雨 投稿作成者

            「情に訴える」タイプを演じる多重人格ですか。
            なるほど…φ(..)

            感情的なタイプと違い、これは傍目にわかりにくいですね。
            感情機能の弱さとしては共通なので、教育分析を受けるようにすれば、こういう人は世に出ませんね。

    1. あ*=franoma

      凄いバイタリティなのは、解離状態だからではないかと推察します。もし解離状態ではないのであれば、認知機能の歪みがありませんから末田耕一医師の臨床知見も(中井久夫先生と同様に)書いてあるがままに読んで受け止められるハズですし、メリーさんとも「普通に話し合い」ができたハズなので何か変なのですよね。私の記憶違いでなければ、野田和子さんは意気消沈しているお子さまに「子どもの鬱病」ラベリングをするアプローチでOKという雑で権威主義…凄いバイタリティです。意気消沈しているお子さまに「子どもの鬱病」ラベリングをするアプローチでOKとしてしまい、あのバイタリティでは制圧タイプなのでしょう。制圧タイプという点、突撃SS隊員女子と同じです。

      関連したことを
      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12391179114.html
      に書きました。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        おはようございます😃

        一つ質問です

        野田和子さんは子ども時代をいじめを経験して周囲には理解されずに大人になり心理職に就いて色々活躍されてるご様子ー凄いバイタリティが無くては出来ないと思うのですー確かにFranomaさんが仰る様に解離行動とも解釈出来ると思うのですが、心理職になって自分の子どもの頃のトラウマを昇華してると考えるのは間違いですか?

        最近、解離行動なのか自己実現行動なのか区別がつかないドラゴン🐲です

        返信
        1. あ*=franoma

          「心理職になって自分の子どもの頃のトラウマを昇華してると考えるのは間違い」ではありません。ただし、解離していなければ、前のコメント
          http://ptsd.red/2018/11/14/%e3%80%90jr%e4%bb%a3%e3%80%85%e6%9c%a8%e9%a7%85%e3%80%91%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%89%e3%82%a2%e3%81%a7%e4%b9%97%e5%ae%a2%e6%80%aa%e6%88%91%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e9%81%85%e5%bb%b6%e3%81%ae/#comment-17235
          に書いたような問題行動=心理支援の対象者を害する言動は出来ないハズなので、解離状態であることは間違いないでしょう。一度、立ち止まって我に返る機会があれば、そのあとは、被害者を出さない「昇華」への道が拓けることもあり得るでしょう。それは、「香山リカ立教大学教授が批判されたら治る」と子どもが予想したのと同じことです。それとは対照的に完全犯罪者は批判しても意味がないというのは判りますよね?

          現場で働く専門家としては、
          ①ケーススタディの軽視(←メリーさんのご家族のケースを《なかったことにする》など)。
          ②意気消沈したお子さまに「子どもの鬱病」ラベリングをしてOKにする権威主義。
          この2つは致命的な欠陥(=PTSDによる認知機能の歪み)ですから、現状では、彼女の昇華は極めて困難ですけれど、健闘を祈ります。ケーススタディを重視して権威主義から脱し、ご自分の《観察主体》を活かすことがクライアントさんに《観察主体》を手放させようとしないことに直結しますからね。

          こういう説明で、答えになっているでしょうか。

          「クライアントさんに《観察主体》を手放させようとしない」ように
          (=“non-objective”)にトラウマ強化受容を進めなければ、ラポール形成は阻害され、制圧できてしまうわけで…そこに気づかない限りはidthatidさまや、きょうクリ先生と同類です。
          https://stat.ameba.jp/user_images/20180727/23/aya-quae/3b/af/j/o1080050714236822917.jpg
          または
          https://ameblo.jp/aya-quae/image-12393733814-14236822917.html

