発声練習で踊ってしまうADHD児

中学生男子

音楽の授業の始め
発声練習のとき

踊りだす。

学習障害があるから
目がとどくようにと
最前列の真ん中にいるから
クラス中がなごむ。

とくにおなかの辺りが
はじけるように
勝手に動き出してしまうような
動きをしていた。

持ち前の
素直さと明るさが
その困った症状を
おどけにのせており

先生も穏やかな方だったので
叱られることもなく

【●年◎組の名物男】と呼ばれていた。

学習障害の本質は
そこにある。

鈍感なんかではない。
むしろ敏感すぎるのだ。

ピアノの調律がおかしくて
気持ち悪いという程度の
敏感さなら

その真偽を調べることはできるし

そのあと
半数は
「そうだったのね」と
言ってもらえるだろう。

あと半数は
「わがままだ。嫌味だ」と
切捨てられるだろう。

しかしそれ以上敏感だと
彼のように
ADHDになってしまう構造だ。

注意欠陥性多動性障害

注意力に欠陥があり
多動の気があるのはどちらだ。

PTSDに気づかず
うつだ
バイポーラだ
発達障害だ
人格障害だと
動き回ってる輩はパンチ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です