宝塚市の大学生がボーガンでPTSD解離性無差別殺人

午前10時すぎ

兵庫県宝塚市の

JR宝塚線中山寺駅の南約2キロにある住宅街で

ボーガンのようなものに刺された

「ボーガン」の画像検索結果

成人の女性2人が

搬送先の病院で死亡しました。

他にも複数のけが人がいるようです。

人身事故が増え

凶悪犯罪が増えていると思えば

民家で無差別殺人事件が起こりました。

発達障害誤診で

薬害の影響もあるのでしょう。

国民一律にストレスがかかっていますが

「給付金」の画像検索結果

あふれやすい人たちには

「いっぱいいっぱ...」の画像検索結果

こころのケアが必要です。

16 thoughts on “宝塚市の大学生がボーガンでPTSD解離性無差別殺人

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます😃
    まさに解離殺人ですね
    正気に戻ったら、自分は殺人犯だった…と気がつくのって可哀想…
    解離状態でどんな行動をするのか….って、何かパターンがあるのかな?
    ドラゴン🐲は解離すると遠くに行きたくなっちゃう癖がありましたけど…個人情報を流出したり、人の命を奪うよりかまだマシかな?って、比較するべき事ではありませんね ハイ、失礼しました

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      大変な事件が起きました\(◎o◎)/!
      亡くなったのはお母さんとお祖母さんだそうです。
      ―あとのニュースで「おば」と訂正されました。
       伯母か叔母かは不明です。

      大学生に、こんなことさせちゃダメですよね。
      誤診薬害ブームといい、コロナ騒動といい、本当に罪深いです。

      ショーワな日本人に人気の、フーテンの寅さんって、絶妙な方法を示してたんですね。
      瘋癲って書くそうです。
      家出する前の攻撃性は結構怖いので、どこがいいのかと思ってましたが…なるほど納得です。

      サイアクの解離を避ける究極の話ですね。

      返信
      1. あ*=franoma

        傍から失礼します。

        『ボーガンで撃たれ3人死亡 逮捕の大学生「家族殺すつもり」』
        | NHKニュース
        撃たれた人のうち男女3人が死亡し、亡くなったのは、野津容疑者の祖母の好美さん(75)、母親のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)と確認されました。

        また、伯母の百合江さん(49)がけがをして病院で治療を受けています。

        野津容疑者は調べに対し「自分が持っていたボーガンで撃ったことに間違いありません。家族を殺すつもりだった」と4人を撃ったことを認めているということです。
        https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200604/k10012457531000.html
        iPhoneから送信

        心理戦争が展開される世界で、件の西洋白人女性=創価コネクションで《発達障害》論が展開されると、
        「私=母を殺しても、あなたの問題は解決しない」
        ということが判らなくなる人も出てきます。実際、彼女の場合には、ご子息から殴られたそうです。当時、愚息は「殴る相手を間違えなかった点は正常」と評価しました。Christopher Krumm のように実父と(妊娠中の)ガールフレンドを弓で射ころし、自殺して[断種]するケースもあります。《アスペ》ラベリング攻撃をやりまくって育てた[成果]です。

        この男子大学生も、祖母/母/弟を殺害、伯母は負傷ということですが、“自らの内部に悪を取り込む” プロセスを強いた(←セルフネグレクト強要を受容させた)家族を殺害すると決めたのでしょう。復讐感情の迷走もPTSD症状だという実例ですね。

        毒親論では遠回りになる一因は、復讐感情の迷走に陥る場合もあるなあと思いました。このケースでは、3名を殺害して社会的な予後も最悪になりました。

        返信
        1. ドラゴン🐲

          お邪魔します
          「毒親論では遠回りになる」という事ですが、毒親論を持ち出して、そのtoxicityを理解する事で復習感情や怒り💢の感情も観察することが出来るようになると思うのですが…だから、「毒親」という言葉を故意的に意識してみる方が治りは早いような気がするのです
          言い替えると、毒親という存在を故意的に見ない様にする事は薬物で自分を見えなくさせてる事と同じ様な気がしてならないのですー何が自分の問題かを考える時には毒親の存在は欠かせないと思うのです
          間違ってますかね?

          返信
          1. あ*=franoma

            “悪を自らの内部に取り込む” プロセスを何処でどのように経たか?は、世に言う《毒親論》よりも、ずっと複雑な社会プロセスです。

            例えばBiermanや杉山登志郎の毒牙にかかってADHD児が長じて双極性障害になるのは、《PTSD否認》専門家に親御さんが騙されて発生する悲劇ですけれども、その時、親子は共々《PTSD否認》専門家に騙された状態です。親子合同箱庭療法なら治癒して《毒親vsADHD児》状態から脱せるでしょうが、ADHD児が自分の内的適応に問題を感じることは殆ど不可能で、外的適応だけを目指すほうに誘導されて、親御さんも、お子さまの外的適応を進めるために、環境を全力で整える…結果、医学部を出て、きょうクリ院長になりました…とか、服巻先生に騙されて「えじそんくらぶ」メンバーになりました…こうなると、《毒親論》は無力です。SOC保健学博士も「えじそんくらぶ」が victimisers & “willing victims” の集合体であることに気づきません。そこから育つのは、
            https://bit.ly/2EBZelA

            https://bit.ly/menuForJap
            を推進してしまう《PTSD否認》専門家の群れであり、益々《医療の商品化》に邁進します。誰の意識にも《PTSD否認》専門家の群れに騙された親の toxicity は認識されず、前意識レベルでも認識されません。すると、音痴ではありませんが、アマルティア・センに騙されて終わる伊東乾さんみたいな人物が出てきます。

