「子どもを殺したかった」元看護師通り魔殺人とPTSD

大阪市東住吉区の路上で
面識のない
市立育和小2年
峨根瑞奈ちゃん(8)を

6箇所も刃物で
刺し重傷を負わせた玉置雪花容疑者(32)は

「子どもを殺したかった」
供述しているようです。

なぜに…叫び

素直に客観的状況をならべれば
観えてくるのです。

念願の看護師になったが
挫折し
ひきこもり
子どもを殺したいと思い
子どもを刺した。

そして
精神分析の初級の本を
ぱらぱら見てたら
目に飛び込んでくるでしょう。

人間は
精神的にしんどくなると
適切な年齢に
【退行】し
インナーチャイルドを
育てなおそうとするのです。

死と再生をかけた
一大作業ですから
他のどんなことより
優先されます。

8歳の瑞奈ちゃんくらいの
インナーチャイルドを
再生させたかったのでしょう。

しかし
PTSDだったので
【解離】により
内的作業を外的作業と勘違いする誤作動を
起こしてしまいました。

【アクティングアウト】
(行動化)という名の
犯行の完成です。

どうやら刺したらしいが
前後の記憶がない
というところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です