常識的すぎて非常識になってしまう

PTSD研究家翠雨の日記

タッチの弱い
薄い薄い木と
透明で空っぽの家

このモチーフは
よく見られます。

絵だけだと
同じ人の絵ではないかと
疑われそうなくらい
(別人が描いてるの見てますからね。
 ありえないですが…)
パターン化しています。

自分の身体感覚と
家の存在が
融合してしまって

自分の考え ?★!
自分の気持ち ○?×
自分の痛み ★☆?
自分の幸福 □×?
自分の未来 ★▲?
  …
わけがわかりません。

そんな現状では
背後の山は
フツーの山だそうですが

そんなフツーの山も
超えられそうに
ありません。  ←フツーのことができない。
         能力は高いのに。

常識的過ぎて
非常識になるってこと
あるんです。

おそらく
その常識が
相当おかしいのでしょう。

無意識的には
気がついています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です