カテゴリー別アーカイブ: ジブリ『コクリコ坂から』

『 風の歌を聴け 』ケネディ大統領暗殺事件(1963)とPTSDの負の連鎖

『 風の歌を聴け 』の物語は

1970年から始まるけれども

バラバラな断章を手繰り寄せると

フラッシュバックみたいなもの

「1963年」が浮かび上がることは

既に指摘されている通りです。

PTSDの心理療法も

まるで『遠野物語』のような

現実非現実入り混じり

時系列バラバラのフラッシュバックのようなところから

始まるものです。

 

①主人公が

ものごとを把握する「ものさし」を持ち始めた頃

「僕がものさしを片手に恐る恐るまわりを眺め始めたのは

確かケネディー大統領の死んだ年で

それからもう15 年になる」

②ねずみがまともだった時代の終わり

「1955年から1963年ごろまで

我々は夏になると ここに来たもんだよ。

親と姉と俺と、それから雑用をやっ てくれる女の子とね。

考えてみれば、あれは俺の人生では いちばんまともな時代だったな」

(『羊をめぐる冒険』)

③写真の女性が一番美しかった時

小指のない女の子の家族がバラバラになった時

 

 

1963年は

ケネディ大統領暗殺の年だからとも

明かされていて

 

ヒッピーの女の子とか

「ヒッピー」の画像検索結果

 

ケネディ大統領暗殺で長期化した

ベトナム戦争が生んだヒッピー文化を思わせる。

フランス語を習っている2人の女の子が出てきて

仏文科の女の子の方は

『生物哲学の根本問題』を読む主人公に

レーゾン・デートルについて問いかけたりしています。

フランスでの五月革命やサルトルを連想させる。

 

そして

主人公とねずみの物語は

10年後の『1973年のピンボール』へと続き

2人が空虚な 日々を送り

現実感を失っていく様子が描かれる。

『羊 をめぐる冒険』で完結するとのことで

ねずみと羊の関係は

絵画や箱庭等の

芸術療法ならすっと見渡せる。

1963年は

ケネディ大統領暗殺事件は

村上作品全体の軸になっているわけです。

 

ケネディ家は

PTSDの負の連鎖の象徴みたいな存在ですからね。

PTSD否認すればただのミステリーです。

 

 

「コクリコ坂から」の画像検索結果

ジブリの『コクリコ坂から』の舞台も1963で

ヒロインのトラウマの背景には

朝鮮戦争がありました。

『明日の約束』より「ランブルフィッシュ」というPTSD家族の肖像

ドラマ『明日の約束』の脚本家は

女優さんに

スクールカウンセラー独特の

言語では表現しにくい胡散臭さを

見事に演じさせているように感じ

感心させられます。

 

「明日の約束」の画像検索結果「明日の約束」の画像検索結果

 

一昔前も

 

「臨床心理士坂口...」の画像検索結果「臨床心理士坂口...」の画像検索結果

 

肩に力が入った感じを

よく出していました。

女優さんの予後が心配なんですよね。

負の連鎖しましたからね。

子どもを自殺に追いやった

母親の病理がテーマになっていますが

毒親という言葉が流行ったことがありましたね。

その家庭にある大きな水槽の内部には

こんな感じの「仕切り」がありました。

 

「ランブルフィッ...」の画像検索結果

 

「ランブルフィッ...」の画像検索結果

画像は

この映画より

 

飼っているのが

「ランブルフィッシュ(Rumble Fish 闘魚)」で

 

「ランブルフィッ...」の画像検索結果

 

攻撃性が強く

突撃する習性があるので

共食いにならないようにしているそうで

 

兄を亡くした妹は

「うちの家族みたい」とつぶやきます。

お母さんが心理支配していて

教育委員会勤務のお父さんは事なかれ主義

 

「カマドウマコク...」の画像検索結果

 

昔から

かまどのまわりには

「カマドウマ」がいて

跳躍力が高く

壁にぶつかってのびたりしていたそうですが:)

 

仕切らなくても

問題は起こらず

こんな場所にアリエッティ(自然治癒力)がいたものでした。

 

「アリエッティ」の画像検索結果

 

この家庭には

アリエッティはやってくるでしょうか?