          主体性(←ātman animated by soul)のある学びがなければ、
          「小賢しい自我が
           諸悪の根源なので
           ここを変える」(©︎翠雨先生)ことは出来ない…と言い換えることも可能です。そういうわけで、野田和子さんが本当に昇華への道を歩むためには、きょうクリ先生そのほかの制圧タイプの「専門家」同様、まず教育分析を受けることが吉です。

          きょうクリ先生は今後、2つの権威主義の温存で開業医としてサバイバルを図る《小賢しい自我》をお持ちのように観察されます。
          https://ptsd.red/2018/08/16/%e7%b1%b3%e6%95%99%e4%bc%9a%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e6%80%a7%e7%9a%84%e8%99%90%e5%be%85%ef%bc%97%ef%bc%90%e5%b9%b4%e9%9a%a0%e8%94%bd%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%82%af%e3%83%8f/#comment-16593
          に書きました。

          教育分析が足りないらしいのは、kyupin 医師も同じことです。

          晋精会メンバーの雇われ院長としてサバイバルするためには、「アスペ」「うつ病」「非定型精神病」など何でもいいからラベリングをして「普通に話し合い」することは拒否=来談者の観察主体を無視し、来談者に観察主体を手放させようと躍起になるわけですね。これがkyupin医師の「トラウマ反応が起きてサバイバルモードになった時の思考の癖」(©︎ウィニペグのオジサン)というわけです。

          こうしてみると、kyupin医師は、教育分析が足りないという意味で「自称精神科医」ですね。しかし、シモンドンのいう “autojustification” によって今まで社会的地位をキープしてきました。しかし、PTSDの世紀には、害毒にしかならず、アベ友=晋精会トップが患者を射殺する特権を精神科医に付与して欲しいと思うようになりましたから、終わっています。

          kyupin医師の「トラウマ反応が起きてサバイバルモードになった時の思考の癖」(©︎ウィニペグのオジサン)
          そういう思考グセを持ったCPTSD患者であるkyupinさんが「日本だと週単位で治る筈」とは誰も思いません。晋精会&公認心理師法システムで頑張りますから。そして、バックの勝共連合=統一協会は「家庭連合」に改称し、甲斐さんが指導しつつ、家庭が “soul cage” にならないようにしよう…というストラテジーになったのかなぁ?…と想像しています。“the principle of charity” を欠いた教義をそのままにして如何にして家庭が “soul cage” にならないように出来るのか?…は不明ですが、教団を解散することもできないでしょうし、現状では教団としては最善の舵取りではないのか?…と個人的には思います。

          晋精会の解散と
          公認心理師法システムの遺棄は、
          これ以上、被害者を出さないためには不可避でしょう。

          https://ptsd.red/2018/08/16/%e7%b1%b3%e6%95%99%e4%bc%9a%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e6%80%a7%e7%9a%84%e8%99%90%e5%be%85%ef%bc%97%ef%bc%90%e5%b9%b4%e9%9a%a0%e8%94%bd%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%82%bb%e3%82%af%e3%83%8f/#comment-16579
          に書いたことです。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            おこんばんは
            ふらのおまさん
            ありがとうございます😊

            「現場で働く専門家としては、
            ①ケーススタディの軽視(←メリーさんのご家族のケースを《なかったことにする》など)。
            ②意気消沈したお子さまに「子どもの鬱病」ラベリングをしてOKにする権威主義。
            この2つは致命的な欠陥(=PTSDによる認知機能の歪み)ですから、現状では、彼女の昇華は極めて困難ですけれど、健闘を祈ります。ケーススタディを重視して権威主義から脱し、ご自分の《観察主体》を活かすことがクライアントさんに《観察主体》を手放させようとしないことに直結しますからね。」

            これですね
            専門家の現実でのやり方が オンラインでの言動に現れてるという事なのですねー母子手帳を取り出して来てお涙頂戴療法=ソープオペラセラピーはやっぱりドラゴン🐲には有効ではないのでメルマガを受け取るのをキャンセルしようと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です