母親に児相に世間に見殺しにされた姉(10)の記憶とPTSDの負の連鎖

千葉県野田市の

小学4年

栗原心愛(みあ)さん(10)が

自宅で死亡した事件で

父親(41)が逮捕されましたが

「生活態度を注意したら

もみ合いになった。

うるさくて暴れるので

しつけのためにやった」と

供述しているそうです。

日常的に暴行されているので

身体にはあざがたくさんあって

「お母さん、怖いよ」と叫び

近所の人たちも

女児の泣き声や男性のどなり声を

度々聞いており

学校での

いじめに関するアンケートで

「父からいじめを受けている」と書いたので

児相に一時保護されたこともありますが

その後は

放置されていて

死亡した日も

お母さん(31)は助けてくれませんでした。

「児童虐待」の画像検索結果

妹(1)は

まだ何もわからないと思いますが

それでも

このままでは

精神的に何らかの負の影響を受けるでしょう。

自殺予防も

児童虐待防止も

専門家が集まっただけで

昔と全然変わりません。

「八卦見」の画像検索結果

それで

占い師も多数受験したと揶揄される

公認心理師に

期待がかかっているのでしょうか?

4 thoughts on “母親に児相に世間に見殺しにされた姉(10)の記憶とPTSDの負の連鎖

  1. ドラゴン🐲

    これだけマスメディアは「虐待」に関して色々と伝えているのに、何故、perpetrators は気がつかないのでしょう?
    それとも、Perpetratorsは世代間伝達をしなきゃいけないというミッションを背負っているのかな?って感じるこの頃です
    Pさんたちは幼少期に虐待を受けていたとしてもそれが心の傷になっていないのですよねー心の傷になる人とそうでない人の違いは何なのか?って思います

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      自分もこどもを虐待する使命をもって生まれてきたと勘違いしているかのようで、不思議なことですね。
      それをイマドキの専門家たちが見て、「遺伝子」レベルの問題だと言うのでしょう。
      人間関係の病でもあるので、どこか世間とキレている結果だと思うのですけどね。

      そして、やはりトラウマはあって、それを抑圧しているから、こうなるのだということが重要だと思います。
      抑圧しているから傷になっていない「つもり」であって、無意識は知っています。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        皮肉っぽい…
        「心愛」ちゃんという名前
        親はどういう想いでこの漢字を選択したのでしょう?ーお名前とは真逆の養育をされてabandonment していたのですよねープラス、ママの傍観…..

        傍観してるママたちって、次の日になると全てがリセットされて虐待は無かった事になっちゃうみたいですねーPさんたちのエネルギー増強に貢献してるのですよね

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          皮肉ですよね。

          傍観も、無意識的な防衛とは言っても罪なことです。
          この国は、そういう意味で罪人だらけです。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です