 

奇しくも

仕切りのモチーフがみられましたので

#おはらい(お祓い)をつけてみました✨

 

静岡県立大学看護学生のPTSD解離性死体遺棄も『仙人と妄想デートする』なのか?

事件については昨日書きましたが

 

その直前に

縁あって出会った書物が

これでした。

 

「仙人と妄想デー...」の画像検索結果

 

 

確かに

医療が進歩したと言っても

治らない病気だらけで

苦しむ患者さんが多く

昔以上に

こころのケアが必要になりました。

こころのケアというのは

傷ついたこころのケアですから

PTSD予防ということになります。

 

こころのケアとは

どのようなものなのかということですが

 

「キューブラー・...」の画像検索結果「キューブラー・...」の画像検索結果

 

支援者の

「傾聴」に支えられて

苦難のなかで

自分で納得できる哲学をつかむことができたとき

こころの痛みが消えるというのが

教科書的な常識です。

 

しかし

本書は

 

「無名の人々の真剣な営みのなかに

哲学を発見すること」

つまり

哲学を支援者が提供します。

 

しかも

「妄想のなかに入り込んで」

「デートする」

 

 

支援する側の気分の落ち込みを癒やすために

「亡くなった赤ちゃんとのコンタクトを回復しようとします」

「産湯に浸って

ふわーって浮かんで

「ちょっと泳いでみようか」ってぴゅーってしてると

ほんとに赤ちゃんが穏やかな表情で

あのお地蔵さんみたいなかわいい表情になって

そういう表情を見てると私たちが

すごくなんか「うー」ってなってる気分が少し

気持ちが楽になるんですよね。

で、みんな結構そうなんですよ」

「生まれてきたぞ、そして亡くなったぞ」と

声をかけながら、その短い一生の証人になります」

 

これでよいのでしょうか。

 

私には

苦しみの只中にある人を癒やす

幻想(イメージ・ヴィジョン・夢)という

聖なる場所への

 

「ヴィジョンユン...」の画像検索結果

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から...」の画像検索結果

(ヒロインは

周囲が見守るなかで

自分に向き合い

幻覚や夢を見ながら哲学しました)

 

冒涜でないかと感じられます。

 

優秀な学生さんが

「どうしていいかわからなかった」と

解離行動をさせられてしまうような

根本的な哲学的混乱が

今の看護教育のなかにあるのではないでしょうか。

 

そう感じさせられた事件でした。

 

京浜東北線 港南台駅でPTSD解離自殺

京浜東北線は

11時56分頃

港南台駅での人身事故の影響で

上下線の運転を見合わせていました。

 

港南といえば💡

 

港南高校みたいな

人間関係があれば

 

「港南高校コクリ...」の画像検索結果

「コクリコ坂から...」の画像検索結果「コクリコ坂から」の画像検索結果

 

 

死にたくなったり

眠れなくなったからと言って

 

自殺したり

うつ病と診断されて退学することもなくていいですね。

 

人は

人間関係で病気になり

人間関係に癒やされます。

 

薬は要りません。

 

昭恵夫人は認知症なのか成所作智なのかPTSD解離性健忘症なのか

稲田防衛相に続いて

「稲田朋美防衛相...」の画像検索結果

 

森友学園の籠池理事長から

100万円もらっても

100万円を受け取ったと言われても

「全く覚えていない」という

昭恵夫人 ですが

「昭恵夫人」の画像検索結果

 

よいお話だと思ったら

すぐに8000万円を動かすことができるようですから

(by 日本モッタイナイ学会)

 

なーんにも考えておられないだけかもしれませんね。

【解離】と言います。

 

なーんにも考えておられなくても

それが正しい行いならば

(昨夜

沢山の人が笑った

あの映像が消されているということは

まずいのでしょう)

 

成所作智と言って

が高きから低きに流れる如く

(水の誤記でした💦)

 

無意識のうちに行われる

仏さまのような行動なのですが。

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果

 

『コクリコ坂から』にも

こんなのありましたね。

 

追記:アメブロのコメント欄で

2個所間違いを指摘していただきましたので

訂正させていただきました。

 

ニースのテロでエッフェル塔が3色に染まりPTSD予防中

フランス南部ニースで起きた

トラック突入テロの犠牲者を追悼するため

パリのエッフェル塔が

国旗を表現する赤、白、青の3色の明かりに彩られました。

 

