米裁判でわかった腰ばきの無意識的意味

米ニューヨークの裁判所は
28日
ズボンをずり下げて着用する
いわゆる「腰ばき」で逮捕された男性について
合衆国憲法は
国民が好きな服装をする権利を
認めているとして
出廷命令書を却下しました。。
興味深いのは
判決文にある腰ばきの由来
なんと
サイズの合わない制服を
与えられながらも
安全上の理由から
ベルトの着用を認められない
刑務所の事情
からですって!
意味不明とされる若者の流行にも
隠れたメッセージがあるのですね。
「どうしろってんだ!」という
皮肉ですよね。
そういう怒りの心境にいる若者が
世界的に多いのでしょう。
言うなって言われるから    ←【否認】の強制
言っても仕方ないから
表現するんですね。
ユングの【集合(普遍)的無意識】
西田幾多郎の【歴史的身体】は
ちゃんと現実にあるなぁって
思います。
暴れてたら【人格障害】
ひきこもってたら【うつ病】
勉強できなかったら【ADHD】
かぐや姫やポニョは【わがまま】って
表面しか見ない臨床家は
教科書を否定します。
「あれ(ユング理論)はアレ!
勉強ばかりしないで
現実を見てください」って
ヘンなお説教されます。
勉強も現実もサボってるクセに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です