言葉が出てこなくなったからって失語症とは限らない

失語症は
脳卒中や交通事故をきっかけに
脳の言語中枢が
傷つくことで
発症します。
聞く・書く・読む
計算
する能力にも       
支障が出ますから

レジでの支払い
電車に乗る
ような
日常生活がしにくくなります。
なんと60歳以下にも
増加しているとか…叫び
   
        …
似たような症状があっても
脳卒中や事故による転倒など
原因がない場合は
失語症では
ありません。

失立・失歩・失声・失明・失神は
 ←ヒステリー症状にもあります。
  今はPTSDと呼びます。
学習障害や発達障害
認知症とみなされることもあるでしょう。
学校に行けなくなっても
会社に行けなくなっても
不思議ではありません。
何かショックな出来事があって
部分的な機能障害が
起きているのです。
根本原因である
ショックを癒せば
機能は元に戻ります。
器質的疾患か心理的疾患か
先天的疾患か後天的疾患か
区別は常識でしたが
今はいい加減な専門家が
多いですから
自己分析も必要です。
生死の分かれ道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です