新井浩文さんは逮捕!芸能界アルコール&解離現象はPTSDの負の連鎖で更新中

 

 

東京都世田谷区の自宅で

昨年7月

派遣型マッサージ店の

30代女性従業員に性的暴行をしたとして

強制性交の疑いで逮捕されたそうですが

 

やはりお酒を飲んでいました。

 

 

お酒を飲んでいると

施術を受けられないとも書いてあると思います。

 

ジャニーズの事件も衝撃的でしたし

 

「山口達也」の画像検索結果

 

 

飲酒運転で逮捕された事件もありましたが

「山口達也 薬」の画像検索結果

 

2つの要素が一緒になったような

表現をさせるのは

集合的無意識に住む

脚本家と映画監督です。

 

解離人格は

操り人形みたいなものですね。

 

8 thoughts on “新井浩文さんは逮捕!芸能界アルコール&解離現象はPTSDの負の連鎖で更新中

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    愛読書の著者が依存症を考える際、

    The question is NOT,’Why the addiction ?’, BUT ‘Why the pain?’

    が全てだと思いますーふらのおまさぁーん!上手な日本語にして下さぁ〜い!

    先日お目にかかった対人関係をスムーズに考える手法をメインに治療しなさいとアドバイスをして頂いた日本人カウンセラーは「依存症の1番の原因は本人の意思」という超純ジャパ思考をお久しぶりに耳にした時に妙に新鮮な感覚を味わったドラゴン🐲です(スゲ〜嫌味?)

    首都圏の治療者の大部分は未だに↑みたいなトラウマ否認なのだから依存症患者をリカバリにリードする事は難しいのでしょうね

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「依存症の1番の原因は本人の意思」とは…(・・?

      意思として依存症を志向した?
      意思が弱いというなら、使い古された常識ですが、なぜ意思が弱くなるのか、どうしたらよいのか不問にして断罪💦

      フツーのクライエントさんは、こんな言葉にもあれこれ考えて悩まれるみたいです…。
      専門家って罪深いですね(^_-)-☆

      私も翻訳に期待✨

      返信
      1. ドラゴン🐲

        ドラゴン🐲は 翠雨先生&ふらのおまさん+メル+ウイニペグのおじさん+DrMateに鍛えられたクライエントさんなので悩む事無く、「アホ!」と心の中で叫びながら「お気をつけて日本に戻られて下さいね」と着ぐるみの最高の笑顔で握手してお別れ🤝しましたー裏に「Keep in touch !」と何故か英語で書かれている彼のビジネスカード、なんか変な匂いがします

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          こころのなかで「アホ!」と思いつつ、慇懃無礼に対応出来たら、相手に伝わらなくても(伝わらないものなので)最高ですね(^_-)-☆

          返信
        2. あ*=franoma

          傍から失礼します。

          「裏に「Keep in touch !」と何故か英語で書かれている彼のビジネスカード、なんか変な匂いがします」か、それはそれは…災難でしたね。

          “Keep in touch !” すると、クライエントさんをカモ🦆れるのでビジネスになります…という “カード” を証拠として残して行った…ご本人の無意識は知っているわけで。

          《カネの亡者ケイオー》と同じメンタリティなのでしょうね。

          “カネの亡者ケイオー”
          – Поиск в Google
          https://bit.ly/2DQ660X

          返信
  2. Ikuko Marie ASAOKA/HISHIKAWA

    先日、駅頭で顕正会の新聞を奨めているオバサンが「人生の目的は成仏にあり」と書いてありますよと仰るので、「それは絶対的に正しい」とお返事しました。末田耕一医師に傾聴されて役割を終えた交代人格も消えていく(=成仏する)のです。それとは対照的に解離性遁走&無差別殺人のあと解離性健忘に逃げ込んだ仙台エリート研修医は、交代人格が主人格になったようですね。
    https://bit.ly/SendaiEliteIntern

    話は戻って、顕正会のオバサンが「キリスト教はハリツケになって終わっちゃうからダメなのよ」と仰るので、一応カトリックのオバあサンは、
    “No cross, no crown”
    苦難なくして栄光なし
    と言おうかな(?)と、ちょっと思いましたが、お互いに時間とエネルギーの無駄だから「そう思われますか、ちょっと違いますけど」とお返事しました。

    顕正会オバサンもカトリックオバサンも創価学会員さまも、
    “No pain, no gain”
    苦あれば楽あり
    くらいなら「そうだよね〜」と「わかり合った気になれそうですね。

    “Why the pain?”
    は、その文脈での “pain” ですから、
    リスカ依存症の女子に末田耕一医師のトラウマ強化受容療法は有効です。かけがえのない当人の歴史的身体を時々攻撃的な交代人格が乗っ取ってリスカするわけですから、交代人格が役割を終えて(=末田耕一医師に傾聴されて表現し終えて)成仏すれば、実生活でリスカ表現を続ける必要はない…ということですね。

    「交代人格の成仏」という表現は、現在の時点で、顕正会さんには通じる可能性を感じますけど、創価さんは全然ダメですね…大学まであるのに…というか…「人民制圧のツール」としての大学を創設してヒエラルキー強化を進めるストラテジーなのでしょうね。だから、お子さまを一度、洗脳したら教団を離れることができないように、教育基本法の骨抜きを実行したわけで…人道上の罪も、ここまで来ると凄すぎて…どうしたものか?…と思います。中国が公明党の訪中団を相手にせず、ロシアが家庭連合=勝共連合=統一協会をバックにした安倍一味を相手にしないことは当然のことです。《人類共同体》メンバーから見て “the principle of charity” を外した日本の2大カルト組織とコネクションを作ることは、良心にもとる行為ですから。

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. ドラゴン🐲

      Marieさん
      解説していただきありがとうございます😊

      ドラゴン🐲はイマイチ日本語ボキャ貧困なので上手く表現出来ないのですが、「The question is NOT,’Why the addiction ?’, BUT ‘Why the pain?’」を簡単に日本語っぽくすると「依存症を考える時、どうして依存するのかを考えるのではなくて、依存という表現に逃げなければならなかった苦痛の原因を考える」って感じかな……すみません、直訳ですね
      ー依存症患者は依存という表現方法を選択せざる得なかったけど、治療する際には依存してる事/依存行為に注目するのではなく、依存行為の下に隠れている苦痛は何か、その苦痛の原因は何なのかに注目する方がいいーって感じかな…要は外的適応を目指すのでは無くて(依存行為をやめさせるだけでは無くて)、内的適応を目指すのが依存症治療の目的であるという事を言ってるのですよねー内的作業モデルを修正する必要があるって言えばブリッツっぽいかもしれない(笑笑)

      名刺にKeep in touchと書いて下さったカウンセラーTさんはドラゴン🐲ママと同じで患者に寄り添う事無く患者の根性に注目して依存症を治療するタイプなのでしょうードラゴン🐲は14歳の時以来、それが有効ではない事を身を持って経験済みなのですーきっと、Tさんは患者の1番外側の着ぐるみの感性しか観察していないと思いますーそれで今までカウンセラーとして働いてきたのだからお見事ですよね

      返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      「苦あれば楽あり」と「苦難なくして栄光なし」は大違いなのですね。
      豪雪地域があっても比較的温暖な島国の集合的無意識には、そういうところがあるのかなと思いました。
      緯度がちょっと北にずれた韓国なんかは大国に挟まれて、かなりのストレスを受けてきましたからね。

      そういう意味で恵まれた時代に生きる私が言うのもヘンですが…。
      せめて成仏理論くらいは理解し、負の連鎖させない責務はあるかと思います。

      返信

翠雨 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です