東京地裁で初の情報開示命令!ネットストーカー(加害者型PTSD)は追い込まれるだろうか?

インターネットの掲示板に

匿名で

いじめ被害者の名前を書き込んだ人物の

情報を開示するよう

東京地裁が

通信各社に命じる判決を言い渡しました🎉

 

被害者は

中学に入って間もなくから

ネット上で誹謗中傷され

現実でも暴力を振るわれ嘲笑された

ショックから不登校となり

「PTSD予防」の画像検索結果

自宅で自殺未遂をしました。

 

先生に助けを求めても

「連絡ノートの書き方が悪い」と

逆に頭をたたかれ

教育委員会もなかなか動きませんでしたから

 

いじめっ子は増長し

「被害者ヅラ息子の虚言癖」等と書き込み内容がエスカレート

実名まで書き込むようになり

呼吸をするように嘘をつく人種

「安談」の画像検索結果

プロレスラー気分の英雄気取り

「安談」の画像検索結果

スクールカウンセラーにもいますから!

 

少年は「精神的に不安定になってしまって

外にも全く出られなくなってしまった」とのことで

 

こんなやり方は卑怯であり

理不尽だと思いはしても

匿名なら仕方がないと諦めていた母親も

通信各社に書き込んだ人物の

名前や住所の開示を求める裁判を起こす決心をし

東京地裁が

投稿は「プライバシーを明白に侵害する」として

開示を命じました。

 

なんと

いじめ問題では初めてのことだそうで

この問題は本当に後手後手です。

 

特定された人物に対し

さらに損害賠償を求めていくそうですが

驚愕の最新判例を参考に対応されることを

強くお勧めいたします。

ネットなどしたことがない裁判官に

基本禁止で

注意されると速攻でやめるヒラメ水族館

ヒラメ以外は弾劾裁判リスク(;_;)/~~~

判断してもらうという

危ない橋をどう渡るかなんです。

 

変な判決が出たとしても

当研究所の場合は

勘違いして書いているだけと

判断されました💦

それらを集めれば

ネットいじめ事例が記録化され

「安談」の画像検索結果

「安談」の画像検索結果

訴訟中にとばっちりを受けた闘病中のブロガーさんもいますよ。

なんと

無断で実名を明かされ

大学に行くように支援したと

心理職に虚偽を書かれました。

有意義な議論になりますから

提訴自体はできればすべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です