            末田耕一医師は、そういうのを繰り返す “farce” =《トラウマの再演》を止めたい…その時、有効なアプローチは、《昇華を焦る気持ちが病巣》の親の toxicity を問題にする前に、《PTSD否認》専門家の «imposture» こそが《人道上の罪》であること、そうした専門家には《債務不履行》があることを裁判で明らかにして、毒親さんの毒気を抜くことです。すると、《昇華を焦る気持ちが病巣》の親御さんも目が覚めて治るでしょう。

            いちばん良いのは、初めから気づくことですけどね。それは《観察主体》がしっかりしていないと難しいから普通の人には期待できないのですよ。

            こんな説明で通じるでしょうか?

          2. 翠雨 投稿作成者

            「毒親論」禁止に従った人が、遠回りしなかったか、はてまた、治癒しているかは不問とされているんですよね。

            言えることは、精神分析では「自由連想法」が基本だし、行動療法でさえ、変化の過程では極端に走ることがありがちなので、逐一注意しないものです。
            ウルトラマン(o|o)ごっこにかぶれたままの大人は見たことがないですしね。

  2. ドラゴン🐲

    「サイアクの解離」
    解離状態がずっと継続しているのでしょうねーこれもお気の毒ですー身体は常に緊張状態が継続していて休まる感覚がないと想像していますーお話し出来る人たちが周囲にいらっしゃらないのだと想像しますー翠雨先生にお話ししようと試みた様子ですがプライドが邪魔してたのか、「プリーズ」の一言が言えなかったのも残念な事でしたー「大きな魚🐟を逃した」という悔やんでる人格が八つ当たりしているのでしょう

    我が子を養育する際に何か人にお願いする際には必ず「プリーズ」をつけなきゃダメよ!って口酸っぱく言ってきましたが、果たして彼らは身についているかどーか?

    宿題やらなきゃ💦

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      その点でもギネス記録になるかもしれません( ..)φメモメモ
      偽の成功体験がヘロイン級、もとーいっ(^_-)-☆、向精神薬級だったのでしょう。短い天下でした。
      日本でも、「実るほど…」って教えますよね。
      憐れみます。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        あ*さん
        毒親論遠回り説の解説ありがとうございます😊
        説明をしていただき、自分が毒親の毒性のメカニズムを少し理解できている事に気がつき、少し自我肥大っぽくなって、自分は少しだけ成長してるのかも?と1人でほくそ笑んでしまいました(怪しい)

        Walfisch島ー大切な島だったみたいですねードラゴン🐲にとってもここ(翠雨先生ブログ)は大切な島です

        たったひと言がいえなかったがために、逃した魚がデカすぎたことに今更気がついたのかな?

        お水の中で生き生きとご活躍されてる翠雨先生を必死で素手で捕まえようとしてるのかも….お魚は素手で捕まえようとしても凄く痛いですよね….

        あゝ、自分で言うのも変ですが、クリエイティブなドラゴン🐲の頭の中では 翠雨先生の人面魚が泳ぎ始めましたーどーしよ〜‼️

        返信
  3. ドラゴン🐲

    ありがとうございます😊
    「偽の成功体験」という言葉、次のプロジェクト始動する際に重要な考えるポイントとなりそうですー資格を授与される事で「偽の成功体験」を感じているという事も考えられますねーその体験が自我肥大状況に通じてしまう事にもなりかねませんー翠雨先生とここでお話しできた事、感謝感謝❤️

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      どうも、これがPTSDを拗らせる元凶みたいですね。
      おつきあいいただいて、一緒に観察する中で確信犯になったことなので、こちらこそ感謝感謝❤なのです。

      返信
  4. ドラゴン🐲

    ドラゴン🐲は「言うな!」と言われると、どうしてもそれを言いたくなってしまいますー今、思えば、サティアンでもそうでした

    何か似てます
    心の自由を束縛される部分が….

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      人をコントロールしようとする方に問題があると思います♪

      返信
      1. あ*=franoma

        そうですね、当人の《観察主体》を呼び覚ます問診ができることは評価に価すると思いますが、当人の《観察主体》に信頼を置かず、
        「世界を恨むな!」
        とか言われても「へ?」っていう感じでした。idthatid さまや病的な自我肥大が凄い @emiemi14 さま…精神機能に障害がある公認心理師&その協力者たちには、散々なことをヤられてきましたが、我々は、誰かを恨んではいません。 “2大カルト組織” メンバーから攻撃されて、DV化したオヤジも恨んでいません。 “愛着障害” があるから人を恨まないのではなく “clinical detachment” ができているから、連中からヤられたオヤジを助けてやりたい…[医療の商品化]を止めないとダメだ…と考えることができるのです。感情が解離しているわけではありません。先ほど、S先生のブログからリブログ記事を書いていて、改めて思いました。
        https://ameblo.jp/aya-quae

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ああいうことをする人たちには哀れみしか感じません。きっちりと行動の責任を取ってもらおうと思うだけですね。世間が裁くでしょうし、誰からも相手にされないということで、既に報いは受けていることでしょう。虚しい人生です。
          息の根を止めると宣言されている時に、黙することは被害者にとって自殺行為であると思います。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です