「コクリコ坂から」の画像検索結果

いろんな表現があると思いますが

建物を光で染めるのが

世界的流行みたいですね。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます t02200211_0800076810933194904

 

感官のお掃除をして

(脚下照顧)

明かりをつけましょう💡。

(自覚する)

 

フランス革命記念日にニースでPTSD解離テロ77人死亡

フランス南部のリゾート地

ニースで

14日午後10時半

(日本時間15日午前5時半)ごろ

フランス革命記念日を祝う

花火を見物していた人の列に

トラックが突っ込み

トラックを運転した容疑者が

見物客に向かって発砲

現場は

逃げ惑う人々で

パニック状態になりました。

 

革命記念日で

パリ中心部のシャンゼリゼ通りでも

恒例の軍事パレードが行われるなど

国内が祝賀一色になる14日を狙ったようで

加害者のすることはいつも

サイコパスみたいに卑劣です。

 

フランス国旗の赤は

コクリコ(ひなげし)の色で

犠牲の象徴でしたね。

 

「コクリコ坂から」の画像検索結果

日の丸も

戦後は

そういう象徴として

感じられるようになってしまいました。

「日の丸」の画像検索結果

 

良くも悪くも

象徴が生きているので

 

そういう意味では

戦争は終わっていないので

忘れてはならず

 

無題gih

 

PTSD予防中なのです。

 

流行しているこころの病も

yjimageZKMWL5WY

 

発達障害などではありません。

 

PTSD予防中の被災地で「タクシーに乗る幽霊」の卒論

この春に

卒業する

東北学院大の

工藤優花さん(22)は

宮城県石巻市の

タクシー運転手たちが体験した

被災地には幽霊が出る現象を

卒論のテーマに選んだそうです。

 

「震災後、気になる経験はないか」と尋ねても

多くの人は取り合わなかったり

怒り出したりしたそうですが

不思議な体験を語ってくれる人はいて

初夏なのにコート姿で乗り込み

更地に行こうとしたり

「私は死んだのですか」と震える声で話す等

一定の【原型】があるようです。

 

 

乗せたのは

いずれも比較的若い男女なので

「やりきれない気持ちを伝えたくて

個室空間のタクシーを媒体に選んだのでは」と

分析していますが

 

お父さんを亡くしたトラウマを抱える

ヒロインが

幻覚や夢を観ながら

元気を取り戻し

個性化してゆく

ジブリの

『コクリコ坂から』なんかも

参考にするとよいですね。

 

実は

運転手さんのこころのケアに貢献されているわけですから

卒業後も

そういう話を

大切に

傾聴されたらよいと思います。

 

 

『コクリコ坂から』62歳男性のPTSD解離人身事故を救った小6女児に感謝状

奈良県広域消防組合消防本部は

橿原市の

市立小6年

北川初夏(ういか)さん(12)に

感謝状を贈呈しました。

昨年12月16日午後4時半ごろ

自転車で買い物に行く途中

近鉄大阪線の踏切内で

座り込んでいる男性(62)を発見し

駆け寄って

「大丈夫ですか」と声を掛け

遮断機をくぐって

男性を線路の外へ連れ出したそうです。

 

「助けているときは無我夢中で

何も考えられなかった」

「とにかく『助け出さないと』と思った。

男の人が無事でよかったです」と

笑顔を見せました。

 

「成所作智」ですね。

 

殺害した82歳女性が「枕元に立つ」と自首のPTSD解離元同居男(52)

30年間一緒に暮らしていた

82歳の女性を殺害した疑いで

滋賀県大津市の

無職の男(52)が逮捕されました。

―年齢差もちょうど30歳

同居した時の女性の年齢ですね。

 

「口論になって殺した。

枕元に立つ。

仕事も手につかなくなった」と

自宅近くの警察署に

自首したそうです。

人とまっすぐ向き合って居れば

 

こんな幻覚や夢が見えて

さらに正しい方向に導いてくれますが

(幻覚と名付けて

向精神薬を呑むようでは

どうしようもないです)

 

その場その場で

調子の良いことを言ってたら

 

 

現実でも

それを指摘されて

大恥をかきます。

 

無意識(神さま)は見てます。