「反抗挑発症」「素行症」「HSP」と複雑性PTSD

親に口答えをしたことがない子は

心配されたものでしたし

カンシャクをよく起こす小学生は

昔からいました。

「ヘレンケラー ...」の画像検索結果「手におえない子」の画像検索結果

 

遊んでいるときに

「ごはんだよ」と声をかけられただけで激怒し

「死ね」と叫びながら

物を投げつけるようになると

ちょっとヒステリーがかっているなと心配し

被れやすい。

授業中に教室から抜け出し

注意されると「うるせえ!」と逆ギレ

夜遅くまで数人の仲間と街を徘徊したり

コンビニで万引きを繰り返したりしだすと

「補導」と称して

親子から話を聴いたりしたものです。

 

そうすると

やってることはよくないけど

『そりゃそうなりますね…』という

おいたちが見えてきて

今で言えば

 「PTSD予防」の画像検索結果

 

こういうことになっていると理解されたので

「古沢平作」の画像検索結果

殆どの子どもは

しっかり暴れると

ある年齢で

『こんなことやってる場合じゃない』と気づき

そういう世界から卒業できたものです。

 

今は

 「反抗挑発症」「素行症」

HSPと名付けられることで

「HSP」の画像検索結果

問題をこじらせてしまい

これを複雑性PTSDと呼びたいくらいです。

「複雑性PTSD」の画像検索結果

大人の発達障害みたいに見えてしまうようですね。

「大人の発達障害」の画像検索結果

 

そして

投薬がプラスされると

PTSDはますます複雑化し

いわゆる「複雑性PTSD」であったことに

「複雑性PTSD」の画像検索結果

誰も気づかない状態へと化けてゆきます。

 

6 thoughts on “「反抗挑発症」「素行症」「HSP」と複雑性PTSD

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    解離性同一障害の患者も繊細さを指摘されていますが、その繊細さとHSPの繊細さとは異なるのでしょうか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      おそらく、比較以前の問題で、表面的にテキトーなことを言ってる段階じゃないかなと思います。
      そして、例によって、次の段階はもうないのです!(^^)!

      返信
  2. あ*=franoma

    親子関係は、当然、家によって異なります。我が家では、
    「遊んでいるときに
    『ごはんだよ』と声をかけられただけで」は気づかず(←集中力が高い)、
    プロレス技をかけて良いことになっています。
    「うわぁ何すんだよ」
    「ごめんねーご飯できた。全然、気づかないので、ハッとするようにヘッドロックかけてみた」

    パチンコ屋さんの御曹司の場合には
    「やってることはよくないけど
    『そりゃそうなりますね…』という
    おいたちが見えてきて」OK

    我が家の場合は、HSPとかではなく、
    「あいつら全員、グルなんだよ」
    という国際情勢のなか、「心理職の反則技」(← “隠れ虐待” と “心理操作” をやりまくる)「専門家」が欧州と日本の両方にいて、
    2019/09/09 | あ~どうしたものか
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12523108675.html
    現在、息子は全部、独学でいく…と申しております。息子の伯父にあたる私の兄も、《アスペ》ラベリング詐欺、ADHD詐欺、さらにHSP詐欺に絡め取られた「専門家」に囲まれて、演技も下手で見破られているので、我々が知る専門家のうち「あいつら全員グル」のなかに入っていないのは、末田耕一医師のほかは、翠雨先生だけです。

    かつてオンライン小説を書きつつ統合失調症ということになっていた御仁も今だったらHSP詐欺に絡め取られたのではないかと思います。

    折角、PTSDの世紀になったのですから、複雑性PTSDと認識してPTSD予防&克服の道を皆で選ぶと良いかと思います。そのためには、DSM精神科医が「全部、無意識の問題だ!PTSD現象だ」と確信せねばならないし、無意識を担っている物言わぬ身体細胞を含めて心身霊/心身景を holistic に自ら究明する《観察主体》を手放させてはならないのです。複合汚染のなか、胎児期から虐待環境にある子どもたちの復興の主体は、当人の守備本能を活かすことができる《観察主体》であり、幽霊を観ても幻聴を聴いても良いのです。山岳医療を断念して救急医療をやることにした先生も、遭難して「もう来るな」という幻聴(←神の声)から学んだ訳で、当人の守備本能を活かす観察主体あってこそ、救急医療の専門家として昇華が可能になりました。

    いつも記事をありがとうございます。
    どうも、お邪魔しました。
    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      楽しそう!(^^)!

      安談学芸もどきプロレスの被害者でも、プロレスというだけでトラウマスイッチが入ったりしません。
      むしろ癒されそうですが、、結局、こういう人間環境が大事なんですよね。

      こころの世界では、大学とか資格とかではなく、山の神さまの応援があるような出自が大事だと思います。

      返信
  3. ドラゴン🐲

    月曜日の朝に納得した2点

    1)そして、例によって、次の段階はもうないのです!(^^)!

    2)こころの世界では、大学とか資格とかではなく、山の神さまの応援があるような出自が大事だと思います。

    ありがとうございます😊

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です