東京高裁は女子中学生を2年間監禁しPTSD発症させた寺内被告に懲役12年の判決

埼玉県朝霞市で

2014年

当時中学1年だった少女を誘拐し

約2年間自宅に監禁した

寺内樺風被告(26)に対する

一審の判決は

懲役9年でしたが

控訴審の東京高裁は

「犯行の悪質性を正しく評価しておらず

軽過ぎる」という検察側の主張通り

懲役12年を言い渡しました。

少女はPTSDを発症し

苦しんでいますから

心情的には

無期懲役を望んでいますが

「少女監禁PTSD」の画像検索結果

日本の司法は

加害者にやさしいんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です